医療レーザー入門ⅡIntroduction to Medical LasersⅡ
科目責任者熊谷 寛
担当者熊谷 寛
科目概要全学年 (1単位・自由) [全学科 全専攻]

授業の目的

 レーザーは発明以来、常に発展し続け、今では医療分野の様々な場面で利用されている。偏光、ジョーンズベクトルとストークスパラメータ、ガウス型ビーム、光共振器、単一周波数、超短パルス、非線形光学効果など、発展し続ける医療レーザーの基礎に親しみ、その基礎について理解を深める。
 この科目は学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)の(HS)②,(ML)①②,(CE)1・2年①③,3・4年①②③,(RT)1・2年①③④⑧,3・4年①②④,(PT)1・2年①②③④⑤,3・4年①②,(OT)①,(ST)①,(OV)①③に関連する。

教育内容・教育方法

【教育内容】
医療レーザーの基礎を学ぶ。

【教育方法】
授業形態:講義
 パワーポイント、板書、或いは、印刷資料を利用した講義。レーザーを使った簡単な実験、レーザー装置の内部の見学。毎回授業内で小テストを行い、習得度を確認する。

授業内容

項目授業内容担当者日時
第1回【対面】
偏光
直線偏光、円偏光、楕円偏光、ランダム偏光について学ぶ熊谷 寛
6/11③
第2回【対面】
ジョーンズベクトルとストークスパラメータ
ジョーンズベクトルとストークスパラメータについて学ぶ熊谷 寛
6/11④
第3回【対面】
ガウス型ビーム
波動方程式と近似解、ガウス型ビームの伝搬について学ぶ熊谷 寛
6/18③
第4回【対面】
光共振器(I)
ファブリ-ペローエタロンについて学ぶ熊谷 寛
6/18④
第5回【対面】
光共振器(II)
横モードと縦モードについて学ぶ熊谷 寛
6/25③
第6回【対面】
単一周波数
単一周波数の発生と応用について学ぶ熊谷 寛
6/25④
第7回【対面】
超短パルス
超短パルスの発生と応用について学ぶ熊谷 寛
7/2③
第8回【対面】
非線形光学効果
2次非線形光学効果、3次非線形光学効果について学ぶ熊谷 寛
7/2④

到達目標

(1)レーザー発振の原理、レーザー光の本質、各種レーザーデバイスの動作原理を通してレーザー設計思想を理解できる。
(2)医療分野における可能性について理解できる。

評価基準

毎回授業内で行う小テスト( 100 %)で評価する。

準備学習等(予習・復習)

医療レーザー入門Iを必ず受講すること。
講義資料、参考書を活用して予習しておくこと。【授業時間外に必要な学習の時間:30時間】

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書プリント「医療レーザー入門」熊谷 寛
参考書レーザー物理入門霜田光一岩波書店

備考・その他

科目ナンバリングコード: (HS)HS401-FF13,(ML)ML401-FF13,(CE)CE401-FF13,(RT)RT401-FF13, (PT)PT401-FF13,(OT) OT401-FF13,(ST)ST401-FF13,(OV)OV401-FF13