放射線管理学・計測学実習Radiation Protection and Measurement (Practice)
科目責任者村石 浩
担当者村石 浩, 長谷川 智之, 鍵谷 豪 (※), THET THET LWIN (※), 橋本 成世 (※), 我妻 慧 (※)
科目概要2年 (1単位・必修) [医療工学科 診療放射線技術科学専攻]

授業の目的

広範多岐にわたる放射線計測機器の中から基本となる放射線測定器を選び、その特徴・特性及び放射線のもたらす現象を理解する。また、放射線による障害防止のために、医療用放射線施設に必要な防護、管理技術及び放射線の安全取扱法について習得する。更に、放射線管理学・計測学分野に関わる診療放射線技師、及び第1種放射線取扱主任者国家試験問題レベルの基礎について理解する。
この科目は学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)の①②③④⑤⑦に関連する。

教育内容・教育方法

【教育内容】
各種線量計の諸特性、半価層、実効エネルギー、エネルギースペクトル等の測定技術について学び、測定原理・方法、放射線計測回路、放射線量の単位、放射線の特性、測定データの取扱いなどを体験的に習得する。また、個人被ばく線量の測定、空間線量率の測定、放射線の遮蔽実験等を通じて、放射線管理学の実際について学ぶ。
【教育方法】
授業形態:講義
グループに分かれて実習。提出課題の解説は、第31~33回(総論)の最初に行う。
【フィードバック】
提出課題の解説は、最後の「総論」で行う。

授業内容

項目授業内容担当者日時
第1~3回【対面】
実習ガイダンス、教育訓練
実習の概要、機器取り扱い、RI取り扱い、及び関係法規について解説する。担当者全員
9/30③④⑤
第4~6回【対面】
モンテカルロシミュレーション
モンテカルロ法による放射線と物質との相互作用(光子、電子、陽電子、中性子)について学ぶ。担当者全員
10/7③④⑤
第7~9回【対面】
半価層と実効エネルギー
電離箱線量計の特性、及び半価層と実効エネルギーについて学ぶ。担当者全員
10/14③④⑤
第10~12回【対面】
γ線スペクトロメトリ
NaI(Tl)シンチレーション検出器によるγ線スペクトロメータ、及び高純度Ge半導体検出器の特性、γ線エネルギースペクトル、核種同定法について学ぶ。担当者全員
10/21③④⑤
第13~15回【対面】
空間線量率の測定
GMサーベイメータ、及びシンチレーションサーベイメータの使用法と校正について学ぶ。担当者全員
10/28③④⑤
第16~18回【対面】
個人線量計の測定・評価
半導体式ポケット線量計の使用法と校正について学ぶ。担当者全員
11/4③④⑤
第19~21回【対面】
X線発生装置周辺での空間線量率測定
熱ルミネセンス線量計を用いて、X線管からの漏えい線量、及び被写体からの散乱線量の測定について学ぶ。担当者全員
11/11③④⑤
第22~24回【対面】
天然放射能測定
液体シンチレーションカウンタ―の特性、及びカリウム40からのβ線測定について学ぶ。担当者全員
11/18③④⑤
第25~27回【対面】
γ線の吸収と遮蔽
NaI(Tl)シンチレーションカウンタの特性、及び各種遮蔽材の半価層の測定法について学ぶ。担当者全員
11/25③④⑤
第28~30回【対面】
総論
実習データをもとに再検討、及び演習を行う。担当者全員
12/2③④⑤

※講義の実施方法は状況により変更する場合があります。

◆実務経験の授業への活用方法◆
臨床経験及び研究所における高度な放射線・放射性同位元素の医学利用及び研究経験並びに安全管理の経験を踏まえて、放射線の管理技術及び安全取扱法の実習を行う。

到達目標

放射線の検出や放射能、放射線量の測定方法について説明できる。
放射線管理学の実践的内容について説明できる。

評価基準

受講態度(30%)、及び提出課題(70%)により総合的に評価する。

準備学習等(予習・復習)

【実習時間外に必要な学習の時間: ‐ 時間】2RT前期「放射線管理学」の講義内容を復習しておくこと。また、2RT後期「放射線計測学」の指定教科書を一読しておくこと。

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書プリント配布
参考書アイソトープ手帳日本アイソトープ協会丸善
参考書放射線計測ハンドブック阪井英次 他日刊工業新聞社

備考・その他

科目ナンバリングコード: RT304-SS10