作業療法技術論IIISpecific Knowledge of Occupational Therapy III
科目責任者渡邉 誠 (※)
担当者渡邉 誠 (※)
科目概要4年 (1単位・選択) [リハビリテーション学科 作業療法学専攻]

授業の目的

日本の医療・介護・リハビリテーションの歴史的展開を理解する。
作業療法理論と実践の関係について理解する。
これからの作業療法実践に求められるものを理解する。
排痰、吸引のメカニズムを理解する。
この科目は学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)の①②③に関連する。

教育内容・教育方法

【教育内容】
日本における社会保障制度・福祉の体系を説明する。
日本の介護問題について講義し、介護の何が将来問われることになるかを考える。
作業療法理論の各モデル、概要を説明し、理論と実践の関係について考えていく。
排痰、吸引のメカニズムを理解した上で、シュミレータを用いて吸引演習を行う。

【教育方法】
授業形態:講義
吸引演習ではシュミレータを用いた演習を行う。
次回以降の授業において課題で問われている内容および模範となる解答内容についてコメントする。
*状況により、授業内容に変更があることをご了承ください。

授業内容

項目授業内容担当者日時
1・2回【対面】
日本の医療・介護・リハビリテーションの歴史
日本の医療制度および医療福祉体系の歴史的変遷を理解する。渡邉 誠
11/11③④
3・4回【対面】
吸引の基礎
呼吸器の解剖・生理を理解する渡邉 誠
11/18③④
5・6回【対面】
吸引演習[実習]
排痰、吸引のメカニズムを理解する。シュミレータを用いて吸引演習を行う。渡邉 誠
11/25③④
7・8回国際福祉機器展
[学外見学]
国際福祉機器展に参加し、福祉機器の現状を理解する。渡邉 誠
12/2③④

◆実務経験の授業への活用方法◆
病院での臨床経験を踏まえ、作業療法を取り囲む制度、理論について概説する。

到達目標

作業療作業療法を実践する上で必要となる日本の医療・介護・リハビリテーションの現状を理解することができる。
作業療法理論と実践の関係について理解することができる。
排痰、吸引のメカニズムを理解した上で、シュミレータを用いて吸引演習を行うことができる。

評価基準

課題レポートにて評価を行う。

準備学習等(予習・復習)

【授業時間外に必要な学習時間:29時間】
これまでに学んだ授業内容を確認し、作業療法概論、基礎作業学、地域作業療法学で学んだ内容やテキストを用いて復習を行うこと。

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書特に定めない。授業の中で資料を配布する。
参考書作業療法実践のための6つの理論ミラー、シーグら.岩崎テル子(監訳)協同医書出版社
参考書作業科学ゼムケ、クラーク.佐藤 剛(監訳)三輪書店
参考書続・作業療法の視点タウンゼント、ポラタイコ.吉川ひろみ、吉野英子(監訳)大学教育出版
参考書作業療法の理論(第3版)キールホフナー.山田 孝(監訳)
医学書院

備考・その他

科目ナンバリングコード: OT301-SC03