臨床実習IIIClinical Practice III
科目責任者髙橋 香代子 (※)
担当者今井 忠則 (※), 髙橋 香代子 (※), 渡邉 誠 (※), 渡辺 愛記 (※), 河村 晃依 (※), 前場 洋佑 (※), 福田 倫也, 幅田 智也 (※), 坂本 豊美 (※), 天野 暁 (※)
科目概要3年 (4単位・必修) [リハビリテーション学科 作業療法学専攻]

授業の目的

1.専門職種として望ましい行動を理解することができる。
2.作業療法評価の過程を理解することができる。
3.作業療法を実施する過程を理解することができる。
4.記録・報告ができる。
この科目は学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)の①②③④⑤に関連する。

教育内容・教育方法

【教育内容】
 臨床実習は、これまで培ってきた医療専門職種としての態度および大学で学んできた知識と技術を臨床における作業療法体験を通して再学習し、統合する過程である。学生は臨床実習指導者の指導のもとに、作業療法士として知識と技術を学習する。

【教育方法】
授業形態:実習
 身体障害,精神保健,老年期のいずれかの領域で3週間の臨床実習を行う。臨床実習の事前学習として,事前課題の自己学習,評価過程・臨床推論に関する講義,実技演習(OSCE),及び実習オリエンテーションを行う。臨床実習後は,実習後セミナー及び演習にて事例検討を行い,経験・知識の統合を図り,次年度の臨床実習Ⅳへ備える。また,実習後の実技演習(OSCE)にて臨床技能に関する教育効果を評価する。
 ※COVID-19対策のため,授業形態・内容,日程,評価方法を変更する場合がある。

授業内容

項目授業内容担当者日時
1回【対面】
オリエンテーション
臨床実習Ⅲの概要説明を行う髙橋 香代子
渡辺 愛記
4/16③
2回【対面】
OSCE概要説明
OSCEの目的・内容のガイダンスを行う髙橋 香代子
渡辺 愛記
5/7③
3〜6回【対面】
事例を通しての演習
臨地実習に臨むにあたって必要な事前学習を行う髙橋 香代子
渡辺 愛記
6/4③
6/11③
6/18③
6/25③
7〜9回【対面】
OSCE-1
実技試験を行う髙橋 香代子
渡辺 愛記
今井 忠則
福田 倫也
天野 暁
渡邉 誠
幅田 智也
坂本 豊美
河村 晃依
前場 洋佑
7/9③④⑤
10〜11回【対面】
オリエンテーション
臨床実習Ⅲ-1の概要説明を行う髙橋 香代子
渡辺 愛記
9/2③④
12〜35回臨床実習(第1期)
臨地実習(45時間)
※日程は欄外参照
北里大学病院リハビリテーション部にて,評価の実践や作業療法士の状況的臨床思考過程を学習する髙橋 香代子
渡辺 愛記
今井 忠則
福田 倫也
天野 暁
渡邉 誠
幅田 智也
坂本 豊美
河村 晃依
前場 洋佑
9/3
36回【対面】
オリエンテーション
臨床実習Ⅲの具体的実施方法および実習施設の確認を行う髙橋 香代子
渡辺 愛記
10/4④
37〜38回【対面】
実習後セミナー
臨地実習での経験を基に,情報を再構成しまとめ,事例報告を行う髙橋 香代子
渡辺 愛記
今井 忠則
福田 倫也
天野 暁
渡邉 誠
幅田 智也
坂本 豊美
河村 晃依
前場 洋佑
11/2③④
39〜41回【対面】
OSCE-2
実技試験を行う髙橋 香代子
渡辺 愛記
今井 忠則
福田 倫也
天野 暁
渡邉 誠
幅田 智也
坂本 豊美
河村 晃依
前場 洋佑
11/4③④⑤
42〜43回【対面】
オリエンテーション
臨床実習Ⅲ-2の概要説明を行う髙橋 香代子
渡辺 愛記
11/9③④
44〜118回臨床実習(第2期)
臨地実習(135時間)
※日程は欄外参照
臨床での実習を通じ、対象者との接し方、評価計画の立て方、評価の実施方法、全体像の統合方法、目標設定の方法について学習する髙橋 香代子
渡辺 愛記
今井 忠則
福田 倫也
天野 暁
渡邉 誠
幅田 智也
坂本 豊美
河村 晃依
前場 洋佑
11/22
119〜120回【対面】
実習後セミナー
臨地実習での経験を基に,情報を再構成しまとめ,事例報告を行う髙橋 香代子
渡辺 愛記
今井 忠則
福田 倫也
天野 暁
渡邉 誠
幅田 智也
坂本 豊美
河村 晃依
前場 洋佑
12/13①②

臨床実習(第1期):2021年9月7日〜10月26日の毎週火曜または2021年9月3日〜10月1日および10月15日〜10月29日の毎週金曜,いずれも3,4,5限
臨床実習(第2期):2021年11月22日〜12月10日
4月9日〜7月9日の金曜の午後について,シラバスに記載のないコマについては自習・課題・実技練習に取り組む時間とすること。

◆実務経験の授業への活用方法◆
病院での臨床経験を踏まえ、作業療法の臨床的思考や職業倫理、接遇などに関して学生に伝える。

到達目標

1.対象者との接し方を理解する。
2.評価計画の立て方を理解する。
3.評価の実施方法を理解する。
4.全体像をまとめる方法を理解する。
5.目標を設定する方法を理解する。
6.治療・支援を計画する方法を理解する。
7.事例(症例)報告書の作成方法を理解する。

評価基準

事前学習レポート(40%)、実習課題レポート(40%)、ポートフォリオ(20%)の総合評価とする。

準備学習等(予習・復習)

 臨床実習Ⅲの手引きを熟読し、内容を理解しておくこと。
 講義、演習、実習で行った内容・配布資料は適切にノートし、ポートフォリオ作成を行うこと。
【授業時間外に必要な学習時間(めやす)】
・臨床(臨地)実習期間中の実習ノート・ケースレポート等の作成:1日3時間(計45時間)
・OSCEの予習:計12時間

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書臨床実習Ⅲの手引き北里大学医療衛生学部作業療法学専攻北里大学医療衛生学部作業療法学専攻
参考書(なし)

備考・その他

科目ナンバリングコード: OT304-CP03