職業活動学Occupational Therapy for Vocational Rehabilitation
科目責任者渡邉 誠 (※)
担当者渡邉 誠 (※)
科目概要3年 (1単位・必修) [リハビリテーション学科 作業療法学専攻]

授業の目的

 作業療法における職業関連活動及び就労支援方法について学ぶ。
 この科目は学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)の①②③に関連する。

教育内容・教育方法

【教育内容】
 職業リハビリテーションの概念を学ぶ。
 労働関連法規について理解する。
 作業療法における職業評価、支援方法について学ぶ。
 就労支援の課題について検討する。

【教育方法】
授業形態:講義
 教科書と主に厚生労働省とその関連団体が提示する資料を元に基本的知識についての講義を行う。
 視聴覚教材による就労支援活動(ジョブコーチ等)の学習を行う。
 職業活動学実習と連動して、評価技法、支援技法等の知識を習得する。
 次回以降の授業において課題で問われている内容および模範となる解答内容についてコメントする。

授業内容

項目授業内容担当者日時
第1回【対面】
オリエンテーション
・働くこととは
職業リハビリテーテーションの概念を理解する
人にとっての職業の定義、意義について学ぶ。
職業リハビリテーションの歴史について概観し、現在の制度、システムと関わりについて学ぶ。
渡邉 誠
4/9①
第2回【対面】
障害者と職業とを結ぶもの
障害関連及び労働関連の法規を学ぶ。
就労支援の制度を理解する。
障害者の就業状況を学ぶ。
渡邉 誠
4/16①
第3回【対面】
障害者にとっての職業とは
キャリアを考える。
ワークパーソナリティを理解する。
case studyを元に就労支援を考える。
渡邉 誠
4/23①
第4回【対面】
作業療法評価
評価過程を理解する。
様々な評価方法を理解する。
評価のまとめ方を理解する。
渡邉 誠
5/7①
第5回【対面】
評価法の理解①
GATB、VPI、職業レディネステスト、LASMI、ワークサンプル法の概要を理解する。渡邉 誠
5/14①
第6回【対面】
評価法の理解②
職務試行法、環境評価の方法について理解する。渡邉 誠
5/21①
第7回【対面】
職業リハビリテーションの介入過程
問題点の立案から個別の支援計画立案の流れを理解する。
支援方法を理解する。
渡邉 誠
5/28①
第8回【対面】
疾患別の就労支援を考える①
身体障害領域(脳血管障害)に対する就労支援を考える。渡邉 誠
6/4①

◆実務経験の授業への活用方法◆
病院での臨床経験を踏まえ、病院での職業リハビリテーションアプローチと地域でのアプローチの違いを認識できるように事例を中心に解説する。

到達目標

・障害者にとって就労に対するニーズを理解することができる。
・就労支援の理論、モデルを理解することができる。
・就労支援のための作業療法評価を理解することができる。
・就労支援の基本的考え方を説明することができる。
・支援方法を説明することができる。

評価基準

講義内レポート課題(40%)、定期試験(60%)により総合判定する。

準備学習等(予習・復習)

・取り上げられる疾患・障害について一般臨床医学の内容を予習として20分ほど確認する
・疾患や障害に起因する職業上の困難について、身体障害、精神保健、発達領域の授業資料をもとに検討しておくこと。
・基礎作業学で学習した作業分析を復習しておくこと。
・障害者雇用に関する制度や資源について日ごろから意識を持って新聞等を読み、関係する記事等はファイルしておく。
(授業以外に29時間の自己学習)

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書作業療法学全集 第12巻 改訂第3版 作業療法技術学4 職業関連活動平賀昭信・岩瀬義昭 編集協同医学出版
参考書職業リハビリテーション入門松為信雄、菊池恵美子編協同医書出版社

備考・その他

科目ナンバリングコード: OT301-SS22