精神保健作業療法学実習Practice of Occupational Therapy for Mental Health Fieid
科目責任者坂本 豊美 (※)
担当者坂本 豊美 (※), 小亀 晶子 (※)
科目概要3年 (1単位・必修) [リハビリテーション学科 作業療法学専攻]

授業の目的

精神保健領域の作業療法で使われる作業や活動に関する技術と技法を学び、評価-立案-実施の基礎技能を習得する。
精神科作業療法を実施する際の注意事項を覚える。
この科目は学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)の①②③に関連する。

教育内容・教育方法

【教育内容】
 レクリエーション(理論、立案、実施)、SST概説、WRAP演習,行動評価、作業面接、作業障害と援助技法
 行動学習に基づいた治療技術 構成的―投影的作業
 学外での体験実習およびセミナー

【教育方法】
授業形態:実習
 各自投影的作業を行い、学生間で解釈を試みる.
 レクレーション,SST,WRAPの演習を行う.
 学外の施設で週一回、計4回体験実習を行い、記録をもとににセミナーを行う.

授業内容

項目授業内容担当者日時
1・2回【対面】
体験実習オリエンテーション(概容)

当事者の方々との交流
体験実習について,順日,心構え,実習方法,その他注意事項について説明する.

地域で暮らす施設利用者の方々の体験談を聞き,交流する.
病気は障害の体験や生活する上での困難や,良いことなどについて知る.
坂本 豊美
9/8③
9/8④
3・4・5回【対面】
作業療法の実際
症例検討について

概説,デモンストレーション
・WRAP
・SST
・ACT
 ペーパーペイシェントに対して検討を加える.

代表的介入方法の演習
坂本 豊美
小亀 晶子
9/15②③④
6〜10回
12〜16回
18〜22回
24〜28回
【対面】体験実習1〜4施設での作業療法やDCでのプログラム場面への対象者との参加を通して,治療場面を体験する.
記録の作成.
現場職員からの指導.
坂本 豊美
9/22①②③④⑤
9/29①②③④⑤
10/6①②③④⑤
10/13①②③④⑤
11回
17回
23回
29回
【対面】体験実習1
振り返りセミナー

セミナーでの報告と体験の相互の共有坂本 豊美
9/27③
10/4③
10/11③
10/20①
30回【対面】  
SST,WRAP演習
実習に関するまとめと質疑応答

SST,WRAP等の関連技法の演習
坂本 豊美
小亀 晶子
10/20②

◆実務経験の授業への活用方法◆
病院での臨床経験を踏まえ、精神科作業療法および関連する領域で現在標準的に用いられている評価技法、治療技法について演習を通して実際的使い方、その結果の解釈について授業を行う。

到達目標

 精神保健領域でのレクリエーション活動の基本的立案、実施が行えるようになる。
 集団に関する基礎的観点について述べられるようになる。
 代表的定型評価について説明、実施できる。
 作業活動を用いての評価・治療の視点を持ち、実際の臨床場面を知る。
 作業療法実施時の注意事項が言える。

評価基準

 講義内レポート課題(1/4)
 実習課題の遂行状況(1/4)
 定期試験(2/4)

準備学習等(予習・復習)

 精神保健作業療法学の内容を確認する。
 基礎作業学(実習)の作業分析を確認する。
 臨床心理学の投影的技法について確認する。
 精神医学について、基礎項目を確認する。
 自己の特性を把握し、様々な自己の表現方法を検討する。
 臨床での接遇について確認する。
 (授業以外の自習時間: ‐ 時間)

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書精神保健作業療法学に同じ
参考書人と作業・作業活動(第2版)山根 寛三輪書店
参考書人と集団・場山根 寛三輪書店
参考書レクリエーション(改定第2版)
寺山久美子監修三輪書店

備考・その他

科目ナンバリングコード: OT304-SS13