身体障害作業療法学実習Practice of Occupational Therapy for Physical Disfunction
科目責任者天野 暁 (※)
担当者天野 暁 (※), 渡邉 誠 (※), 髙橋 香代子 (※)
科目概要3年 (1単位・必修) [リハビリテーション学科 作業療法学専攻]

授業の目的

1.各疾患に応じた作業療法の評価方法を理解できる。
2. 各疾患に応じた作業療法介入方法を理解できる。
3.作業療法プロセスを理解できる。
4.各疾患に応じた作業療法の評価内容を理解し、評価技術を習得する。
5.疾患別の作業療法としての治療・支援内容を学ぶ。
この科目は学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)の①②③に関連する。

教育内容・教育方法

【教育内容】
1. 各疾患の症候および障害に対する作業療法評価について学習する。
2. 各疾患の症候および障害に対する作業療法介入について学習する。
3. 各疾患の症候および障害に必要となるリスク管理を学習する。
4. case studyを通して、作業療法プロセスを理解する。

【教育方法】
授業形態:実習
講義およびグループ学習(演習)にて授業を実施する。
提出された課題に対しては、次回の授業で課題の中の特徴的な見解や誤解についてコメントする。

授業内容

項目授業内容担当者日時
1・2回【対面】
末梢神経損傷に対する作業療法
末梢神経障害に対する評価・作業療法アプローチを理解する。天野 暁
6/22①②
3・4回【対面】
整形疾患に対する作業療法
骨折に対する評価・作業療法アプローチを理解する。
人工股関節全置換術後の評価・作業療法アプローチを理解する。
天野 暁
6/29①②
5回【対面】
熱傷に対する作業療法
熱傷に対する評価・作業療法アプローチを理解する。天野 暁
7/6①
6回【対面】
膠原病に対する作業療法
膠原病に対する評価・作業療法アプローチを理解する。天野 暁
7/6②
7・8回【対面】
関節リウマチに対する作業療法
関節リウマチに対する評価・作業療法アプローチを理解する。天野 暁
7/13①②
9・10回【対面】
パーキンソン病に対する作業療法
パーキンソン病に対する評価・作業療法アプローチを理解する。天野 暁
9/7①②
11・12回【対面】
脊髄小脳変性症に対する作業療法
脊髄小脳変性症に対する評価・作業療法アプローチを理解する。天野 暁
髙橋 香代子
9/14①②
13・14回【対面】
神経・筋疾患に対する作業療法
神経・筋疾患に対する評価・作業療法アプローチを理解する。天野 暁
9/21①②
15・16回【対面】
循環器・呼吸器障害に対する作業療法
循環器・呼吸器に対する評価・作業療法アプローチを理解する。天野 暁
渡邉 誠
9/28①②
17・18回【対面】
腎臓疾患・糖尿病に対する作業療法
腎障害・糖尿病に対する評価・作業療法アプローチを理解する。天野 暁
渡邉 誠
10/5①②
19回【対面】がんに対する作業療法がんに対する評価・作業療法アプローチを理解する。天野 暁
髙橋 香代子
渡邉 誠
10/12①
20回【対面】
乳がんに対する作業療法
乳がんに対する評価・作業療法アプローチを理解する。天野 暁
髙橋 香代子
渡邉 誠
10/12②
21・22回【対面】
作業療法プロセス①
(演習)
急性期における評価プロセスを理解する天野 暁
髙橋 香代子
渡邉 誠
10/19①②
23・24回【対面】
作業療法プロセス②
(演習)
回復期における評価プロセスを理解する天野 暁
髙橋 香代子
渡邉 誠
10/26①②
25・26回【対面】
作業療法プロセス③
(演習)
脳血管障害に対する作業療法実践を理解する天野 暁
髙橋 香代子
渡邉 誠
11/2①②
27・28回【対面】
作業療法プロセス④
(演習)
脳血管障害に対する作業療法実践を理解する天野 暁
髙橋 香代子
渡邉 誠
11/9①②
29・30回【対面】
作業療法プロセス⑤
(演習)
case study
天野 暁
髙橋 香代子
渡邉 誠
11/16①②

◆実務経験の授業への活用方法◆
病院での臨床経験を踏まえ、身体障害領域の作業療法に用いられている評価技法、治療技法について演習をし、実際の使い方、その結果の解釈について授業を行う。

到達目標

1.各疾患の症候および障害(一次障害、二次障害)を説明できる。
2.各疾患別の作業療法の評価、介入方法を理解し、リスク管理を説明できる。
3.作業療法の実践として必要な評価から治療・支援までのプロセスを理解できる。
4.各疾患に応じた作業療法の評価内容を理解し、必要となる評価技術を習得することができる。
5.疾患別の作業療法としての治療・支援内容を理解し、説明することができる。

評価基準

定期試験(60%)、課題レポート(40%)より総合的に成績評価を行う。

準備学習等(予習・復習)

解剖学、生理学、臨床医療学の基本的知識を必要とするので、講義内容等を復習しておくこと。
教科書を事前に読み、分からない言葉等があれば調べ、確認をしておくこと。
配布する資料を元に1復習する時間を設けること。
(授業時間外に必要な学習の時間: ‐ 時間)

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書作業療法学全書 第4巻
作業治療学1 身体障害
菅原洋子(編集)
社団法人日本作業療法士協会
協同医書出版社
参考書

備考・その他

科目ナンバリングコード: OT304-SS11