作業療法評価学Assessment of Occupational Performance
科目責任者今井 忠則 (※)
担当者今井 忠則 (※)
科目概要2年 (2単位・必修) [リハビリテーション学科 作業療法学専攻]

授業の目的

 本科目の目的は、作業遂行と作業参加に関する評価の視点(知識)と技術・態度を身につけることです。また、面接や観察といった基本的評価技能と、QOLや生きがい、興味・関心、ICFといった領域共通の評価に関する知識・技術・態度も併せて学びます。加えて、履修年次を鑑み、学習習慣と効果的な自己学習法を身につけることも目的です。本科目と後期の「作業療法評価学実習」は一体的に教授されます。本科目では講義形式を主体に上記の知識面を中心に、後期の「実習」では演習形式を主体に知識に加えて技術・態度を学習します。
 作業療法の主な役割は、クライエントの作業遂行障害(作業機能障害)の改善であり、より良い作業参加の実現です。現代のクライエント中心の作業療法や作業中心の実践(OCP)にとって、作業遂行や作業参加の評価は必要不可欠かつ最も中核的な臨床行為(技能)です。本科目を修了することによって、作業的存在としての対象者を理解する能力と、作業遂行障害とその構成要素を適切に評価する能力が高まることが期待されます。なお、領域特異的・限定的な評価や疾患・障害別の応用については、主に障害領域別の各作業療法治療学で学びます。
この科目は学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)の①②③に関連する。

教育内容・教育方法

【教育内容】
 講義形式を中心に、作業遂行と作業参加に関する評価の視点(知識)と技術・態度を学びます。また、面接や観察といった基本的評価技能と、QOLや生きがい、興味・関心、ICFといった領域共通の評価に関する知識・技術・態度も併せて学びます。また、学習習慣と効果的な自己学習法を身につけるために、教科書の予習を行う自己学習も重視します。

【教育方法】
授業形態:講義
 講義形式を中心に自己学習、グループ学習・演習を組み合わせて行います。
 課題(レポート等)の提出はgoogle classroom上で行い、個別にコメント、または、次回の授業時に共通する見解や誤解などについてコメントし、フィードバックします。
 なお、COVID-19対策のため予定・授業形態を変更する場合があります。

授業内容

項目授業内容担当者日時
第1回【対面】
作業療法の視点・枠組み
人ー環境ー作業(PEO)モデルなどの作業療法評価・介入の基本的枠組みを概説する。今井 忠則
4/19③
第2回【対面】
作業療法のプロセス
作業療法の基本プロセス,ボトムアップとトップダウンアプローチなどについて概説する。今井 忠則
4/26③
第3回【対面】
役割・生きがいの評価
クライエントの役割・生きがいと作業・健康との関係,及びその評価法について概説する。今井 忠則
5/10③
第4回【対面】
生活習慣の評価
クライエントの生活習慣と作業・健康との関係,及びその評価法について概説する。今井 忠則
5/12④
第5回【対面】
興味・関心の評価
クライエントの興味・関心と作業・健康との関係,及びその評価法について概説する。今井 忠則
5/17③
第6回【対面】
価値観・自己効力感の評価
クライエントの価値観及び自己効力感と作業・健康との関係,及びその評価法について概説する。今井 忠則
5/19④
第7回【対面】
環境要因の評価
クライエントを取り巻く環境要因と作業・健康との関係,及びその評価法について概説する。今井 忠則
5/24③
第8回【対面】
中間まとめ(中間試験)
前半の学習内容を振り返る。学習状況を確認する。今井 忠則
5/26④
第9回【対面】
作業バランスの評価
クライエントの作業バランスと作業・健康との関係,及びその評価法について概説する。今井 忠則
5/31③
第10回【対面】
作業ストーリー(作業歴)の評価
クライエントの作業ストーリー・作業歴の評価法について概説する。今井 忠則
6/7③
第11回【対面】
作業的公正・不公正の評価
作業的公正・不公正の概念とその評価法について概説する。今井 忠則
6/14③
第12回【対面】
QOL・well-beingの評価
生活の質(QOL)や主観的幸福感などの概念及びその評価法について概説する。今井 忠則
6/21③
第13回【対面】
ICFの枠組みと評価
国際生活機能分類(ICF)の枠組みとその枠組みを使ったOT評価のまとめ方を概説する。今井 忠則
6/28③
第14回【対面】
作業遂行・作業参加の評価
作業遂行(作業参加)の概念およびその評価法について概説する。今井 忠則
7/5③
第15回【対面】
最終まとめ
後半及び全体の学習内容を振り返り,知識の整理・定着を図る。今井 忠則
7/12③

◆実務経験の授業への活用方法◆
病院等での臨床経験を踏まえ、評価の意義及び臨床における評価がどのように展開されるのかを概説する。

到達目標

・作業療法の枠組み(視点・モデル)とプロセスを説明することができる。
・「作業遂行」,「作業参加」,「作業遂行障害(作業機能障害)」の概念と評価法を説明することができる。
・面接法や観察法の一般的事項を説明することができる
・「QOL」や「生きがい」,「興味・関心」の概念と評価法について説明することができる。
・国際生活機能分類(ICF)の枠組みを説明することができる。
・効果的な自己学習を実践することができる。

評価基準

定期試験(40%)、演習への参加と発表(40%)、ポートフォリオ(20%)により評価する。

準備学習等(予習・復習)

・本科目では,履修年次を鑑み、学習習慣と効果的な自己学習法を身につけることを目的の一つとしています。そのため、各回の教科書の該当部分を予習した上で講義に臨むことを必須とします。
【授業時間外に必要な学習の時間(めやす)】
・各回の教科書の予習とまとめ:2時間
・各回の復習:1時間
・課題と定期試験の準備:15時間

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書高齢者のその人らしさを捉える作業療法−大切な作業の実現−籔脇健司(編・著)文光堂
教科書ICF(国際生活機能分類)の理解と活用−人が「生きること」「生きることの困難(障害)」をどうとらえるか上田 敏(著)きょうされん

備考・その他

科目ナンバリングコード: OT301-SS03