臨床医療学IIIClinical MedicineIII
科目責任者東條 美奈子
担当者田ヶ谷 浩邦 (※), 福田 倫也 (※), 安藝 良一 (※)
科目概要2年 (1単位・選択) [医療工学科 診療放射線技術科学専攻]
2年 (1単位・必修) [リハビリテーション学科 理学療法学専攻]
2年 (1単位・必修) [リハビリテーション学科 作業療法学専攻]
2年 (1単位・必修) [リハビリテーション学科 言語聴覚療法学専攻]
2年 (1単位・必修) [リハビリテーション学科 視覚機能療法学専攻]

授業の目的

医療者に必要な医学的知識を深める。ここでは、臨床医学として習得すべき精神神経科学、神経、皮膚科学などの疾患を中心に、その特徴と診断・検査・治療について理解する。
この科目は学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)の(RT)①②③④⑤⑦,(PT)②③⑤, (OT)①,(ST)②④,(OV)①②③④に関連する。

教育内容・教育方法

【教育内容】
 臨床医学の各分野について、その分野の専門教員により教授する。

【教育方法】
授業形態:講義
 講義形式

授業内容

項目授業内容担当者日時
第1回【対面】
精神神経科学Ⅰ
正常と異常、精神症状、精神障害の分類、治療について理解する。田ヶ谷 浩邦
9/1⑤
第2回【対面】
精神神経科学Ⅱ
代表的精神障害の病態・症状について理解する。田ヶ谷 浩邦
9/8⑤
第3回【対面】
精神神経科学Ⅲ
その他の代表的精神障害の病態・症状について理解する(心因性精神障害、パーソナリティ障害、ほか)。田ヶ谷 浩邦
9/15⑤
第4回【対面】
精神神経科学Ⅳ
現代社会と精神障害、法と精神医療について理解する。田ヶ谷 浩邦
9/22⑤
第5回【対面】
皮膚科学
アレルギーなどの皮膚病変について学ぶ。安藝 良一
9/29⑤
第6回【対面】
神経疾患各論Ⅰ
脳血管障害について学ぶ。福田 倫也
10/6⑤
第7回【対面】
神経疾患各論Ⅱ
変性疾患・認知症について学ぶ。福田 倫也
10/13⑤
第8回【対面】
神経疾患各論Ⅲ
変性疾患・錐体外路系疾患について学ぶ。福田 倫也
10/20⑤

予備日
9/30①,10/11⑤,10/12⑤,10/18⑤,10/25⑤,10/27⑤,10/28①,11/1⑤,11/4①,11/10⑤,11/11①,11/15⑤,
11/17⑤,11/18①,11/22⑤,11/24⑤,11/25①,11/29⑤,12/1⑤,12/2①,12/6⑤,12/8⑤,12/9①,12/13⑤

◆実務経験の授業への活用方法◆
病院での実務経験を踏まえ、臨床医学の各分野について、その分野の専門教員により教授する。

到達目標

神経、皮膚科学、精神神経科学などの疾患を中心に理解を深め、臨床医療における正しい知識を習得し、職種間の相互理解の重要性を認識する。

評価基準

定期試験(90%)、課題(10%)により判断する。

準備学習等(予習・復習)

【授業時間外に必要な学習時間:29時間】
復習:授業の内容や配布するプリントを理解できるように復習を行うとともに、臨床医療学全般についての幅広い知識を身につけてること。
単位付与に必要な学習時間:45時間
45時間 - 16時間 (8コマ×みなし2時間) = 29時間

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書(なし)
参考書(なし)

備考・その他

科目ナンバリングコード: (RT)RT201-SF16, (PT)PT201-SF13, (OT)OT201-SF18, (ST)ST201-SF10, (OV)OV201-SF11