臨床心理学IIClinical Psychology II
科目責任者村瀬 華子 (※)
担当者村瀬 華子 (※)
科目概要2年 (2単位・必修) [リハビリテーション学科 理学療法学専攻]
2年 (2単位・必修) [リハビリテーション学科 作業療法学専攻]
2年 (2単位・必修) [リハビリテーション学科 言語聴覚療法学専攻]

授業の目的

臨床心理学の成り立ち、臨床心理学の代表的な理論とそれに基づく介入方法について理解する。
この科目は学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)の(PT)②③⑤, (OT)①,(ST)②④⑤に関連する。

教育内容・教育方法

【教育内容】
臨床心理学の歴史を講義する。
臨床心理学の代表的な理論を説明し、それに基づいたアセスメント方法と心理療法について解説する。
支援対象者を理解し、支援する上で重要な生物・心理・社会モデルやエビデンスについて説明する。

【教育方法】
授業形態:講義
授業はパワーポイントを使用する。
授業の展開によって、授業計画には若干の変更があり得るので、指示をよく聞くこと。
中間試験及び課題のフィードバックはGoogle Classroomなどのオンラインシステムにて行う。

授業内容

項目授業内容担当者日時
第1回【対面】
オリエンテーション
臨床心理学の基本概念
授業内容、評価方法についての説明。
臨床心理学の全体構造と歴史について学ぶ。
(第1章)
村瀬 華子
9/1②
第2回【対面】
パーソナリティ理論
臨床心理学の基礎としてのパーソナリティ理論を学ぶ。
(第3章)
村瀬 華子
9/8②
第3回【対面】
介入までの流れと心理面接の基本
相談から介入までの流れと心理面接の基本について学ぶ。
(第5章)
村瀬 華子
9/15②
第4回【対面】
アセスメント
信頼性と妥当性、臨床心理学で使われる様々なアセスメント方法について学ぶ。
(第6章)
村瀬 華子
9/22②
第5回【対面】
精神分析学と精神分析療法
精神分析学の理論を学ぶ。
(第7章)
村瀬 華子
9/29②
第6回【対面】
精神分析学と精神分析療法
精神分析療法について学ぶ。
(第7章)
村瀬 華子
10/6②
第7回【対面】
中間試験(授業内試験)
試験範囲は第1回〜第6回まで。村瀬 華子
11/10②
第8回【対面】
人間性心理学とクライエント中心療法
人間性心理学の理論を学ぶ。
(第8章)
村瀬 華子
11/17②
第9回【対面】
人間性心理学とクライエント中心療法
クライエント中心療法について学ぶ。
(第8章)
村瀬 華子
11/24②
第10回【対面】
学習理論と行動療法
学習理論を学ぶ。
(第9章)
村瀬 華子
12/1②
第11回【対面】
学習理論と行動療法
行動療法について学ぶ。
(第9章)
村瀬 華子
12/2④
第12回【対面】
認知理論と認知行動療法
認知理論を学ぶ。
(第10章)
村瀬 華子
12/2⑤
第13回【対面】
認知理論と認知行動療法
認知行動療法について学ぶ。
(第10章)
村瀬 華子
12/8②
第14回【対面】
その他の心理療法
エビデンスの理解と活用
日本独自の心理療法、家族療法、集団療法について学ぶ。
(第11章)
村瀬 華子
12/20③
第15回【対面】
セラピストに求められる専門性
心理師・セラピストとしての心構えや姿勢について学ぶ。
(第14章)
村瀬 華子
12/20④

◆実務経験の授業への活用方法◆
教員は日米の医療・教育現場にて精神疾患や発達障害などを持つ子供から大人までを対象にアセスメントと心理療法を行なった経験を持つ。授業では実務経験から得た例を交えながら臨床心理学の理論や介入方法について説明する。

到達目標

臨床心理学の成り立ちと代表的な理論を説明できる。
臨床心理学の代表的なアセスメントと心理療法の特徴を説明できる。

評価基準

試験 (計2回) 90%  ※備考を参照
・中間試験:11月10日(水),2限
・期末試験:期末試験期間(TBA:日時は教務課から発表されます。)

感想課題 (計 2 回) 10% ※備考を参照
・課題1提出期限:11月14日(日)23:59まで。
・課題2提出期限:12月20日(月)23:59まで。

準備学習等(予習・復習)

授業時間外に必要な学習の時間:計60時間
教科書を読み予習・復習をし、専門用語とその定義や質問をまとめること。

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書臨床心理学丹野義彦・石垣琢磨・毛利伊吹・佐々木淳・杉山明子有斐閣
参考書(なし)

備考・その他

【中間試験について】
• 中間試験はシラバスに記載された日時に対面で行われます。試験範囲は第1回~第6回の授業内容。
• 中間試験の日時にやむおえない事情(忌引き、医師の診断書がある病気)ができた場合は、試験開始前までに教員に連絡し許可を得て、教員の指示に従ってください。試験開始前までに連絡がされなかった場合、許可が得られなかった場合は欠席とみなされます。
• 試験は対面で行う予定ですが、新型コロナウイルスの感染拡大状況によっては変更される場合があります。その場合は事務局から通知します。

【期末試験について】
• 期末試験は期末試験期間中に対面で行われます。試験範囲は第8回~第15回の授業内容。
• 期末試験の日時にやむおえない事情(忌引き、医師の診断書がある病気)ができた場合は、医療衛生学部試験内規に従って、事務局及び教員に連絡し、事務局及び教員の指示に従ってください。医療衛生学部試験内規に従わなかった場合、または事務局及び教員から許可が得られなかった場合は欠席とみなされます。
• 試験は対面で行う予定ですが、新型コロナウイルスの感染拡大状況によっては変更される場合があります。その場合は事務局から通知します。

【感想1&2について】
• 授業で習ったトピックについての感想をオンラインで提出していただきます。詳細は提出日が近くなったら授業中 にお知らせします。
• 遅れて提出した場合は減点の対象となります。

【その他】
• この科目では、私たちにとって身近な心の問題を扱うため、自分自身の辛い 経験を思い出したり、周囲の人のことが心配になることがあるかもしれません。もし誰かに相談したい場合は学生相談室がサポートを提供しています: 学生相談室:https://www.kitasato-u.ac.jp/jp/campuslife/health_care/gakusou/index.html
• 対面での授業を予定していますが、新型コロナウイルスの感染が拡大している場合はオンデマンドに変更になる場合があります。変更になった場合は事務局から通知します。

科目ナンバリングコード: (PT)PT201-SF15, (OT)OT201-SF13, (ST)ST201-SF23