臨床実習IClinical Practice I
科目責任者髙橋 香代子 (※)
担当者髙橋 香代子 (※), 天野 暁 (※), 今井 忠則 (※), 福田 倫也 (※), 渡邉 誠 (※), 幅田 智也 (※), 坂本 豊美 (※), 渡辺 愛記 (※), 河村 晃依 (※), 前場 洋佑 (※)
科目概要1年 (1単位・必修) [リハビリテーション学科 作業療法学専攻]

授業の目的

1.作業療法の役割について知る。
2.作業療法を行ううえでどのような知識・技術・態度が必要かを知る。
3.医療職としての基本的態度について知る。
4.記録について演習する。
この科目は学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)の①②③④⑤に関連する。

教育内容・教育方法

【教育内容】
実際の臨床現場の見学を通し作業療法への理解を深める。施設や臨床場面の見学から作業療法の可能性をアクティブラーニングを通し確認する。

【教育方法】
授業形態:実習
施設見学を行い、その後グループ発表を行う。見学後は実習経験を記録する。
提出された課題に対しては、教員や実習指導者からのコメントを入れてて翌週以降に返却し、必要に応じてセミナー時に解説する。

授業内容

項目授業内容担当者日時
1〜3回【対面】
オリエンテーション
臨床実習Ⅰの概要、見学施設の概要、学習目標、スケジュール、課題、心構えについて説明する。
実習中の心構え、態度、服装、持ち物、セミナー、手続きについて説明する。
髙橋 香代子
天野 暁
今井 忠則
福田 倫也
渡邉 誠
幅田 智也
坂本 豊美
渡辺 愛記
河村 晃依
前場 洋佑
9/10②
9/17②
9/24②
4〜15回【対面】
見学実習:
①北里大学病院リハビリテーションセンター(入院)
②北里大学病院リハビリテーションセンター(外来)
③北里大学病院小児在宅支援センター
④地域学外施設
北里大学病院の身体障害領域(入院・外来)と小児領域の3部門、さらに地域学外施設において、作業療法場面を見学する。
*5日間の実習期間のいずれか4日間
髙橋 香代子
天野 暁
9/30③④⑤
10/7③④⑤
10/14③④⑤
10/21③④⑤
10/28③④⑤
16〜20回【対面】
見学実習:
⑤北里大学北里研究所病院
北里大学北里研究所病院において、病院の説明・講義を受け、作業療法場面を見学する。
*2日間の実習期間のいずれか1日間
髙橋 香代子
天野 暁
10/2①②③④⑤
10/16①②③④⑤
21〜23回【対面】
見学実習:
⑥北里大学病院精神科作業療法室
北里大学病院において、精神障害領域の作業療法場面を見学する。
*4日間の実習期間のいずれか1日
髙橋 香代子
天野 暁
11/19③④⑤
11/26③④⑤
12/10③④⑤
12/17③④⑤
24〜28回【対面】
見学実習:
⑦北里大学メディカルセンター
北里大学メディカルセンターにおいて、病院の説明・講義を受け、作業療法場面を見学する。
*2日間の実習期間のいずれか1日間
髙橋 香代子
天野 暁
11/20①②③④⑤
12/4①②③④⑤
29・30回【対面】
総合セミナー
臨床実習Iを通して学んだことを踏まえ、作業療法の役割や、作業療法を行ううえで必要な知識・技術・態度について、まとめて発表する。髙橋 香代子
天野 暁
12/18①②

◆実務経験の授業への活用方法◆
病院での臨床経験を踏まえ、作業療法の臨床的思考や職業倫理、接遇などに関して学生に伝える。

到達目標

作業療法について理解を深め、医療福祉の専門職を学ぶ者として、国際レベルでの視点で我が国における課題や作業療法の重要性と可能性を言語表現できることを目標とする。施設見学の体験から大学人としての基礎態度と問題解決能力を身につける。

評価基準

実習におけるセミナー時のグループワークとプレゼンテーション内容(50%)、事前課題・実習報告書(50%)の総合評価とする。

準備学習等(予習・復習)

【授業時間外に必要な学習時間:-時間】
臨床実習Ⅰの手引きを熟読し、内容を理解しておくこと。

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書臨床実習Ⅰの手引き医療衛生学部作業療法学専攻教員より配布
参考書作業療法学全集 第1巻 改訂第3版 作業療法概論日本作業療法士協会編監修協同医書出版社
参考書作業療法の世界鎌倉矩子三輪書店

備考・その他

科目ナンバリングコード: OT304-CP01