画像診断機器工学ⅡDiagnostic Imaging Equipment EngineeringⅡ
科目責任者原 秀剛 (※)
担当者原 秀剛 (※)
科目概要3年 (1単位・必修) [医療工学科 診療放射線技術科学専攻]

授業の目的

画像診断機器工学Ⅰにて学んだ基礎知識を元に、最新の画像診断機器についての撮像原理、システムの構成と特徴及び動作原理等を習得する。
また、診療放射線技師として、臨床で実際に使用される画像診断機器について理解する。
この科目は学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)の①②③④に関連する。

教育内容・教育方法

【教育内容】
昨今の機器開発は目覚しいものがあり、画像診断機器は年々進化している。そこで、臨床におけるこれら装置に関しての最新トピックスを交えながら、撮像原理、動作特性及び画像の特徴等を教授する。

【教育方法】
授業形態:講義
講義形式、パワーポイントを使用する。

授業内容

項目授業内容担当者日時
第1回【対面】
X線診断機器1(トモシンセシス)
CR装置、FPD装置、トモシンセシスを学習する原 秀剛
4/15③
第2回【対面】
X線診断機器2(コーンビームCT)
血管撮影装置、コーンビームCTを学習する原 秀剛
4/22③
第3回【対面】
X線診断機器3(位相コントラスト)
乳房X線撮影装置、位相コントラストイメージングを学習する原 秀剛
5/6③
第4回【対面】
X線CT装置1(MDCT)
MDCT装置、面検出器を学習する原 秀剛
5/13③
第5回【対面】
X線CT装置2(Dual-energy CT)
Dual-energy CT装置を学習する原 秀剛
5/20③
第6回【対面】
X線CT装置3(逐次近似画像再構成)
最新CT装置、逐次近似画像再構成、被曝低減技術を学習する原 秀剛
5/27③
第7回【対面】
MRI装置
超高磁場MRI装置を学習する原 秀剛
6/3③
第8回【対面】
超音波診断装置
最新超音波装置、組織弾性イメージングを学習する原 秀剛
6/11②

* 基本的に木曜日の3時限ですが、金曜日4時限の日がありますので注意してください。

◆実務経験の授業への活用方法◆
病院での臨床経験を踏まえ、最新の画像診断機器の撮像原理、動作特性及び画像の特徴を概説する。

到達目標

現在、画像診断機器は用途に応じ多様化・高度化している。これら装置の性能と特性を把握し、装置への理解を深めるとともに画像の特徴と撮像方法等を説明できる。

評価基準

定期試験(90%)、受講態度(10%)を総合的に評価する。

準備学習等(予習・復習)

授業時間外に必要な学習の時間:30時間
画像診断機器工学Ⅰで学んだ講義内容の復習を行い、学習内容をより深いものにするために参考書を読むこと。また、診療画像技術学系全般についての幅広い知識の復習をして講義に望むこと。

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書診療画像機器学笠井俊文編オーム社
参考書診療放射線技師-画像診断機器ガイド-中澤靖夫編メジカルビュー社
参考書新版 放射線機器学(Ⅰ)青柳泰司著コロナ社
参考書MR撮像技術学笠井俊文編オーム社
参考書診療放射線技術 上巻立入弘監修南江堂

備考・その他

科目ナンバリングコード: RT301-SS13