画像診断機器工学実習Diagnostic Imaging Equipment Engineering (Practice)
科目責任者原 秀剛 (※)
担当者原 秀剛 (※), 長谷川 智之, 村石 浩, 坂口 和也 (※), 渡邉 祐介 (※), 水上 慎也 (※), 安冨 蔵人 (※), 轟 辰也 (※), 中村 良恵 (※), 永山 彩子 (※)
科目概要3年 (1単位・必修) [医療工学科 診療放射線技術科学専攻]

授業の目的

画像診断機器を安全に取り扱えるようになるために、X線装置の諸特性、各種診断用X線装置、X線CT装置、磁気共鳴画像診断装置、超音波画像診断装置等の構造、動作特性、性能試験(評価)法等について、画像診断機器工学Ⅰ講義で得られた基礎知識を基に実習を通して習得する。
この科目は学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)の①②③④に関連する。

教育内容・教育方法

【教育内容】
X線装置の諸特性としてX線管焦点測定、散乱X線除去用グリッドの特性およびFPD装置の特性、性能評価法として乳房X線撮影装置、X線CT装置、MRI装置およびUS装置の画像均一性や画像分解能測定法等を実習により教授する。また、放射線写真学、画像工学領域におけるアナログ特性曲線やデジタル画像の基礎と画像処理についても教授する。

【教育方法】
授業形態:実習・実技
実習形式、パワーポイント、ホワイトボードを使用する。学生から出た質問は実習内でフィードバックし、必要な場合には次回の実習で振り返りを実施する。

授業内容

項目授業内容担当者日時
1・2回【対面】
ガイダンス
実習内容等の説明を行う担当者全員
4/6③④
3・4回【対面】
X線管装置
X線管装置焦点測定、性能試験法を学習する担当者全員
4/20③④
5・6回【対面】
X線関連機器
散乱X線除去用グリッドの特性を学習する担当者全員
4/27③④
7・8回【対面】
X線映像装置
フラットパネルディテクタ(FPD)装置の特性を学習する担当者全員
5/11③④
9・10回【対面】
診断用X線装置
乳房X線撮影装置の性能評価・画像コントラストを学習する担当者全員
5/18③④
11・12回【対面】
X線CT装置
X線CT装置の性能評価・画像均一性を学習する担当者全員
5/25③④
13・14回【対面】
磁気共鳴画像診断装置
MRI装置の性能評価・SN比・画像均一性を学習する担当者全員
6/1③④
15・16回【対面】
超音波画像診断装置
US装置の性能評価・プローブの性能を学習する担当者全員
6/8③④
17・18回【対面】
放射線写真学
特性曲線の作成・センシトメトリを学習する担当者全員
6/15③④
19~21回【対面】
画像工学1(基礎)
デジタル画像の基礎・標本化・量子化を学習する担当者全員
6/22③④⑤
22~24回【対面】
画像工学2(画像処理)
デジタル画像処理・フィルタ処理を学習する担当者全員
6/29③④⑤
25~27回【対面】
磁気共鳴画像診断装置
MRI装置の補講を行う担当者全員
7/6③④⑤
28~30回【対面】
実習整理
実習データ及び知識の整理を行う担当者全員
7/13③④⑤

◆実務経験の授業への活用方法◆
病院での臨床経験を踏まえ、画像診断機器の性能評価、動作特性及び精度管理について実習を行う。

到達目標

現在、画像診断機器は用途に応じて多様化している。そこで、各種装置の性能評価法と動作特性および精度管理法等について把握し、画像診断機器の理解を深めるとともに測定等を遂行することができる。

評価基準

レポート(90%)及び実習態度(10%)を総合的に評価する。
課題レポートは、採点後に返却する。(予定)

準備学習等(予習・復習)

授業時間外に必要な学習の時間: ‐ 時間
予習:本実習は画像診断機器工学Ⅰ、Ⅱと連携しているので、講義内容を理解し実習に参加すること。事前にテキストに目を通して実習内容の概要を把握しておくこと。
復習:実習テキストを中心に復習を行い、自分の意見をまとめておくこと。

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書画像診断機器工学実習テキスト北里大学医療衛生学部編 原 秀剛
参考書臨床放射線技術ハンドブック(上)日本放射線技術学会編通商産業研究社
参考書新・医用放射線技術実験(基礎編)田中仁 編共立出版
参考書新・医用放射線技術実験(臨床編)田中仁 編 共立出版
参考書 JISハンドブック 放射線(能) 日本規格協会編 日本規格協会

備考・その他

実習は上記課題を1グループ6~8名に分かれて実施する。

科目ナンバリングコード: RT304-SS14