医用放射線計測学Medical Radiation Detection and Measurement
科目責任者橋本 成世 (※)
担当者橋本 成世 (※), 村石 浩
科目概要3年 (1単位・必修) [医療工学科 診療放射線技術科学専攻]

授業の目的

医用放射線計測に必要な各種検出器の特性、特徴と放射線の検出法、放射線量の測定法を修得する。医用放射線測定に関する基礎的技術として、放射線量測定法、放射能測定法、エネルギーの測定法を理解する。また、放射線計測分野に関わる診療放射線技師、及び第1種放射線取扱主任者国家試験問題レベルの基礎、及び関連事項等について理解する。
この科目は学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)の①②③④に関連する。

教育内容・教育方法

【教育内容】
 医用放射線計測に関する基礎的知識を次の内容で教授する。
1. 物理量と単位 
2. 線量測定法
3. 放射能の測定法
4. エネルギー測定

【教育方法】
授業形態:講義
板書とパワーポイントを使用しながら講義形式で進める。

授業内容

項目授業内容担当者日時
第1回【対面】
放射線量の単位1(①放射線の発生、②放射線場、③相互作用)
放射線量の名称と定義、単位、記号について教授する。村石 浩
4/9②
第2回【対面】
放射線量の単位2(④転移・吸収量、⑤被ばく)
放射線量間の関係について教授する。村石 浩
4/16②
第3回【対面】
放射線エネルギー、及び放射能の測定法
放射線エネルギー、及び放射能の測定法について教授する。また、エネルギー分解能について教授する。村石 浩
4/23②
第4回【対面】
電離箱線量計の原理
自由空気電離箱、空洞離箱の構造並びに測定原理について教授する。橋本 成世
5/7②
第5回【対面】
電離箱線量計の補正と校正
電離箱線量計の補正係数と校正法について教授する。橋本 成世
5/14②
第6回【対面】
吸収線量測定
空洞理論並びに電離箱線量計による吸収線量測定について教授する。橋本 成世
5/21②
第7回【対面】
応用計測
放射線診断領域並びに放射線治療領域における臨床現場での線量測定について教授する。橋本 成世
5/28②
第8回【対面】
まとめ
まとめ及び解説橋本 成世
6/4②

◆実務経験の授業への活用方法◆
病院での臨床経験を踏まえ、医療における放射線計測の基礎知識を概説する。

到達目標

放射線量の単位を説明できる。
放射能の測定法を説明できる。
放射線のエネルギー測定について説明できる。
吸収線量測定について説明できる。

評価基準

定期試験(80%)及び受講態度(20%)により総合的に評価する。

準備学習等(予習・復習)

【授業時間外に必要な学習時間:30時間】これまでに授業で学習した内容、及び配布資料を理解しておくこと。

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書放射線計測学日本放射線技術学会監修オーム社
参考書アイソトープ手帳日本アイソトープ協会丸善
参考書放射線計測ハンドブック阪井英次 他日刊工業新聞社
参考書部放射線治療における水吸収線量の標準計測法(標準計測法12)日本医学物理学会編通商産業研究社

備考・その他

科目ナンバリングコード: RT301-SF23