放射化学演習Radiochemistry (Exercise)
科目責任者橋本 成世 (※)
担当者長谷川 智之, 鍵谷 豪 (※), 橋本 成世 (※), 我妻 慧 (※)
科目概要2年 (1単位・選択) [医療工学科 診療放射線技術科学専攻]

授業の目的

「放射線物理学」「放射線生物学」「放射化学」「放射線安全管理学」で学んだ基礎的知識を整理し、放射線取扱主任者及び診療放射線技師になる為に必要な知識を身につける。
この科目は学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)の①②③④⑤⑦に関連する。

教育内容・教育方法

【教育内容】
放射線取扱主任者国家試験(1種)の演習問題を解くことを中心に授業を進める。出題の意図する重要事項、間違えやすい問題についてはその都度、解説し、「放射線物理学」「放射線生物学」「放射化学」「放射線安全管理学」の講義で学んだ基礎的な事項を再確認する。

【教育方法】
授業形態:演習
板書とパワーポイントを用いた講義形式を基本とし、講義の中で演習問題を解く。課題・小テスト等のフィードバックは項目毎に最後の演習で実施する。

授業内容

項目授業内容担当者日時
第1回【対面】
ガイダンス
講義の導入を行い、医療における放射線取扱主任者の役割、放射線取扱主任者の国家試験と指定講習についても説明する。橋本 成世
9/1③
第2-3回【対面】
物理学(演習問題1~2)
放射線取扱主任者の放射線物理学の演習問題を解き進める。重要事項はその都度、解説し、必要に応じて教科書(放射線概論)及び講義で使用した教科書を用い再確認する。長谷川 智之
9/8③
9/15③
第4-8回【対面】
物理学(演習問題3~7)
同上橋本 成世
9/9③
9/22③
9/29③
10/6③
10/13③
第9-10回【対面】
生物学(演習問題1~2)
放射線取扱主任者の放射線生物学の演習問題を解き進める。重要事項はその都度、解説し、必要に応じて教科書(放射線概論)及び講義で使用した教科書を用い再確認する。鍵谷 豪
10/20③
10/27③
第11-15回【対面】
化学(演習問題1~5)
放射線取扱主任者の放射化学の演習問題演習問題を解き進める。重要事項はその都度、解説し、必要に応じて教科書(放射線概論)及び講義で使用した教科書を用い再確認する。我妻 慧
11/10③
11/17③
11/24③
12/1③
12/8③

本演習は放射線取扱主任者第1種国家試験対策講座として実施します。2年次の後期に「物理」「生物」「化学」を、3年次の前期に「測定技術」「管理技術」「法令」に関する講座を開講し、3年次の夏に実施される国家試験の合格を目指します。2年次の後期と3年次の前期の講義を通して受講し、全員が主任者試験に合格するようにしてください。

◆実務経験の授業への活用方法◆
病院及び研究所での臨床及び放射線安全管理の経験を踏まえて、放射線取扱主任者試験の重要事項を概説する。

到達目標

加速器や大線源を用いた放射線治療、加速器を有してPET診断を行う施設の多くは大学病院や大規模病院である。その様な施設では、医療法に加え放射線障害防止法の規制を受け、放射線安全監督の役割を担う「放射線取扱主任者1種取得者」を選任する必要がある。「放射線物理学」「放射線生物学」「放射化学」に関する第1種放射線取扱主任者試験問題を正確に読み取り解答できるようになる。

評価基準

課題・小テスト(50%)と受講態度等(50%)により総合的に評価する。

準備学習等(予習・復習)

【授業時間外に必要な学習時間:15時間】放射線取扱主任者の試験問題を中心に問題を解き進めるが、授業に出席する(座っている)だけで主任者試験に合格することはできない。配付する演習問題を自ら解いて、学ぶ姿勢が大切である。放射線概論の物理学、化学、生物学について読み予習すること。演習で解いた問題について復習を行うこと。

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書放射線概論 第13版柴田徳思編通商産業研究社
参考書放射線問題集 第1種通商産業研究社
参考書放射化学改訂第3版花田博之編オーム社

備考・その他

講義は変則的に実施される。講義日時に注意すること。

科目ナンバリングコード: RT302-SF22