放射線計測学Radiation Detection and Measurement
科目責任者村石 浩
担当者村石 浩
科目概要2年 (2単位・必修) [医療工学科 診療放射線技術科学専攻]

授業の目的

これまでに学習した放射線物理学、放射化学、放射線生物学、及び医用工学で得た知識を踏まえ、実際に放射線を測定するためのさまざまな放射線計測手法、及びその定量化技術を身につける。また、放射線計測学分野に関わる診療放射線技師、及び第1種放射線取扱主任者国家試験問題レベルの基礎について理解する。
この科目は学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)の①②③④⑤⑦に関連する。

教育内容・教育方法

【教育内容】
放射線計測に関する以下の基礎的知識について学ぶ。
1.相互作用 2.測定原理 3.測定器 4.測定の統計学
【教育方法】
授業形態:講義
講義形式(板書、スライドを使用)
【フィードバック】
提出課題の解説は、次回講義の最初に行う。

授業内容

項目授業内容担当者日時
第1回【対面】
放射線計測学の基礎1(放射線の分類)
放射線計測学における「放射線の分類」について教授する。村石 浩
9/2②
第2回【対面】
放射線計測学の基礎2(エネルギーの役割)
放射線計測学における「エネルギーの役割」について教授する。村石 浩
9/2③
第3回【対面】
放射線計測学の基礎3(光子と物質との相互作用)
放射線計測学における「光子(X線、γ線)と物質との相互作用」について教授する。村石 浩
9/9②
第4回【対面】
放射線計測学の基礎4(電子と物質との相互作用)
放射線計測学における「粒子線(主に電子)と物質との相互作用」について教授する。村石 浩
9/16②
第5回【対面】
放射線検出器1(検出器概要)
放射線検出の原理、放射線検出法・測定器の分類(パルス型検出器、非パルス型検出器)について教授する。村石 浩
9/30②
第6回【対面】
放射線検出器2(電離箱)
電離箱の動作原理と特徴について教授する。村石 浩
10/7②
第7回【対面】
放射線検出器3(比例計数管)
比例計数管の動作原理と特徴、及びガスフロー計数管について教授する。村石 浩
10/14②
第8回【対面】
放射線検出器4(GM計数管)
GM計数管の動作原理と特徴について教授する。村石 浩
10/21②
第9回【対面】
放射線検出器5(半導体検出器)
半導体検出器について教授する。村石 浩
10/28②
第10回【対面】
放射線検出器6(シンチレーション検出器)
シンチレーション検出器、光電子増倍管について教授する。村石 浩
11/4②
第11回【対面】
放射線検出器7(ルミネッセンス検出器)
蛍光ガラス(RPL)線量計、熱ルミネセンス線量計(TLD)、光刺激ルミネセンス(OSL)線量計について教授する。村石 浩
11/11②
第12回【対面】
放射線検出器8(中性子検出器)
中性子検出器について教授する。村石 浩
11/18②
第13回【対面】
放射線検出器9(その他の検出器)
熱量計、化学線量計、チェレンコフ光の利用、同時計数法、その他について教授する。村石 浩
11/25②
第14回【対面】
測定の統計学
測定の誤差・分解能、絶対測定と相対測定、医学統計について教授する。村石 浩
12/2②
第15回【対面】
まとめ
放射線計測学の総括を行う。村石 浩
12/9②

到達目標

放射線の検出原理について説明できる。
各種放射線検出器について説明できる。
放射線測定における誤差の扱いについて説明できる。

評価基準

定期試験(70%)、提出課題(10%)、及び受講態度(20%)により評価する。

準備学習等(予習・復習)

【授業時間外に必要な学習時間:60時間】指定された教科書を一読しておくこと。また、これまでに授業で学習した内容、及び配布資料を理解しておくこと。

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書放射線計測学日本放射線技術学会監修オーム社
参考書アイソトープ便覧日本アイソトープ協会丸善
参考書放射線計測ハンドブック木村逸郎、阪井英次訳日刊工業新聞社

備考・その他

科目ナンバリングコード: RT301-SF20