医療安全管理学(実習含)Healthcare Safety Management(Practice included)
科目責任者石井 直仁 (※)
担当者石井 直仁 (※), 片桐 真人 (※), 堀江 良一 (※), 川村 俊彦 (※), 高橋 博之 (※), 佐藤 雄一 (※), 古田 玲子 (※), 佐野 肇 (※), 丸山 弘子 (※), 横場 正典 (※), 土屋 紅緒 (※), 鉢村 和男 (※), 佐藤 隆司 (※), 長塩 亮 (※), 久保 誠 (※), 太田 悦朗 (※), 中村 正樹 (※), 黒崎 祥史 (※), 井本 明美 (※), 前花 祥太郎 (※), 渡邉 真理子 (※), 西村 由香里 (※), 阿部 直也 (※), 和田 達彦 (※), 荒井 有美 (※), 小池 良輔 (※), 江川 清文 (※)
科目概要3年 (1単位・必修) [医療検査学科]

授業の目的

 臨床検査技師の責任と役割を理解するとともに、医療業務における医療安全と、医療事故や医療過誤の発生原因や特徴から対策までを理論的かつ系統的に学ぶ。また、鼻腔部、咽頭部、舌部、皮膚表在組織病変部、肛門部からの検体採取を安全に行い、高い検出率を実現するために必要な知識と技術を習得する。

教育内容・教育方法

①医療倫理、②医療安全、③法的知識と責任範囲を講義し、④医療の質・安全・効率をより向上させるためのチームワーク形式の演習(Team Strategies and Tools to Enhance Performance and Patient Safety, Team STEPPS)を行い、⑤鼻腔部、咽頭部、舌部、皮膚表在組織病変部、肛門部からの検体採取法を習得する。

授業内容

項目授業内容担当者日時
第1回総論1医療倫理 医療現場での倫理的判断の基礎を学ぶ。石井 直仁
4/10③
第2回総論2医療安全 医療事故、医療過誤を学ぶ。 小池 良輔
4/11③
第3回総論3法的知識と責任範囲1 医療職者の法的責任を学ぶ。小池 良輔
4/11④
第4回微生物学的検査等における検体採取1,2鼻腔部からの検体採取 器具の知識と使用法、器具使用による合併症と禁忌、医療安全と感染対策を学ぶ。
咽頭部からの検体採取 器具の知識と使用法、器具使用による合併症と禁忌、医療安全と感染対策を学ぶ。
佐野 肇
4/16③
第5回総論5法的知識と責任範囲2 医療機関の医療安全・感染対策を学ぶ。和田 達彦
4/18③
第6回総論4医療安全 インシデント(ヒヤリ・ハット)、リスクマネージメントを学ぶ。荒井 有美
4/18④
第7回-9回実習1皮膚表在組織病変部・肛門部 
器具の基礎知識と使用法、検体採取法、皮膚・軟部組織感染症の理解 
石井 直仁
川村 俊彦
高橋 博之
横場 正典
丸山 弘子
土屋 紅緒
鉢村 和男
佐藤 隆司
長塩 亮
中村 正樹
井本 明美
黒崎 祥史
前花 祥太郎
西村 由香里
4/19③④⑤
第10回演習法的知識と責任範囲3 
TeamSTEPPS演習を通して医療の質・患者安全向上のためのメンタルモデル理論、コミュニケーション方法、組織的管理、接遇を学ぶ。
横場 正典
石井 直仁
片桐 真人
佐藤 雄一
堀江 良一
古田 玲子
川村 俊彦
高橋 博之
丸山 弘子
土屋 紅緒
鉢村 和男
久保 誠
佐藤 隆司
長塩 亮
太田 悦朗
中村 正樹
井本 明美
黒崎 祥史
前花 祥太郎
渡邉 真理子
阿部 直也
西村 由香里
4/23③
第11-14回実習2鼻腔部
器具の基礎知識と使用法、検体採取法、耳鼻科領域感染症の理解
石井 直仁
片桐 真人
川村 俊彦
高橋 博之
横場 正典
丸山 弘子
土屋 紅緒
鉢村 和男
佐藤 隆司
長塩 亮
中村 正樹
井本 明美
黒崎 祥史
前花 祥太郎
阿部 直也
4/23④
4/24③④⑤
第15-17回実習3咽頭部・舌部
器具の基礎知識と使用法、検体採取法、耳鼻科領域感染症と舌部機能の理解 
石井 直仁
川村 俊彦
高橋 博之
横場 正典
丸山 弘子
土屋 紅緒
鉢村 和男
佐藤 隆司
長塩 亮
太田 悦朗
中村 正樹
井本 明美
黒崎 祥史
前花 祥太郎
4/25③④⑤
第18回微生物学的検査等における検体採取3,4皮膚表在組織病変部からの検体採取 器具の使用方法、器具使用による合併症および禁忌、医療安全・感染対策を学ぶ。
肛門部からの検体採取 患者心理に配慮、器具の知識と使用法、器具使用による合併症と禁忌、医療安全と感染対策を学ぶ。
江川 清文
4/26③

予備日:4/17③④⑤

到達目標

①医療倫理、医療安全管理について説明できる。②医療事故、医療過誤の実態について説明できる。③感染対策について例を挙げて説明できる。④患者心理に配慮した接遇や医療現場での安全・安心問題の解決法を考えることができる。⑤検体採取法を習得する。

評価基準

レポート、演習問題、実習態度で総合的に評価する。

準備学習等(予習・復習)

解剖学、生理学、微生物検査学、臨床生理学、臨床病態学、検査管理学、保険医療福祉総論の講義内容や教科書により予習・復習する。

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書最新臨床検査学講座 医療安全管理学諏訪部 章、他 編医歯薬出版
参考書JAMT技術教本シリーズ 検体採取者のためのハンドブック日本臨床衛生検査技師会 監修じほう