放射線科学(実習含)Radiation Science (Practice included)
科目責任者村石 浩
担当者村石 浩, 鍵谷 豪 (※), 佐々木 徹 (※)
科目概要2年 (1単位・必修) [医療検査学科]

授業の目的

 放射性同位元素(Radioisotope:RI)を背景とした放射線科学の基礎を習得し、RIに関連した臨床検査技術学(とりわけ、インビボ・インビトロ検査)について理解する。また、放射線科学分野に関わる臨床検査技師、及び放射線取扱主任者国家試験問題レベルの基礎、及び関連事項等について教授する。更に、RIを用いた実習を体験することで、放射線の特性、及び安全な取扱い方法について学習する。

教育内容・教育方法

 講義では、放射線の基礎、及びRI臨床検査技術学について教授する。講義形式は板書が中心となるので各自ノートを持参のこと。また、実習では、医療衛生学部放射線管理区域においてRIを用いた実際の放射線測定を行うことで医療現場におけるRIの必要性について理解を深める。
1.放射性同位元素 2.放射性壊変 3.放射線と物質との相互作用 4.放射線計測 5.放射線生物学 6.RIの管理、関係法規 7.インビトロ検査 8.インビボ検査 9.RIを用いた実習

授業内容

項目授業内容担当者日時
第1回放射線科学1(医療における放射線の役割、放射線の概要)医療における放射線(とりわけ放射性同位元素を用いたRI臨床検査(核医学検査))の役割について教授する。また、放射線、放射性同位元素(RI)について教授する。村石 浩
9/2④
第2回放射線科学2(放射線エネルギー)放射線エネルギーについて教授する。村石 浩
9/2⑤
第3回放射線科学3(α壊変、β-壊変、γ壊変、IC)放射性壊変の種類1(α壊変、β-壊変、γ壊変、内部転換(IC))について教授する。村石 浩
9/9④
第4回放射線科学4(EC、β+壊変、IT、核分裂)放射性壊変の種類2(軌道電子捕獲(EC)、β+壊変、核異性体転移(IT)、核分裂)について教授する。村石 浩
9/9⑤
第5回放射線科学5(放射能、半減期)放射性壊変の法則1(放射能、半減期)について教授する(1階線形常微分方程式(変数分離型)の解法を利用)。村石 浩
9/30④
第6回放射線科学6(放射平衡)放射性壊変の法則2(放射平衡)について教授する(1階線形連立常微分方程式(非同次型)の解法を利用)。村石 浩
10/7④
第7回放射線科学7(相互作用)放射線と物質の相互作用について教授する。村石 浩
10/21④
第8回放射線科学8(放射線検出器)放射線測定原理について教授する。村石 浩
10/28④
第9回放射線生物学1(確定的影響)組織、個体レベルでの放射線影響1(確定的影響)について解説する。鍵谷 豪
11/11④
第10回放射線生物学2(確率的影響)組織、個体レベルでの放射線影響2(確率的影響)について解説する。鍵谷 豪
11/18④
第11回RI臨床検査技術学1(インビトロ検査の基礎)インビトロ検査の基礎について教授する。佐々木 徹
11/25④
第12回RI臨床検査技術学2(インビトロ検査の応用)インビトロ検査の応用について教授する。佐々木 徹
12/2④
第13~15回実習1(ガイダンス、教育訓練)RI取扱いの注意、関係法規、放射線障害予防規程について解説する。担当者全員
12/6③④⑤
第16回放射線管理学RIの管理、関係法規について教授する。村石 浩
12/9④
第17~19回実習2(天然放射能測定)液体シンチレーションカウンタによる40Kからのβ線の測定について学ぶ。担当者全員
12/10③④⑤
第20~22回実習3(γ線の吸収と遮蔽)各種遮蔽材の半価層の導出について学ぶ。担当者全員
12/11③④⑤
第23~25回実習4(半減期の測定)Ba-137mのミルキングと半減期の測定について学ぶ。担当者全員
12/12③④⑤
第26~28回実習5(総論、実習試験)RI分子イメージング学について学び、最後に実習試験を行う。担当者全員
12/13③④⑤
第29回RI臨床検査技術学3(インビボ検査の基礎)インビボ検査の基礎について教授する。村石 浩
12/16④
第30回RI臨床検査技術学4(インビボ検査の応用)インビボ検査の応用について教授する。村石 浩
12/16⑤

到達目標

臨床検査技師、及び放射線取扱主任者になる為に必要な放射線科学に関する知識を修得する。

評価基準

定期試験(60%)、提出課題(40%)により評価を行う。

準備学習等(予習・復習)

指定された教科書を一読しておくこと。

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書メディカルサイエンス 放射性同位元素検査学河村誠治近代出版
参考書アイソトープ手帳日本アイソトープ協会丸善
参考書放射線概論柴田 徳思通商産業研究社