遺伝子検査学実習Laboratory in Molecular Diagnostics
科目責任者長塩 亮 (※)
担当者佐藤 雄一 (※), 長塩 亮 (※)
科目概要2年 (1単位・必修) [医療検査学科]

授業の目的

遺伝子検査学は講義だけでは理解できない部分が相当にある。よって、実習を通して臨床検査技師として必要と思われる遺伝子検査技術(材料の調整法、様々な検査方法)を修得する。さらに、これらの方法の原理などの関連知識も理解する。

教育内容・教育方法

遺伝子検査法に必要な基礎的な技術や実際に使用されている検索方法等を中心に実習する。さらに、免疫染色法、in situ hybridization法も取り入れ、形態と遺伝子異常の関連性を追求する実習も展開する。

授業内容

項目授業内容担当者日時
第1~3回実習の説明
DNA抽出(新鮮材料)
新鮮材料(培養細胞)とホルマリン固定パラフィン包埋材料からのDNA抽出法の1日目の操作(タンパク質分解酵素処理まで)を行う。佐藤 雄一
長塩 亮
9/19③④⑤
第4~6回DNA抽出(ホルマリン固定パラフィン包埋材料)新鮮材料とホルマリン固定パラフィン包埋材料からのDNA抽出法の2日目の操作(エタノール沈殿を用いたDNAの精製)を行い、DNAの濃度を測定する。佐藤 雄一
長塩 亮
9/20③④⑤
第7~9回DNAの切断
電気泳動
抽出したDNAを制限酵素を用いて切断する。
切断したDNAと未処理のDNAを用いてアガロース電気泳動を行い、泳動パターンの比較を行う。
佐藤 雄一
長塩 亮
9/24③④⑤
第10~12回PCR法(β-globin遺伝子)抽出したDNAを用いてPCR法での増幅を行う。PCR産物をアガロースゲル電気泳動を行い、増幅の程度を確認する。佐藤 雄一
長塩 亮
9/25③④⑤
第13~15回PCR法(免疫グロブリン重鎖遺伝子の再構成バンドの検出)抽出したDNAを用いて、免疫グロブリン重鎖(IGH)遺伝子の再構成バンドをPCR法により確認する。佐藤 雄一
長塩 亮
9/26③④⑤
第16~18回RNA抽出新鮮材料(ヒト癌細胞株とマウス肝組織)からのRNAの抽出を行う。抽出したRNAは変性アガロースゲルを用いて電気泳動を行い、泳動パターンを比較する。佐藤 雄一
長塩 亮
9/27③④⑤
第19~21回免疫染色法(1日目)ホルマリン固定パラフィン包埋細胞・組織の切片を用いて免疫染色法の1日目の作業(抗原性の賦活化、1次抗体との反応まで)を行う。佐藤 雄一
長塩 亮
10/1③④⑤
第22~24回免疫染色法(2日目)
顕微鏡での観察とスケッチ
免疫染色の2日目の作業(2次抗体、発色操作)を行う。
免疫染色した切片を304実習室にて顕微鏡で観察しスケッチを行う。
佐藤 雄一
長塩 亮
10/2③④⑤
第25~27回in situ hybridization法
顕微鏡での観察とスケッチ
ホルマリン固定パラフィン包埋組織を用いたin situ hybridization法の作業を行い、ウィルスRNAの発現を検出する。
in situ hybridization法で染めた切片を304実習室にて顕微鏡で観察しスケッチを行う
佐藤 雄一
長塩 亮
10/3③④⑤
第28~30回片づけ・実習試験実習で使用した器具類の片付けを行う。
実習で習った原理や手技の習得の確認のため実習試験を行う。
佐藤 雄一
長塩 亮
10/4③④⑤

到達目標

遺伝子検査学実習で行った手技について具体的に説明できる。遺伝子検査に関する実験を実施し、その結果を判断して評価できる。班員と協力し実験を遂行できる。

評価基準

各実験毎に作成する実習レポート(60%)と、実習で行った項目全体に関する実習試験(40%)で評価する。

準備学習等(予習・復習)

実習内容について、予め実習テキスト・参考書で予習を行い、実習内容を理解して当日の実習に臨むこと。実習の最終日には実習内容に関する実習試験を行うので、実習後は速やかにレポートの作成に努め、実習内容をより深く理解するため復習しておくこと。

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書遺伝子検査学実習書佐藤雄一、長塩 亮(著)北里大学医療衛生学部編
参考書遺伝子・染色体検査学奈良信雄医歯薬出版
参考書遺伝子検査学菅野剛史、松田信義医学書院
参考書DNA診断臨床検査技術古泉快夫講談社サイエンティフィック