卒業研究Graduation Thesis
科目責任者鈴木 恵子 (※)
担当者石坂 郁代 (※), 堀口 利之 (※), 佐野 肇 (※), 東川 麻里 (※), 鈴木 恵子 (※), 原 由紀 (※), 秦 若菜 (※), 村上 健 (※), 水戸 陽子 (※), 研究委員
科目概要4年 (4単位・必修) [リハビリテーション学科 言語聴覚療法学専攻]

授業の目的

言語聴覚療法学の各臨床領域を研究的な観点で捉え直し、学術的な検討の基礎を学ぶことを通じて、言語聴覚士として生涯学習に取り組む基礎的な素養を身につける

教育内容・教育方法

言語聴覚療法学の専門領域の中から研究テーマを設定し、関連する重要な学術論文を読み、抄読レポートを作成する
この過程で、研究テーマの選び方、関連する文献検索の方法と実際、文献の読み方、論文の書き方、プレゼンテーションの方法を学ぶ

授業内容

項目授業内容担当者日時
第1回研究倫理研究活動における不正行為への対応等に関するガイドラインについて学ぶ (4/1④)研究委員
第2回オリエンテーション卒業研究の進め方について概要を理解する (4/3①)
鈴木 恵子
第3回臨床研究概論クリニカルクエスチョンをもつための視点、先行研究を検索し適切な抄録レポートを作成する意義等、研究的観点の基礎を学ぶ (4/3②)鈴木 恵子
第4~5回テーマの設定研究テーマを選ぶために、文献を検索し、先行研究に関して概要を把握する (4/3~4/4)鈴木 恵子
石坂 郁代
佐野 肇
堀口 利之
東川 麻里
原 由紀
村上 健
秦 若菜
水戸 陽子
第6回文献の読み方学術論文の基本的な構成を知り、批判的な観点で読み込むための方法を学ぶ (4/5③)堀口 利之
第7~10回文献の選定抄読レポート作成の準備として、研究テーマに沿った重要な先行文献を複数抽出する (4/5~4/11)鈴木 恵子
石坂 郁代
佐野 肇
堀口 利之
東川 麻里
原 由紀
村上 健
秦 若菜
水戸 陽子
第11回研究法基礎研究法の種類、研究法の基礎を学ぶ (4/12①)佐野 肇
第12~14回文献を読み込む研究テーマに沿って抽出した複数の学術論文を読み、概要を捉える (4/12~4/18)鈴木 恵子
石坂 郁代
佐野 肇
堀口 利之
東川 麻里
原 由紀
村上 健
秦 若菜
水戸 陽子

第15回学術研究におけるプレゼンテーションの基礎学術研究におけるプレゼンテーションの方法について学ぶ (4/19①)原 由紀

第16~20回抄読レポートの作成1と発表準備最重要論文を中心に抄読レポートを作成し、口頭発表(プレゼンテーション)の準備を行う (4/19~4/22)鈴木 恵子
石坂 郁代
佐野 肇
堀口 利之
東川 麻里
原 由紀
村上 健
秦 若菜
水戸 陽子

第21~22回中間報告・口頭試問抄読レポートに関してプレゼンテーションを行い、口頭試問を受け、理解を確認し、修正の指針を学ぶ (4/24)鈴木 恵子
石坂 郁代
佐野 肇
堀口 利之
東川 麻里
原 由紀
村上 健
秦 若菜
水戸 陽子

第23~27回抄読レポートの作成2セミナーの結果を基に、抄読レポートを修正し仕上げる (4/25以降)鈴木 恵子
石坂 郁代
佐野 肇
堀口 利之
東川 麻里
原 由紀
村上 健
秦 若菜
水戸 陽子

第28~30回最終セミナー卒業研究全体を振り返り、研究における重要事項を確認し、成果を共有する (4/25以降)鈴木 恵子
石坂 郁代
佐野 肇
堀口 利之
東川 麻里
原 由紀
村上 健
秦 若菜
水戸 陽子

※授業日時は「授業内容」の文末に記載しております。
 第1・2・3・6・11・15回は日時は確定です。
 その他の日程については、おおよその日程を記載しておりますので、詳細に関しては、調整次第速やかに明示します。

到達目標

研究テーマに応じて適切な学術論文を選択し、抄読レポートを作成する
当該テーマに関して考察を深め、抄読に基づき分かり易いプレゼンテーションができる
当該テーマとその研究に関する知識を基に、口頭試問に適切に応じることができる

評価基準

段階的に課される課題の実施状況、抄読レポートの内容、プレゼンテーション・口頭試問の成績、セミナーへの参加状況を総合して評価する

準備学習等(予習・復習)

各回ごとに示される課題を必ず終了した上で、次回の講義に臨む

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書言語障害の研究入門-はじめての研究、そして発表まで-伊藤元信 著協同医書出版社
参考書特になし