臨床実習IIClinical Practice II
科目責任者原 由紀 (※)
担当者堀口 利之 (※), 佐野 肇 (※), 石坂 郁代 (※), 東川 麻里 (※), 鈴木 恵子 (※), 原 由紀 (※), 秦 若菜 (※), 村上 健 (※), 水戸 陽子 (※)
科目概要4年 (12単位・必修) [リハビリテーション学科 言語聴覚療法学専攻]

授業の目的

 言語聴覚障害に関する基礎的な知識・技術をもとに、臨床の現場で、指導者の指示に従って、言語臨床を実践し、言語聴覚士として必要な態度・知識・技術を身に付ける。

教育内容・教育方法

 各学生が2つの実習施設に出向し、臨床実習指導者のもと、対象者の評価から治療にいたる言語聴覚療法を体験する。
 対象者・家族・他職種のスタッフに対して、職業人としての適切な態度で接する。

授業内容

項目授業内容担当者日時
1オリエンテーション臨床実習の目的を理解し、必要な準備を行う原 由紀
東川 麻里
4/15①②
2臨床実習1期臨床実習指導者のもと,臨床場面における実習を通じ、対象者との接し方、評価計画立案と実施、訓練・支援計画の立案と実施、報告書の作成について学習する。石坂 郁代
鈴木 恵子
東川 麻里
秦 若菜
村上 健
原 由紀
5/13調整
3セミナー臨床実習の実習内容を報告する。石坂 郁代
鈴木 恵子
東川 麻里
秦 若菜
村上 健
佐野 肇
堀口 利之
7/18①②
4臨床実習2期臨床実習指導者のもと,臨床場面における実習を通じ、対象者との接し方、評価計画立案と実施、訓練・支援計画の立案と実施、報告書の作成について学習する。石坂 郁代
鈴木 恵子
秦 若菜
東川 麻里
水戸 陽子
村上 健
原 由紀
8/5調整
5セミナー臨床実習で学んだ内容を報告する石坂 郁代
鈴木 恵子
東川 麻里
村上 健
水戸 陽子
秦 若菜
原 由紀
佐野 肇
堀口 利之
10/8③④

2019年5月13日~10月5日までの期間中の4~8週を1クールとし、2クール実施

到達目標

1.言語聴覚士として適切な姿勢と態度で、対象者・その家族・関連職種のスタッフと接することができる。
2.臨床場面に参加し、対象者の抱える種々の問題を認識し、言語聴覚療法の目的と概略を理解できる。
3.言語聴覚士の行う評価・訓練・指導・援助の補助を行うことができる。
4.対象者の評価計画を立案し、対象者の状態に配慮しながら実施できる。
5.対象者の訓練目標と計画を立案できる。
6.対象者の状態に配慮しながら、計画に従って訓練・指導・援助を実施できる。
7.客観的観察に基づき、的確に記録し、報告できる。
8.セミナーで、実習の報告ができる。

評価基準

 大学指定の評価用紙を用いる。2施設の実習評価とセミナーの内容を総合して評価する。

準備学習等(予習・復習)

 3年次までに学習した知識を整理し、活用できるようにしておく。
 基本的な検査法等を扱えるように、準備し、習熟しておく。
 典型的な症例についての評価の立案と実施、訓練の立案と実施ができるようにしておく。
 臨床実習先について、事前に調査し、必要な準備をしておく。 

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書言語聴覚士のための臨床実習テキスト 成人編深浦順一・藤田郁代 編著建帛社
教科書言語聴覚士のための臨床実習テキスト 小児編深浦順一・内山千鶴子 編著建帛社
参考書(なし)