補聴器・人工内耳(実習含)Fundamentals of Hearing Aids and Cochlear Implant (Practice included)
科目責任者佐野 肇 (※)
担当者佐野 肇 (※), 鈴木 恵子 (※), 原 由紀 (※), 村上 健 (※)
科目概要3年 (2単位・必修) [リハビリテーション学科 言語聴覚療法学専攻]

授業の目的

 補聴機器に関する基本的な知識を習得する。補聴器を適切に選択し、その効果を評価することができるようになる。人工内耳について基本的な知識を習得する。

教育内容・教育方法

 補聴器の種類、特徴、特性測定、フィッティング方法、補聴効果の評価法、補聴補助機器に関する知識と実践、人工内耳に関する知識を学ぶ。

授業内容

項目授業内容担当者日時
1・2回補聴器の種類と特性補聴器の種類と構造、音響特性とその測定について学ぶ。佐野 肇
4/12③④
3回補聴器の種類と特性カップリングシステムの意義と活用、補聴器の挿入利得・ファンクショナルゲインを学ぶ。佐野 肇
4/12⑤
4・5回補聴器実習補聴器の組立て(自作)実習を行う。佐野 肇
村上 健
4/19③④
6~8回補聴器実習補聴器の特性検査実習を行う。佐野 肇
鈴木 恵子
原 由紀
村上 健
4/26③④⑤
9・10回補聴器実習補聴器調整の擬似学習を行う。原 由紀
村上 健
5/10①②
11回補聴器のフィッティング成人の補聴器フィッティングについて学ぶ。佐野 肇
5/17③
12・13回補聴器実習耳型採取実習を行う。佐野 肇
村上 健
5/17④⑤
14・15回補聴器実習装用効果の評価法実習(特殊な補聴器)を行う。佐野 肇
原 由紀
村上 健
5/24③④
16・17回小児の補聴器フィッティング小児の補聴器フィッティングについて学ぶ。
装用効果の評価・管理について学ぶ。
原 由紀
5/31③④
18・19回補聴器実習装用効果の評価法実習(実耳測定)を行う。佐野 肇
村上 健
6/7③④
20回人工内耳人工内耳の原理と特徴について学ぶ。佐野 肇
6/14③
21回人工内耳人工内耳の適応と評価について学ぶ。佐野 肇
6/14④
22~24回補聴器のフィッティング
補聴器実習
デジタル・ノンリニア補聴器の機能と特徴を学ぶ。デジタル補聴器実習を行う。佐野 肇
6/21③④⑤
25回補聴器実習補聴援助システムの実習、装用効果の評価実習の準備を行う。鈴木 恵子
原 由紀
村上 健
6/25③
26・27回補聴器実習ワイヤレス補聴援助システムの装用評価実習を行う。鈴木 恵子
原 由紀
佐野 肇
村上 健
6/28③④
28~30回補聴器実習装用効果の評価法実習(症例対応)を行う。佐野 肇
鈴木 恵子
原 由紀
村上 健
7/9③④⑤

到達目標

 難聴者の聴力とニーズに合う補聴器を選択し、その調整と補聴効果の評価が行えるようになる。人工内耳の基本的な構造、しくみを説明できる。

評価基準

 定期試験、実習レポート、講義・実習での態度により評価。

準備学習等(予習・復習)

 小テストで間違えた箇所を中心に復習し、理解が不十分であった点を補っておくこと。講義の内容をよく理解して実習に参加すること。

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書
参考書補聴器のフィッティングと適用の考え方小寺一興診断と治療社、2017
参考書臨床家のためのデジタル補聴器入門テオドア・ベネマ著 中川辰雄訳海文堂出版 2008