吃音学(実習含)Stuttering (Practice included)
科目責任者原 由紀 (※)
担当者原 由紀 (※), 安田 菜穂 (※), 吉澤 健太郎 (※)
科目概要3年 (2単位・必修) [リハビリテーション学科 言語聴覚療法学専攻]

授業の目的

 吃音の臨床に必要な理論的基礎を理解し、最新の研究について知る。
 吃音の評価、リハビリテーションに必要な基本的技術を習得する。

教育内容・教育方法

 吃音を理解するための理論的基礎・研究の歴史を学ぶ。
 吃音に関する評価法・指導法の理論と実技に関し、必要な知識を習得する。
 少人数グル-プによるロールプレイなどを行いながら、実践的な教育を行う。

授業内容

項目授業内容担当者日時
1回概要吃音の定義・鑑別診断について学ぶ原 由紀
4/4①
2・3回理論的背景吃音の理論について学ぶ原 由紀
4/4②
4/11①
4回理論的背景遅延聴覚フィードバックを体験する原 由紀
4/11②
5・6回評価吃音の包括的評価について学ぶ原 由紀
4/18①②
7・8回評価吃音症状の評価を実習する原 由紀
4/25①②
9・10回指導幼児の吃音に対する評価・指導について学び実習する原 由紀
5/9①②
11・12回指導幼児の吃音に対する指導について学び実習する原 由紀
5/16①②
13・14回指導
学齢期吃音に対する指導について学び実習する原 由紀
5/23①②
15・16回指導学齢期吃音に対する指導について学び実習する原 由紀
5/30①②
17・18回鑑別診断クラタリング・合併を伴う吃音について学ぶ原 由紀
6/6①②
19回評価と指導成人の吃音に対する評価と指導について学ぶ吉澤 健太郎
6/13①
20回吃音のある方の実際当事者の体験から学ぶ吉澤 健太郎
6/13②
21・22回評価と指導成人の吃音に対する評価と指導について学び実習する安田 菜穂
6/20①②
23・24回評価と指導成人の吃音に対する評価と指導について学び実習する安田 菜穂
6/27①②
25・26・27回指導実習吃音臨床の実際について実習する(小児編)原 由紀
7/5③④⑤
28・29・30回指導実習吃音臨床の実際について実習する(成人編)原 由紀
吉澤 健太郎
7/11①②③

到達目標

 吃音のある児者の抱える問題を理解し、評価・訓練・カウンセリング・周囲への環境調整を実施できる。

評価基準

 授業態度・提出物・定期試験により総合的に評価する。

準備学習等(予習・復習)

 1、2年次に履修した関連科目を復習し、基礎的な事項を講義毎に確認、予習しておくこと。
 吃音に関連する書籍、ビデオなどを1作品以上視聴しておくこと。

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書発声発語障害学 第2版藤田郁代他医学書院
参考書吃音の基礎と臨床 -統合的アプローチーバリー・ギター作 長澤泰子監訳学苑社
参考書吃音の発声・発音練習帳安田菜穂・吉澤健太郎著学苑社
参考書成人吃音とともに-文章と写真と映像で、吃音を考えるー北川敬一 作学苑社
参考書吃音のある学齢児のためのワークブックリサ・スコット作 長澤泰子監訳学苑社
参考書吃音のリスクマネージメント菊池良和 作学苑社