音声障害学(実習含)Voice Disorders (Practice included)
科目責任者堀口 利之 (※)
担当者堀口 利之 (※), 村上 健 (※), 秦 若菜 (※), 太田 時夫
科目概要3年 (2単位・必修) [リハビリテーション学科 言語聴覚療法学専攻]

授業の目的

発声に関わる器官と発声のメカニズム、及び音声障害の原因となる疾病、音声障害の病態について理解する。

教育内容・教育方法

理論的基礎と臨床技術の獲得のために、模型や視聴覚教材を用いた授業で音声障害学の理論的基礎を学ぶ。

授業内容

項目授業内容担当者日時
第1・2回音声障害の臨床概論臨床のアウトラインと考え方
声を多角的に据え障害を考える
秦 若菜
4/4③④
第3回発声の生理的機序と障害正常音声生成の条件と調節及び障害の発生機序を学ぶ堀口 利之
4/11③
第4回喉頭の病変と医科的検査喉頭の器質的変化と医科的検査を学ぶ堀口 利之
4/11④
第5回喉頭の医科的治療1医科的治療の種類と方法について学ぶ堀口 利之
4/18③
第6回喉頭の医科的治療2外科的手法について学ぶ堀口 利之
4/18④
第7・8回音声障害の臨床臨床の基礎的考え方と臨床の手順
音声障害の症状について学ぶ
聴覚印象的特徴と音響的特徴について学び実習する[実習]
秦 若菜
4/25③④
第9回声の特性1発声の音響的特徴について学ぶ1[実習]村上 健
堀口 利之
5/9③
第10回声の特性2発声の音響的特徴について学ぶ2[実習]村上 健
堀口 利之
5/9④
第11・12回音声障害の検査・評価1音声障害の情報収集と音声検査について学び実習する[実習]秦 若菜
村上 健
5/14①②
第13回音声障害の検査・評価2音声障害の情報収集と音声検査の実技試験
[実習]※
堀口 利之
村上 健
秦 若菜
5/16③④
第14回声の衛生声の衛生の目的と対象、声の衛生指導の実際について学ぶ[実習]秦 若菜
5/23③
第15・16回音声訓練1・2種々の音声訓練手法について学ぶ[実習]村上 健
5/30③④
第17・18回音声訓練3・4典型的な症例への訓練プログラムを学び、実習する[実習]秦 若菜
6/6③④
第19・20回無喉頭音声1・2障害の本質と臨床アウトライン、チームワークについて学ぶ
医科学的治療(喉頭摘出手術、放射線治療等)について学ぶ
堀口 利之
6/13③④
第21・22回無喉頭音声3・4評価と診断(情報収集・検査結果・評価)について学び実習する[実習]村上 健
6/20③④
23・24回音声訓練5・6訓練の実際について学び実習する[実習]秦 若菜
6/25①②
第25回無喉頭音声5診断、無喉頭音声の選択、訓練について学び実習する[実習]村上 健
堀口 利之
7/4③
第26回無喉頭音声6食道発声の訓練:空気摂取・発声について学び実習する[実習]村上 健
7/4④
第27回無喉頭音声7
無喉頭音声の優れた使用法について学び実習する[実習]太田 時夫
7/11④
第28回無喉頭音声8気管・食道瘻音声の訓練について学び実習する[実習]村上 健
堀口 利之
7/17②
第29・30回音声訓練7・8臨床場面を見学して記録を作成する[実習]秦 若菜
7/18③④

※ 5/16③④のうち1回出席

到達目標

1.発声メカニズムを説明できる。
2.音声障害の原因と症状を説明できる。
3.音声障害に対する訓練の目的を理解し、訓練法を説明できる。

評価基準

授業および実習の参加状況(グループディスカッションでの発言や実習における発表等を含む)やレポート、小テスト(30%)
実技試験、定期試験(70%)
欠席は減点する

準備学習等(予習・復習)

1、2年次に履修した関連科目の復習し、基礎的な事項を講義毎に確認、予習しておくこと。

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書標準言語聴覚障害学 発声発語障害学(第2版) 熊倉勇美、今井智子編医学書院、2015
教科書配付資料
参考書新編 声の検査法音声言語医学会編医歯薬出版 2009