構音障害学II(実習含)Motor Speech Disorders II (Practice included)
科目責任者東川 麻里 (※)
担当者東川 麻里 (※), 堀口 利之 (※), 秦 若菜 (※), 村上 健 (※), 清水 忍 (※)
科目概要3年 (2単位・必修) [リハビリテーション学科 言語聴覚療法学専攻]

授業の目的

 運動性構音障害を対象とした言語聴覚療法に必要な知識・技術を身につけるために、運動障害性構音障害の発生機序と病態を理解し、必要な評価・診断・訓練プログラムの立案を行って、基本的な訓練を行うための能力を習得する。

教育内容・教育方法

 運動障害性構音障害の病態、評価・診断方法を学び、訓練プログラムを立案して訓練を行う。

授業内容

項目授業内容担当者日時
1・2回病態の基礎1運動障害性構音障害とは何かを学ぶ東川 麻里
4/9①②
3・4回病態の基礎2医学的評価(脳神経検査)の方法、運動性構音障害の分類と病態を学ぶ [実習]
堀口 利之
4/16①②
5・6回病態の基礎3運動性構音障害の各タイプの発話特徴を学ぶ東川 麻里
4/23①②
7・8回評価・診断1運動性構音障害の評価・診断の方法を学ぶ東川 麻里
5/7①②
9・10回評価・診断2発声発語器官の検査について学ぶ [実習]秦 若菜
5/17①②
11・12回評価・診断3運動性構音障害の評価について学ぶ [実習]東川 麻里
5/21①②
13・14回評価・診断4運動性構音障害の評価・診断の方法について症例を通して学ぶ [実習]東川 麻里
秦 若菜
5/28①②
15・16回治療・訓練1運動性構音障害の治療の考え方を学ぶ東川 麻里
6/11①②
17・18回治療・訓練2
構音器官・構音に対するアプローチについて学ぶ秦 若菜
6/14①②
19・20回治療・訓練3AACについて学ぶ秦 若菜
6/21①②
21・22回治療・訓練4運動障害の評価と治療、起居移動動作の介助方法とポジショニングについて学ぶ [実習]
清水 忍
7/1③④
23・24回治療・訓練6問題点の抽出の方法について症例を通して学ぶ [実習]東川 麻里
秦 若菜
7/9①②
25・26回治療・訓練7訓練プログラムの立案の方法について症例を通して学ぶ [実習]秦 若菜
7/12③④
27・28・29回治療・訓練8ロールプレイを行って訓練方法を学ぶ [実習]東川 麻里
村上 健
秦 若菜
10/17③④⑤
30回治療・訓練9まとめ東川 麻里
村上 健
秦 若菜
10/24⑤

到達目標

 運動性構音障害を分類してそれぞれの症状を理解できる。適切な評価を行って問題点を抽出し、訓練プログラムを立案することができる。基本的な訓練を行うことができる。症例のレポートを作成することができる。

評価基準

 定期試験(60%)、レポート(30%)、小テスト、授業・実習への参加など(10%)。授業・実習の欠席は減点となる。

準備学習等(予習・復習)

 1、2年次に履修した関連科目の内容を再学習しておくこと。
 課題となったレポートを提出して、修正すべき箇所は見直して完成させておくこと。

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書言語聴覚士のための運動障害性構音障害 第1版第6刷廣瀬肇、柴田貞雄、白坂康俊著医歯薬出版、2005
参考書運動性発話障害の臨床 小児から大人までYorkston,K.M.他著、伊藤元信、西尾正輝監訳インテルナ出版、2004