言語発達障害学実習Practice of Child Language Disorders
科目責任者石坂 郁代 (※)
担当者石坂 郁代 (※), 榊原 七重 (※), 水戸 陽子 (※)
科目概要3年 (3単位・必修) [リハビリテーション学科 言語聴覚療法学専攻]

授業の目的

 言語発達障害児の言語およびコミュニケーションの症状について、観察・評価・言語病理学的診断・指導の一連のプロセスを学び、具体的な指導プログラムを作成して実施する。さらに臨床場面を見学して知識と実践を結びつけることを学ぶ。

教育内容・教育方法

 さまざまな検査の施行方法を実習する。その上で各障害の具体的指導法を身につける。次に、病院における臨床場面の見学を通して、基本情報の収集、初診時まとめ、訓練見学時の記録、全体的まとめを含むケースレポートを作成する。これらを踏まえた上で、言語発達の各期毎にロールプレイを行う。ロールプレイでは、提示された事例について、言語およびコミュニケーションの状態、知的発達や対人関係などについて総合的にまとめ、模擬指導場面を設定して、面接や指導のロールプレイを行う。以上の内容をグループ学習や視聴覚教材を用いて多面的に学ぶ。

授業内容

項目授業内容担当者日時
1回オリエンテーション
評価・診断総論
1年間の授業の進め方を説明する。
言語発達障害児へのSTの関わり方について学ぶ。
石坂 郁代
4/3③
2~4回全体発達検査(1)
全体発達をみる質問紙検査について学ぶ。石坂 郁代
4/10③④⑤
5~7回全体発達検査(2)
新版K式発達検査について学ぶ。石坂 郁代
4/17③④⑤
8~10回知能検査(1)田中ビネー知能検査Ⅴについて学ぶ。(1)石坂 郁代
5/8③④⑤
11~13回知能検査(2)田中ビネー知能検査Ⅴについて学ぶ。(2)石坂 郁代
5/15③④⑤
14~16回知能検査(3)
WISC-Ⅳ知能検査について学ぶ。石坂 郁代
5/22③④⑤
17~19回知能検査(4)
WPPSI-Ⅲ知能検査について学ぶ。石坂 郁代
5/29③④⑤
20~22回言語・コミュニケーション検査(1)PVT-R・質問-応答関係検査・ITPA について学ぶ。石坂 郁代
6/5③④⑤
23~25回言語・コミュニケーション検査(2)LCスケール・LCスケール学童版について学ぶ。石坂 郁代
6/12③④⑤
26~28回言語・コミュニケーション検査(3)国リハ式s-s法言語発達遅滞検査について学ぶ。(1)石坂 郁代
6/26③④⑤
29~31回言語・コミュニケーション検査(4)国リハ式s-s法言語発達遅滞検査について学ぶ。(2)石坂 郁代
7/2③④⑤
32・33回自閉症スペクトラム障害の検査自閉症スペクトラム障害のコミュニケーションの検査について学ぶ。石坂 郁代
7/3③④
34・35回学習・認知の検査学習障害の認知機能検査について学ぶ石坂 郁代
7/10③④
36・37回授業のまとめと総復習授業のまとめと総復習を行う石坂 郁代
7/16①②
38・39回視知覚認知機能の評価視知覚認知機能の発達と評価について学ぶ。榊原 七重
7/19①②
40回見学実習とロールプレイのオリエンテーション見学実習の進め方を学ぶ。(オリエンテーション,基本情報の取り方など)石坂 郁代
水戸 陽子
9/3③
41・42回臨床実習の基礎(1)観察記録の取り方を学ぶ。
観察記録から症例時の状態を学ぶ。
石坂 郁代
水戸 陽子
9/3④⑤
43・44回臨床実習の基礎(2)さまざまな指導法(インリアル,行動療法,認知発達指導等)について学ぶ。石坂 郁代
9/4①②
45・46回臨床実習の基礎(3)指導プログラムの立て方を学ぶ。石坂 郁代
水戸 陽子
9/6①②
47~49回臨床実習の基礎(4)見学実習のレポートの書き方を,実際の指導場面を通じて学ぶ。石坂 郁代
水戸 陽子
9/10③④⑤
50~55回臨床見学実習臨床をDVDで視聴し,見学実習レポートを作成する(DVDによる臨床場面の見学時間を含む)。石坂 郁代
水戸 陽子
9/11①②
9/18①②
9/25①②
56~73回DVD見学および実習レポート作成
ロールプレイ準備
DVDを見て見学実習後のレポートを作成する。
ロールプレイの準備を行う。
石坂 郁代
水戸 陽子
9/13①②
9/17③④⑤
9/18③④⑤
9/20①②
9/24③④⑤
9/25③④⑤
9/27①②
74・75回ロールプレイ準備ロールプレイの準備を行う。石坂 郁代
水戸 陽子
10/2①②
76~78回ロールプレイ(1)
小児の言語発達障害の事例を想定してロールプレイを行う。石坂 郁代
水戸 陽子
10/2③④⑤
79・80回ロールプレイ準備ロールプレイの準備を行う。石坂 郁代
水戸 陽子
10/9①②
81~83回ロールプレイ(2)小児の言語発達障害の事例を想定してロールプレイを行う。石坂 郁代
水戸 陽子
10/9③④⑤
84・85回ロールプレイ準備ロールプレイの準備を行う。石坂 郁代
水戸 陽子
10/16①②
86~88回ロールプレイ(3)小児の言語発達障害の事例を想定してロールプレイを行う。石坂 郁代
水戸 陽子
10/16③④⑤
89・90回授業のまとめ授業のまとめを行う。石坂 郁代
水戸 陽子
10/18①②

※ 見学実習の日程は決まり次第連絡する。また、予定変更もありうる。

到達目標

1.各検査の目的と施行方法を理解した上で、一部施行することができる。
2.呈示された事例について、与えられた情報に基づいて、言語発達の評価をまとめることができる。
3.見学実習の事例について、基本情報と評価および見学記録をまとめることができる。(グループ学習)
4.評価に基づいて指導目標と指導プログラムの一部を作成し、ロールプレイが行える。(グループ学習)

評価基準

 検査まとめレポート(5%)、ロールプレイの実践とレポート(5%)、見学実習のケースレポート(5%)、定期試験(85%)で総合的に評価する。欠席は減点する。

準備学習等(予習・復習)

教科書を利用して、講義内容の予習を行っておくこと。検査の施行方法に習熟し、授業後に復習をしておくこと。
後期の見学実習およびロールプレイの前後は、グループワークによる情報収集や見学記録のまとめ、ロールプレイの準備などが必要である。これらを予習・復習とみなし、見通しを立てて行動すること。

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書言語聴覚士のための言語発達障害学(第2版)石田宏代・石坂郁代編医歯薬出版株式会社(2016)
参考書言語発達障害学(第2版)玉井ふみ・深浦順一編医学書院(2015)
参考書言語発達遅滞の言語治療 改訂第2版小寺富子著診断と治療社(2009)
参考書新編 言語治療マニュアル伊藤元信・笹沼澄子編医歯薬出版株式会社(2002)
参考書コミュニケーション障害の臨床1-言語発達遅滞日本聴能言語士協会編協同医書出版株式会社(2001)
参考書ことばの障害の評価と指導大石敬子編大修館書店(2001)
参考書言語聴覚療法技術ガイド深浦順一編文光堂(2014)