失語・高次脳機能障害学Aphasia and Higher Brain Dysfunction
科目責任者東川 麻里 (※)
担当者東川 麻里 (※), 秦 若菜 (※)
科目概要3年 (3単位・必修) [リハビリテーション学科 言語聴覚療法学専攻]

授業の目的

 失語・高次脳機能障害に対する言語聴覚療法の理解を深めるために、高次脳機能障害とは何かを学び、失語症の分類・症状を知り、失語症の鑑別診断の方法を習得する。

教育内容・教育方法

 失語・高次脳機能障害について、神経心理学的見地から学び、失語症の鑑別診断検査といくつかの重要な掘り下げ検査を学ぶ。

授業内容

項目授業内容担当者日時
1・2回総論 高次脳機能障害高次脳機能障害とは何か。講義で学ぶ障害の概念や種類を整理する東川 麻里
4/3①②
3・4回総論 失語症失語症とは何か。講義で学ぶ障害の概念や種類を整理する東川 麻里
4/8③④
5・6回失語症1失語症の古典分類を学ぶ東川 麻里
4/10①②
7・8回失語症2失語症の症状を学ぶ東川 麻里
4/15③④
9・10回失語症3失語症の症状群を学ぶ1東川 麻里
4/17①②
11回失語症の評価・診断2失語症の評価と診断の流れを学ぶ東川 麻里
4/22③
12回失語症の評価・診断1初回面接について学ぶ(情報収集・情報提供) [実習]秦 若菜
4/22④
13回失語症の評価・診断3 失語症の検査の概要を学ぶ
標準失語症検査(SLTA)について[実習]
秦 若菜
4/24①
14回失語症の評価・診断4標準失語症検査(SLTA)を実習を通して学ぶ [実習]秦 若菜
4/24②
15・16回失語症の評価・診断5標準失語症検査(SLTA)を実習を通して学ぶ [実習]秦 若菜
5/8①②
17回失語症4失語症の症候群を学ぶ2東川 麻里
5/13③
18・19回失語症の評価・診断6
標準失語症検査(SLTA)を実習を通して学ぶ [実習]秦 若菜
5/20③④
20・21回失語症の評価・診断7
WAB失語症検査、失語症鑑別診断検査・掘り下げ検査(構文検査、トークンテスト等)について学ぶ [実習]秦 若菜
5/22①②
22・23回失語症の評価・診断8WAB失語症検査、失語症鑑別診断検査・掘り下げ検査(構文検査、トークンテスト等)について学ぶ [実習]秦 若菜
5/27③④

到達目標

 高次脳機能障害とは何か、その概要を理解することができる。失語症の分類と症状を理解することができる。失語症の鑑別診断検査といくつかの掘り下げ検査を実施することができて、その結果を解釈することができる。

評価基準

 定期試験(60%)、レポート(30%)、小テスト・授業の参加など(10%)。授業の欠席は減点とする。

準備学習等(予習・復習)

 2年次の高次脳機能学の復習をしておく。
 課題となったレポートを提出し、修正すべき箇所は見直して完成させておくこと。
 疑問点は質問し、わからないままにしないこと。

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書標準言語聴覚障害学 失語症学 第2版藤田郁代、立石雅子 編医学書院、2015
教科書標準言語聴覚障害学 高次脳機能障害学 第2版藤田郁代、関啓子 編医学書院、2015
教科書言語聴覚士のための失語症学波多野和夫ほか 著医歯薬出版、2002
教科書失語症言語治療の基礎紺野加奈江 著診断と治療社、2007
参考書脳血管障害と神経心理学 第2版平山惠造、田川皓一 編医学書院、2013
参考書高次脳機能障害学 第2版石合純夫 著医歯薬出版、2012
参考書脳を学ぶ 「ひと」がわかる生物学森岡周 著協同医書出版、 2008