構音障害学I(実習含)Articulation and Phonological Disorders I (Practice included)
科目責任者鈴木 恵子 (※)
担当者堀口 利之 (※), 鈴木 恵子 (※), 村上 健 (※), 水戸 陽子 (※)
科目概要2年 (3単位・必修) [リハビリテーション学科 言語聴覚療法学専攻]

授業の目的

器質性および機能性構音障害についての基本的な理解を促し、臨床に必要な理論的基礎と臨床における基本的な知識と技術を教授する。

教育内容・教育方法

講義と実習を通じて、器質性および機能性構音障害について段階的に理解を深め、その評価法や訓練法について理論的、かつ実践的に習得できるよう教授する。視聴覚教材、ロールプレイ、グループワーク等を活用する。

授業内容

項目授業内容担当者日時
第1回構音障害学への導入講義の概要を知る。話しことば、構音(定義、発声・構音・共鳴の関係、子音と母音の特性ほか)、およびその障害について概念を理解する。鈴木 恵子
7/4③
第2回構音障害総論構音障害の理論的基礎を学ぶ(障害の概念、分類法、評価と訓練の考え方等)。鈴木 恵子
7/4④
第3回正常な構音機能・構音動態の観察1 [実習]日本語の音声と音韻について知る。さらに、正常な語音の動態を観察し理解する。①視診による観察を行う。(グループ分けによる実習)鈴木 恵子
7/4⑤
第4回音韻の発達 1音韻発達に関する研究と基礎的な理論について学ぶ。鈴木 恵子
7/11③
第5回正常な構音機能・構音動態の観察2[実習]正常な語音の動態を観察し理解する。②機器による観察を行う。(グループ分けによる実習)鈴木 恵子
7/12①
第6回構音障害の評価 1構音障害の発現に関わる要因(発語器官、聴覚、発達、環境ほか)について学ぶ。鈴木 恵子
7/12②
第7回構音障害の医学的基礎1話しことばの生理学的基礎について学ぶ。堀口 利之
9/2①
第8回構音障害の医学的基礎2発語器官の形態・機能とその評価、診断について学ぶ。堀口 利之
9/2②
第9回語音の聴取と表記1[実習]語音表記の方法(聴取と視察、音声表記による記述)の基本を学び、実習する。 鈴木 恵子
水戸 陽子
9/5②
第10回音韻の発達 2[実習] 音韻発達について基本的な項目を整理し、関連する重要事項を調べ報告する。(グループ分けによる実習)鈴木 恵子
9/6②
第11回音韻の発達 3[実習] 音韻発達について基本的な項目を整理し、関連する重要事項を調べ報告する。(グループ分けによる実習)鈴木 恵子
9/6③
第12回構音障害の評価 2[実習]構音検査法の理論的背景と実施法について学び実習する。(グループ分けによる実習)鈴木 恵子
水戸 陽子
9/9①
第13回構音障害の評価 3[実習]構音検査法の理論的背景と実施法について学び実習する。(グループ分けによる実習)鈴木 恵子
水戸 陽子
9/9②
第14回語音の聴取と表記2[実習]典型的な構音の誤り(置換)の聴取と表記について学び、実習する。(グループ分けによる実習)鈴木 恵子
水戸 陽子
9/12②
第15回器質性構音障害の医学的基礎1構音障害の器質的要因とその医学的基礎について学ぶ。 堀口 利之
9/13①
第16回器質性構音障害の医学的基礎2鼻咽腔閉鎖機能不全に関する疾患(口蓋裂等)の医学的基礎について学ぶ。堀口 利之
9/13②
第17回口蓋裂とその類似疾患2[実習]口蓋裂言語 の基礎(聴覚印象、音響的特徴、動態)について学ぶ。 鈴木 恵子
水戸 陽子
9/19②
第18回構音障害の評価 4[実習]構音検査法の実際(結果のまとめ・治療方針まで)について学び実習する。
(グループ分けによる実習)
鈴木 恵子
水戸 陽子
9/19③
第19回構音障害の評価 5[実習]構音検査法の実際(結果のまとめ・治療方針まで)について学び実習する。(グループ分けによる実習)鈴木 恵子
水戸 陽子
9/19④
第20回発語器官の検査 1[実習]発声発語器官の検査について学ぶ。(グループ分けによる実習)水戸 陽子
村上 健
9/26②
第21回発語器官の検査 2[実習]鼻咽腔閉鎖機能の検査について学ぶ。(グループ分けによる実習)鈴木 恵子
水戸 陽子
9/26③
第22回語音の聴取と表記3[実習]特異な構音の誤り(声門破裂音ほか)の聴取と表記について学び、実習する。(グループ分けによる実習)鈴木 恵子
水戸 陽子
9/26④
第23回構音障害の評価 6構音障害例の総合評価(主訴、情報収集、構音検査、要因の検索、まとめ、治療方針)について学ぶ。鈴木 恵子
水戸 陽子
9/30①
第24回構音障害の評価7[実習]構音障害例の総合評価(事例検討ー事例に基づく実習)鈴木 恵子
水戸 陽子
9/30②
第25回口蓋裂とその類似疾患4口蓋裂言語の総合評価と治療方針の設定について学ぶ。鈴木 恵子
10/3②
第26回口蓋裂とその類似疾患1口蓋裂治療の特性とチームアプローチ、および言語聴覚士の役割について学ぶ。鈴木 恵子
10/3③
第27回構音障害の訓練 1構音訓練の理論的背景と実施の基礎(評価から訓練の立案・実施まで)について学ぶ。鈴木 恵子
10/3④
第28回構音障害の訓練 2[実習]子音の産生訓練とその実際を学ぶ。(グループ分けによる実習)鈴木 恵子
水戸 陽子
10/4②
第29回構音障害の訓練 3[実習]声門破裂音の訓練とその実際を学ぶ。(グループ分けによる実習)鈴木 恵子
水戸 陽子
10/4③
第30回構音障害の訓練 4[実習]口蓋化構音・側音化構音の訓練とその実際を学ぶ。(グループ分けによる実習)鈴木 恵子
水戸 陽子
10/7①
第31回構音障害の訓練 5[実習]鼻咽腔構音の訓練とその実際を学ぶ。(グループ分けによる実習)鈴木 恵子
水戸 陽子
10/7②
第32回構音障害の訓練6[実習]無意味音節から単語・句・短文・文章への展開、会話へのキャリーオーバー、および知覚訓練の実際を学ぶ。(グループ分けによる実習)鈴木 恵子
水戸 陽子
10/21①
第33回総合実習1[実習]評価のまとめ、訓練目標の設定、訓練プログラム立案の実際について学ぶ。(模擬症例、グループ分けによる実習)鈴木 恵子
水戸 陽子
10/21②
第34回総合実習 2[実習]      構音訓練の実際をロールプレイによって学ぶ。(模擬症例、グループ分けによる実習)鈴木 恵子
水戸 陽子
10/24②
第35回総合実習 3[実習]構音訓練の実際をロールプレイによって学ぶ。(模擬症例、グループ分けによる実習)鈴木 恵子
水戸 陽子
10/24③
第36回構音障害の訓練 7器質性構音障害・機能性構音障害の構音訓練-適応と訓練上の留意点-について振り返り、整理する。鈴木 恵子
10/24④
第37回総合実習 4[実習]構音障害の臨床における評価・訓練の記録と報告の方法について学ぶ(カルテ記載を含む)。 鈴木 恵子
水戸 陽子
10/25①
第38回総合実習 5[実習]構音障害の臨床における評価・訓練の記録と報告の実際について学ぶ。鈴木 恵子
水戸 陽子
10/25②
第39回器質性構音障害の医学的基礎3舌・口腔癌等の特徴、医学的治療、術後の機能障害について学ぶ。堀口 利之
10/28①
第40回器質性構音障害の医学的基礎4舌・口腔癌等の評価、治療におけるチームアプローチについて学ぶ。堀口 利之
10/28②
第41回舌等切除後の構音障害 1舌・口腔底・中咽頭・顎切除後の構音の特徴・評価・訓練について学ぶ。鈴木 恵子
10/31②
第42回舌等切除後の構音障害 2
[実習]
舌等切除後構音障害の評価の実際について学び実習する。鈴木 恵子
村上 健
10/31③
第43回舌等切除後の構音障害3
[実習]
舌等切除後構音障害の訓練の実際について学び実習する。鈴木 恵子
村上 健
10/31④
第44回構音の臨床と研究器質性・機能性構音障害に関わる臨床と研究の課題と展望について学ぶ。鈴木 恵子
11/11①
第45回講義のまとめ講義を振り返り重要点を確認する。鈴木 恵子
11/11②

 

到達目標

器質性および機能性構音障害の評価法、訓練法に関する基本的な知識と臨床技術を修得する。

評価基準

定期試験(筆記および実技試験を含む)および受講態度(実習への取り組み状況を含む)により評価
欠席は減点する

準備学習等(予習・復習)

音声学の知識を踏まえて講義を進めるため、音声学について十分な復習をして備えること。
語音、障害音の聴取と表記を習得するために、十分に復習・自習することが必要である。

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書標準言語聴覚障害学 発声発語障害学 第2版熊倉勇美、今井智子医学書院、2015
教科書口蓋裂の言語臨床 第3版岡崎恵子、加藤正子医学書院、2011
参考書