基礎言語聴覚療法学(実習含)Basic Speech, Language and Hearing Pathology (Practice included)
科目責任者秦 若菜 (※)
担当者石坂 郁代 (※), 佐野 肇 (※), 堀口 利之 (※), 原 由紀 (※), 秦 若菜 (※), 村上 健 (※), 水戸 陽子 (※), 見学担当者 (※)
科目概要2年 (1単位・必修) [リハビリテーション学科 言語聴覚療法学専攻]

授業の目的

言語聴覚障害学の基礎科目、専門基礎科目を総合的に理解する。 
言語聴覚療法の対象者の臨床像の理解を深めて、言語聴覚士の役割を理解する。
医療現場で働く他のリハビリテーションスタッフについてチーム医療の観点から理解する。

教育内容・教育方法

言語聴覚療法学に関連する論文を、これまでに学んだ基礎科目、専門基礎科目の知識を用いながら読む。
言語聴覚障害の臨床像について、講義と実習を通じて理解を深める。
言語臨床家として必要な心構えや態度のあり方、コミュニケーションの取り方について考え、学ぶ。

授業内容

項目授業内容担当者日時
1回言語聴覚療法の臨床総論
言語聴覚士が扱う言語臨床業務の概要を学ぶ。特に構音障害についてその臨床像の理解を深める。秦 若菜
9/2③
2回神経系の構造・機能・病態1随意運動の伝導路とその障害について理解を深める。運動麻痺の見方、反射の見方を学ぶ。堀口 利之
9/9③
3回神経系の構造・機能・病態2錐体外路とその障害について理解を深める。パーキンソン病について学ぶ。堀口 利之
9/9④
4回音声障害・構音障害音声障害、構音障害の概要と臨床像について理解を深める。【実習】秦 若菜
9/18③
5回言語聴覚障害学の総括①言語聴覚障害学と基礎科目・専門基礎科目との関連を学ぶ。【実習】石坂 郁代
秦 若菜
村上 健
9/20②
6回コミュニケーション実習コミュニケーションの基本について実習を通して学ぶ。【実習】秦 若菜
9/25③
7回言語聴覚障害学の総括②言語聴覚障害学と基礎科目・専門基礎科目との関連を学ぶ。【実習】石坂 郁代
秦 若菜
村上 健
9/27②
8回高次脳機能障害高次脳機能障害に関する論文を読み、障害の概要と臨床像について理解を深める。【実習】秦 若菜
10/2③
9回聴覚認知障害聴覚認知障害の概要と臨床像について理解を深める。【実習】秦 若菜
10/9③
10回聴覚障害聴覚障害の概要と臨床像について理解を深める。佐野 肇
10/18③
11回見学実習ガイダンス病院見学実習の目的や内容を理解する。【実習】秦 若菜
10/30③
12回患者支援MSWの仕事と言語聴覚士との連携を学ぶ。【実習】秦 若菜
見学担当者
11/6③
13・14回見学実習1北里大学病院リハビリテーション関連部門を見学する。【実習】
(※1)
秦 若菜
見学担当者
12/2①②
12/9①②
12/16①②
15-20回見学実習2北里大学病院言語聴覚療法部門を見学する。【実習】
(※2)
秦 若菜
佐野 肇
原 由紀
村上 健
水戸 陽子
見学担当者
12/6①②③④⑤
12/13①②③④⑤

※1 12/2①②、12/9①②、12/16①②のうち2コマ出席
※2 12/6①~⑤、12/13①~⑤のうち5コマ出席

到達目標

言語聴覚療法学に関連する基礎科目、専門基礎科目の知識を総合的に身につける。 
専門職としての基本的姿勢を身につける。 
医療機関における言語聴覚士・関連職種の臨床を見学し、それぞれの役割を理解できる。

評価基準

授業・実習への参加状況(グループディスカッションでの発言や実習における発表等を含む)【20%】、レポート【20%】、定期試験【60%】。
欠席は減点する。

準備学習等(予習・復習)

言語聴覚障害を持つ方の著書を1冊以上読んでおく。
ボランティア活動などに積極的に参加し、高齢者や幼児・小児、言語聴覚障害を持つ方とコミュニケーションをとる機会を持つ。
提示された論文について、わからない用語を調べておく。

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書言語聴覚士テキスト第3版廣瀬 肇 監修医歯薬出版(2018)
参考書