音響学(実習含)Acoustics (Practice included)
科目責任者鈴木 恵子 (※)
担当者持田 岳美 (※), 鈴木 恵子 (※), 秦 若菜 (※), 村上 健 (※)
科目概要2年 (2単位・必修) [リハビリテーション学科 言語聴覚療法学専攻]

授業の目的

音声のもつ音響的特徴を物理現象的側面から理解することを目標とする。
あらゆる音響現象の基本となる空気振動の伝搬、共鳴現象の観測実験を行い、またコンピュータを用いた音響信号の分析実験に基づいて、種々の音響的特徴を視聴覚的に理解する。

教育内容・教育方法

講義を通じて基本的な内容を学んだうえで、7~8人のグループワークにより、種々の物理音響測定実験やコンピュータを用いた信号処理実験などを行う。

授業内容

項目授業内容担当者日時
第1回概説音響学入門、講義の概要、音響現象の物理的側面と心理的側面の対比について学ぶ持田 岳美
4/11③
第2回物理的音響現象(1.振動、波、音)振動、波、音の発生原理について学ぶ持田 岳美
4/11④
第3回物理的音響現象(2.反射、共鳴、乱流)波の反射、共鳴、乱流について学ぶ持田 岳美
4/18③
第4回物理的音響現象(3.共鳴の観察)教材(弦の振動,気柱の共鳴)を用いて共鳴を視聴覚的に体験する持田 岳美
4/18④
第5回音声生成メカニズム呼吸、発声、構音の各器官の機構について学ぶ持田 岳美
4/25③
第6回音声スペクトル周波数解析、サウンドスペクトログラムについて学ぶ持田 岳美
4/25④
第7回母音、半母音、流音フォルマント、アンチフォルマントの発生原理について学ぶ持田 岳美
5/9③
第8回子音破裂音、摩擦音、破擦音、鼻音の生成原理について学ぶ持田 岳美
5/9④
第9回音節有声/無声音の対比、調音結合について学ぶ持田 岳美
5/16③
第10回韻律(プロソディー)モーラ、シラブル、イントネーション、アクセント、ストレスについて学ぶ持田 岳美
5/16④
第11回音声分析基本周波数やフォルマントの時間パターン特性について学ぶ持田 岳美
5/23③
第12回声道共鳴声道形状と音響共鳴特性との関係について学ぶ持田 岳美
5/23④
第13回デジタル信号処理技術音響信号のデジタル処理の概念について学ぶ持田 岳美
6/6③
第14回音声合成機械やコンピュータによる音声の生成について学ぶ持田 岳美
6/6④
第15回心理的音響現象ピッチや音色の知覚メカニズムについて学ぶ持田 岳美
6/13③
第16回サウンドレベルメータ(実習)種々の音の大きさの測定・比較方法について実習する持田 岳美
村上 健
6/13④
第17回サウンドレベルメータ(実習)種々の音の大きさの測定・比較方法について実習する持田 岳美
村上 健
6/13⑤
第18回音声知覚・生成の相互作用発話運動の制御の仕組み、および音声知覚との関連性について学ぶ持田 岳美
6/20③
第19回音響信号処理(実習)PCソフトウェアを用いた種々の音響信号処理について実習する持田 岳美
6/20④
第20回音響信号処理(実習)PCソフトウェアを用いた種々の音響信号処理について実習する持田 岳美
6/20⑤
第21回音声合成(実習)PCソフトウェアを用いた音声信号の分析・合成の概念について実習する持田 岳美
秦 若菜
6/27③
第22回音声合成(実習)PCソフトウェアを用いた音声信号の分析・合成の概念について実習する持田 岳美
秦 若菜
6/27④
第23回母音の音響分析(実習)日本語の母音の音響分析を行い、その基本的な特性を理解する鈴木 恵子
秦 若菜
7/3③
第24回母音の音響分析(実習)日本語の母音の音響分析を行い、その基本的な特性を理解する鈴木 恵子
秦 若菜
7/3④
第25回子音の音響分析(実習)日本語子音(単音、音節)の音響分析を行い、その基本的な特性を理解する鈴木 恵子
秦 若菜
7/10③
第26回子音の音響分析(実習)日本語子音(単音、音節)の音響分析を行い、その基本的な特性を理解する鈴木 恵子
秦 若菜
7/10④
第27回プロソディーの音響分析(実習)日本語の単語、句、文の音響分析を行い、語アクセント、イントネーションのピッチパタンについて理解する。鈴木 恵子
秦 若菜
7/17③
第28回プロソディーの音響分析(実習)日本語の単語、句、文の音響分析を行い、語アクセント、イントネーションのピッチパタンについて理解する。鈴木 恵子
秦 若菜
7/17④
第29回講義のまとめ振り返り、要点を確認する(過去問題分析含む)持田 岳美
鈴木 恵子
7/18③
第30回講義のまとめ振り返り、要点を確認する(過去問題分析含む)持田 岳美
鈴木 恵子
7/18④

到達目標

音声を含む種々の音の源である空気振動がどのような性質を有しているかを、実験を通じて視聴覚的に捉える。
音響分析手法に関する基礎知識を身につける。

評価基準

定期試験、受講態度(実習への参加状況)およびレポートによって評価
欠席は減点する

準備学習等(予習・復習)

 事前配布資料の予習。

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書言語聴覚士のための音響学今泉 敏医歯薬出版
参考書ゼロから始める音響学青木直史講談社

備考・その他

 各実習項目の詳細については、前もってプリントを配布する