音声言語医学Medicine for Speech and Language Pathology
科目責任者堀口 利之 (※)
担当者堀口 利之 (※)
科目概要2年 (1単位・必修) [リハビリテーション学科 言語聴覚療法学専攻]

授業の目的

コミュニケーション障害の基幹となる音声言語障害の医学的側面の理解を深める。

教育内容・教育方法

発声発語器官の解剖と生理を、実際の臨床に即した見地から学習させ、さらに音声障害、言語障害の概要を理解させる。また、これらの障害と言語聴覚士の関連を学ばせる。

授業内容

項目授業内容担当者日時
第1回概論①きこえとことば−音声言語医学の概論を学ぶ。堀口 利之
10/28③
第2回ことばの生成①神経系の解剖・生理について解説する。堀口 利之
10/29②
第3回ことばの生成②呼吸器系の解剖・生理について解説する。堀口 利之
11/11③
第4回ことばの生成③発声の解剖・生理について解説する。堀口 利之
11/12②
第5回ことばの生成④構音の解剖・生理について解説する。堀口 利之
11/19②
第6回ことばの生成⑤言語音声の性質について解説する。堀口 利之
11/26②
第7回ことばの生成⑥ことばの鎖について解説する。堀口 利之
12/3②
第8回概論②音声言語医学についてのまとめを行う。堀口 利之
12/10②

到達目標

基本的な発声発語器官の構造と機能の理解が深まり、音声言語臨床の対象となる諸疾患のプロフィールが把握できる。

評価基準

講義中の質疑応答、定期試験、レポート・提出物などを総合的に評価する。

準備学習等(予習・復習)

教科書「新ことばの科学入門 第2版」の第Ⅰ部から第Ⅲ部までは事前に読んでおくことが望ましい。
各講義前には当該箇所の予習を、講義後の復習を義務付ける。

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書新ことばの科学入門 第2版G.J. Borden, K.S. Harris & L.J. Raphael : 廣瀬肇訳医学書院
参考書言語聴覚療法―臨床マニュアル日本言語療法士協会編協同医書