解剖学IAnatomy I
科目責任者小畑 秀一
担当者小畑 秀一, 木村 武俊
科目概要1年 (2単位・必修) [リハビリテーション学科 言語聴覚療法学専攻]
1年 (2単位・必修) [リハビリテーション学科 視覚機能療法学専攻]

授業の目的

解剖学 II(2年次前期に開講)の内容と合わせて、人体の正常な構造の基本を理解する。これは、将来、医療や福祉や教育の領域で主体的に活動し、指導的役割を担うための基礎力を身につけることにつながる。

教育内容・教育方法

生体を構成する各器官系のうち、骨格系、筋系、神経系、感覚器系、消化器系の構造についての基本的内容を解説し、生体が営む生命現象のしくみを構造の面から考える。

授業内容

項目授業内容担当者日時
第1回細胞と組織、器官と器官系細胞と組織(4大組織)、器官と器官系について学ぶ。
教科書 p.1〜24 を読んでくること。
小畑 秀一
9/2④
第2回骨格系・筋系(1)
 〜総論〜
骨、関節、筋の構造についての総論的内容を学ぶ。
教科書 p.10〜14, 25〜37, 73〜78 を読んでくること。
小畑 秀一
9/9④
第3回骨格系・筋系(2)
 〜体幹〜
体幹(頭蓋、脊柱、胸郭)の骨格と筋について学ぶ。
教科書 p.35〜57, 78〜92 を読んでくること。
小畑 秀一
9/16④
第4回骨格系・筋系(3)
 〜上肢〜
上肢(上肢帯+自由上肢)の骨格と筋について学ぶ。
教科書 p.57〜63, 93〜97 を読んでくること。
小畑 秀一
9/23④
第5回骨格系・筋系(4)
 〜下肢〜
下肢(下肢帯+自由下肢)の骨格と筋について学ぶ。
教科書 p.63〜72, 97〜102 を読んでくること。
小畑 秀一
9/30④
第6回神経系(1)
 〜総論、脊髄と脳幹〜
神経系の総論的内容について学んだ後、脊髄・延髄・橋・中脳・間脳の構造について学ぶ。
教科書 p.14〜18, 253〜261, 263〜266 を読んでくること。
小畑 秀一
10/7④
第7回神経系(2)
 〜小脳と大脳〜
小脳と大脳の構造、脳の血管、脳室について学ぶ。
教科書 p.261〜263, 266〜284 を読んでくること。
小畑 秀一
10/21④
第8回神経系(3)
 〜脳神経と脊髄神経〜
脳神経と脊髄神経について学ぶ。
教科書 p.284〜299 を読んでくること。
小畑 秀一
10/28④
第9回神経系(4)
 〜自律神経、伝導路〜
自律神経および伝導路について学ぶ。
教科書 p.300〜312 を読んでくること。
小畑 秀一
11/11④
第10回感覚器系(1)
 〜皮膚・味覚器・嗅覚器〜
皮膚、味覚器、嗅覚器の構造について学ぶ。
教科書 p.326〜333, 159〜162, 196〜198 を読んでくること。
木村 武俊
11/18④
第11回感覚器系(2)
 〜視覚器と平衡聴覚器〜
視覚器と平衡聴覚器について学ぶ。
教科書 p.313〜326 を読んでくること。 
小畑 秀一
11/25④
第12回消化器系(1)
 〜総論、口腔と咽頭〜
消化器と腹膜、口腔と咽頭の構造について学ぶ。
教科書 p.151〜167、236〜239 を読んでくること。
小畑 秀一
12/2④
第13回消化器系(2)
 〜食道から大腸〜
食道、胃、小腸、大腸の構造について学ぶ。
教科書 p.167〜185 を読んでくること。 
小畑 秀一
12/9④
第14回消化器系(3)
 〜肝臓・胆嚢・膵臓〜
肝臓、胆嚢、膵臓の構造について学ぶ。
教科書 p.185〜193 を読んでくること。
小畑 秀一
12/16④
第15回まとめ第1回〜14回までの授業内容について、全体のつながりを意識してまとめる。小畑 秀一
後日掲示

到達目標

・細胞、組織、器官、器官系について具体的に説明できる。
・4大組織について具体的に説明できる。
・骨の構造とでき方について具体的に説明できる。
・筋の構造について具体的に説明できる。
・体幹(頭蓋、脊柱、胸郭)の骨格と筋について、代表的な関節の運動と関連させて説明できる。
・上肢の骨格と筋について、代表的な関節の運動と関連させて説明できる。
・下肢の骨格と筋について、代表的な関節の運動と関連させて説明できる。
・脳幹の構造について、基本的内容を名称とともに説明できる。
・小脳と大脳の構造について、基本的内容を名称とともに説明できる。
・脳の血管について、基本的内容を名称とともに説明できる。
・脳室および脳脊髄液の循環について、基本的内容を名称とともに説明できる。
・脳神経と脊髄神経について、基本的内容を名称とともに説明できる。
・自律神経について、基本的内容を名称とともに説明できる。
・代表的な伝導路について、基本的内容を名称とともに説明できる。
・皮膚、味覚器、嗅覚器の構造について、基本的内容を名称とともに説明できる。
・視覚器および平衡聴覚器の構造について、基本的内容を名称とともに説明できる。
・腹膜および間膜について具体的に説明できる。
・口腔から大腸までの消化管の構造について、基本的内容を名称とともに説明できる。
・肝臓、胆嚢、膵臓の構造について、基本的内容を名称とともに説明できる。

評価基準

定期試験(100%)

準備学習等(予習・復習)

予習:各回の授業内容欄に記した教科書の該当ページを読み、理解できることと理解できないことを区別してくること。
復習:教科書にない図や資料をプリントとして配布するので、これを活用したノートを各自作成すること。

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書入門人体解剖学藤田恒夫南江堂
参考書人体解剖学藤田恒太郎南江堂
参考書日本人体解剖学金子丑之助 原著南山堂
参考書入門組織学牛木辰男南江堂