作業療法学総合Total Knowledge of Occupational Therapy
科目責任者渡辺 愛記 (※)
担当者渡邉 誠 (※), 福田 倫也 (※), 髙橋 香代子 (※), 坂本 豊美 (※), 幅田 智也 (※), 渡辺 愛記 (※), 河村 晃依 (※)
科目概要4年 (2単位・必修) [リハビリテーション学科 作業療法学専攻]

授業の目的

 これまで学んできた各領域の作業療法実践に必要な知識と技術を体系的に整理する。
 作業療法の実践について改めて捉え、自分自身のキャリア・プランを考える。

教育内容・教育方法

 基礎医学領域および作業療法の各領域のまとめを行い、模擬試験を実施する。
 国家試験に向けての準備を行う。

授業内容

項目授業内容担当者日時
1回国家試験概要国家試験までの準備,試験内容,今後の予定等について理解する。渡辺 愛記
9/2③
2,3回作業療法の基礎①解剖、生理学の知識統合を図る。渡邉 誠
9/30③④
4,5回作業療法の基礎②基礎医学の知識統合を図る。渡邉 誠
10/7③④
6回臨床医学①臨床医療学、神経内科の知識の統合を図る。福田 倫也
10/21⑤
7回臨床医学②画像(CT・MRI)の診方を理解する。福田 倫也
10/28⑤
8,9回作業療法の基礎①義肢装具学、家屋環境調整について学習する。幅田 智也
11/11③④
10,11回作業療法の基礎②精神保健領域の作業療法について学習する。坂本 豊美
11/18③④
12,13回作業療法の基礎③発達障害領域の作業療法について学習する。髙橋 香代子
11/25③④
14,15回作業療法の基礎④老年期領域の作業療法について学習する。河村 晃依
12/2③④

到達目標

 これからの臨床現場で必要となる知識・技術体系の統合を行うことができる。
 国家試験に対応できる基礎知識、作業療法各論を理解することができる。

評価基準

 模擬試験・定期試験の総合評価とする。なお、欠席は減点する。

準備学習等(予習・復習)

 これまでの授業内容を振り返り、各領域の基礎知識の習得状況を絶えず確認しておくこと。
 国家試験対策のためだけでなく、自分自身に必要な学習のあり方に気づき、確立していくこと。

*事前準備として、過去5年分の国家試験の問題を行い、誤った問題については分析をして各授業に臨むこと。

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書これまで購入したテキストを使用していく。
教科書必要に応じ適宜、各担当教員より紹介する。
参考書適宜、紹介する。