高次脳機能作業療法学Occupational Therapy for higher brain function
科目責任者福田 倫也 (※)
担当者福田 倫也 (※)
科目概要3年 (1単位・必修) [リハビリテーション学科 作業療法学専攻]

授業の目的

作業療法を進める上で必要な高次脳機能障害に関する知識を習得すること。

教育内容・教育方法

失語症、注意障害などの高次脳機能障害の概念、症状、責任病巣などについて講義する。

授業内容

項目授業内容担当者日時
第1回失語症失語症の概念、症状、メカニズム、責任病巣について学習する。福田 倫也
4/3①
第2回注意障害、遂行機能障害注意障害、遂行機能障害の概念、症状、メカニズム、責任病巣について学習する。福田 倫也
4/10①
第3回記憶障害記憶障害の概念、症状、メカニズム、責任病巣について学習する。福田 倫也
4/17①
第4回行動と情動の障害、半側空間無視行動と情動の障害、半側空間無視の概念、症状、メカニズム、責任病巣について学習する。福田 倫也
4/24①
第5回失行失行の概念、症状、メカニズム、責任病巣について学習する。福田 倫也
5/8①
第6回失認失認の概念、症状、メカニズム、責任病巣について学習する。福田 倫也
5/15①
第7回高次脳機能障害と脳画像高次脳機能障害と脳画像所見について学習する。福田 倫也
5/29①
第8回認知症認知症の概念、代表的疾患の症状について学習する。福田 倫也
6/5①

到達目標

失語症、注意障害をはじめとする高次脳機能障害の概念、症状、責任病巣などについて説明ができる。

評価基準

定期試験

準備学習等(予習・復習)

本授業は、「2年時に開講される高次脳機能学で学習した知識を理解していること」を前提に進めるため、同講義内容を復習した上で授業に出席すること。

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書高次脳機能障害学第2版石合純夫著医歯薬出版株式会社、2012
参考書