職業活動学Occupational Therapy for Vocational Rehabilitation
科目責任者坂本 豊美 (※)
担当者坂本 豊美 (※), 藤川 千鶴 (※)
科目概要3年 (1単位・必修) [リハビリテーション学科 作業療法学専攻]

授業の目的

 作業療法においての職業関連活動について概容を知る。

教育内容・教育方法

 職業リハビリテーションの概念。
 作業療法に関連する職業評価、訓練について知る

授業内容

項目授業内容担当者日時
1回職業とは
職業リハビリテーテーションの概念・原理
人にとっての職業の定義、意義について学ぶ。
職業リハビリテーションの歴史について概観し、現在の制度、システムと関わりの深い事象について学ぶ。
坂本 豊美
4/8②
2回就労支援の実際
資源①制度 法律
現在の制度と社会資源の大枠について、自立支援法を中心に理解する。
障害者の就労支援においての法的根拠を確認する。
坂本 豊美
4/15②
3回資源②関係職種について職業リハビリテーションに関わる様々な職種について、それぞれの役割特性を学ぶ。坂本 豊美
4/22②
4回資源③施設 団体公的機関のほか、民間の職業斡旋機関、労災関係の機関について学ぶ。坂本 豊美
5/13②
5回作業療法においての職業関連活動職業訓練と医療や技能教育技術としての作業療法が職業関連活動にどのように関わるかを学ぶ。坂本 豊美
藤川 千鶴
5/20②
6回対象者の特性と支援内容精髄損傷、片麻痺、発達障害、高次脳機能障害、精神障害等の疾患、障害に応じた支援内容について学ぶ。坂本 豊美
5/27②
7回職業能力に関する評価作業実施型の評価としてタワー法、箱作り法、作業分析、一般職業適性検査、就労準備性評価について学ぶ。
システマティック・インストラクションにおいての段階付けについて学ぶ。
坂本 豊美
6/3②
8回まとめ・振り返り講義内容を振り返り、職業リハビリテーションにおいての作業療法(士)の役割、意義についてまとめる。坂本 豊美
6/10②

到達目標

 就労ニーズをもつ障碍者に対する作業療法評価と介入の基本的考え方を説明することができる。

評価基準

講義内レポート課題 1/5
定期試験 4/5

準備学習等(予習・復習)

疾患や障碍に起因する職業上の困難について概観しておく。
基礎作業の作業分析を復習のこと。
障碍者雇用に関する制度や資源について日ごろから意識を持って新聞等を読み、関係する記事等は書き留めておく。

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書作業療法学全集 第12巻 改訂第3版 作業療法技術学4 職業関連活動平賀昭信・岩瀬義昭 編集協同医学出版
参考書職業リハビリテーション入門松為信雄、菊池恵美子編協同医書出版社