生活環境調整学実習Practice of Environment Adjustment
科目責任者幅田 智也 (※)
担当者幅田 智也 (※), 渡邉 誠 (※), 横山 美佐子 (※), 畔柳 竜也 (※), 齋藤 拓 (※), 佐々木 秀一 (※)
科目概要3年 (1単位・必修) [リハビリテーション学科 作業療法学専攻]

授業の目的

Ⅰ)学生は住環境整備からの生活環境調整の実践を学ぶ。
 学生は生活環境と障害の関係を理解し、作業療法士による住環境整備を理解する。学生は住環境整備の基本的な知識を学ぶ。学生は住環境コーディネーターに必要な知識を取得し実践レベルの技術を獲得する。
Ⅱ)学生は義肢や装具の処方及び治療戦略から生活環境調整の実践を学ぶ。
 学生は義肢・装具の構造について理解を深め、その臨床的意義や導入のプロセスについて理解を深める。学生は義肢装具学で学んだ義肢装具学の知識と疾患の基礎知識とをつなぎ合わせ、作業療法対象疾患の障がい理解を深める。学生はこの目標に向けた義肢装具学実習から作業療法実践能力の基礎を獲得する。
 学生は具体的目標である義肢装具の作成、作成した装具の操作原理の理解、障がいによる残存機能と装具の適応評価の方法さらに、装具の保守管理技術能力の獲得とする。

教育内容・教育方法

Ⅰ) 住環境整備からの生活環境調整の実践を学ぶ。
 ノーマライゼーション、バリア・フリー、ユニバーサルデザインを理解する。住環境整備のための家屋図面の製図を行う。障がいに合わせた増改築の提案ができその内容を設計できる。
Ⅱ)義肢や装具の処方及び治療戦略から生活環境調整の実践を学ぶ。
 1)義肢・装具の基礎知識
 2)義肢・装具の臨床的意義(代替手段として、治療的手段として)
 3)義肢・装具の導入プロセス(装具の選定、適合、調整、処方)
 4)義肢・装具に関連する支援システムと法制度
 5)適合評価
 6)切断者の作業療法
 7)各種疾患に対する装具療法
 8)その他の装具、腕保持用装具

授業内容

項目授業内容担当者日時
第1回家屋の図面作成1家屋の図面作成と間取り1[実習]住環境整備案の作図をする。ディスカッション、グループワーク、技術の実践幅田 智也
4/10④
第2回
家屋の図面作成2家屋の図面作成と間取り2[実習]住環境整備案の作図をする。ディスカッション、グループワーク、技術の実践幅田 智也
4/17④
第3回家屋の図面作成3住環境整備案の図面設計3[実習]住環境整備案の作図をする。ディスカッション、グループワーク、技術の実践幅田 智也
4/24④
第4回家屋の図面作成4住環境整備案の図面設計4[実習]住環境整備案の作図をする。ディスカッション、グループワーク、技術の実践幅田 智也
5/8④
第5回家屋の図面作成5住環境整備案の図面設計5[実習]住環境整備案の作図をする。ディスカッション、グループワーク、技術の実践幅田 智也
5/15④
第6回家屋の図面作成6まとめ 住環境整備におけるグループ討議と発表[実習]を行う。対象者の臨床評価を基にした住環境整備の作業療法計画を立案し発表し討議する。ディスカッション、グループワーク、技術の実践幅田 智也
佐々木 秀一
5/22④
第7回義肢・装具の基礎知識オリエンテーション、義肢・装具の歴史と種類を学ぶ。ディスカッション、グループワーク、技術の実践幅田 智也
5/29③
第8回オリエンテーション上肢・手の機能解剖学と運動学の知識の確認をする。ディスカッション、グループワーク、技術の実践幅田 智也
5/29④
第9回作業療法における治療用装具とリハビリテーション機器解剖、生理学、運動学、基礎医学と作業療法治療の理解を深める。ディスカッション、グループワーク、技術の実践幅田 智也
6/5③
第10回作業療法における義肢装具学とその技術
車いすの仕組みと構造と給付制度
触診と採型、「上肢、手」とは、どの様なものなのか?再確認する。
車いすのタイプと構造を理解する。
車いすの公的給付制度を理解する。ディスカッション、グループワーク、技術の実践
幅田 智也
6/5④
第11回
義肢・装具の基礎知識評価、装具の選定、適合、調整、処方のプロセスを学ぶ。幅田 智也
6/12③
第12回作業療法における義肢装具学とその技術
上肢装具:SEWHO
触診と採型、「上肢、手」とは、どの様なものなのか?再確認する。
腕保持用装具(PSB・MAS等)の原理と操作を理解する。ディスカッション、グループワーク、技術の実践
幅田 智也
6/12④
第13回義肢・装具の導入手順作業療法における障害受容と機器導入のタイミング、環境因子の理解を深める。ディスカッション、グループワーク、技術の実践幅田 智也
6/19③
第14回上肢装具:SEWHO腕保持用装具(PSB・MAS等)とアームスリングの理解と利用実践を行う。ディスカッション、グループワーク、技術の実践幅田 智也
6/19④
第15回義肢装具処方の際の留意点代替手段としての義肢・装具の理解と作業療法の関わり方を学ぶ。ディスカッション、グループワーク、技術の実践幅田 智也
6/26③
第16回治療用装具スプリントの作成Ⅰトレース法,採型法の理解と実践を行う。ディスカッション、グループワーク、技術の実践幅田 智也
6/26④
第17回支援システムと法制度支援システムと法制度の理解を深め作業療法士の支援方法は何かを学ぶ。ディスカッション、グループワーク、技術の実践幅田 智也
7/3③
第18回治療用装具スプリントの作成Ⅰ作成した仮モールディングの理解と実践を行う。ディスカッション、グループワーク、技術の実践幅田 智也
7/3④
第19・20回下肢装具の臨床的意義理学療法で実践される治療的手段としての義足・下肢装具の理解をする。そこからリハビリテーションチームの一員である作業療法士の役割はどの様なものであるか、具体的にはどのような協業の在り方があるかを学ぶ。ディスカッション、グループワーク、技術の実践横山 美佐子
幅田 智也
9/4①②
第21回義肢・装具の臨床的意義作業療法における治療的手段としての上肢における義肢・装具を学ぶ。ディスカッション、グループワーク、技術の実践幅田 智也
9/11①
第22回治療用装具スプリントの作成Ⅰ
治療用装具スプリントの作成Ⅱ :HO,FO,TO
トリミング・スムージングの理解と実践を行う。
スプリントの分類と目的と作業療法の理解と確認を行う。ディスカッション、グループワーク、技術の実践
幅田 智也
9/11②
第23回治療用装具スプリントの作成Ⅱ :HO,FO,TOスプリント療法の理解と確認を行う。ディスカッション、グループワーク、技術の実践幅田 智也
9/18①
第24回治療用装具スプリントの作成Ⅱ :HO,FO,TO
治療用装具スプリントの作成Ⅲ:WHO
対立副子作成の理解と作成を行う。動的スプリントの理解と作成を行う。ディスカッション、グループワーク、技術の実践幅田 智也
9/18②
第25・26回能動義手
治療用装具と筋電義手
作成した仮義手のチェックアウト(適合判定)を行う。作業療法訓練を考える。
筋電義手における作業療法を理解する。筋電義手の操作原理と操作の実践を行い、理解する。筋電義手における作業療法を理解する。筋電義手の操作原理と操作の実践を行い、理解する。ディスカッション、グループワーク、技術の実践
幅田 智也
9/25①②
第27・28回国際福祉機器展参加世界的な生活環境調整の先端的現状を把握し作業療法への展開方法を学ぶ。ディスカッション、グループワーク、技術の実践幅田 智也
渡邉 誠
9/27②③
第29・30回能動義手切断患者の理解、上肢切断の名称、各パーツの名称と機能を理解する。仮義手作成を行う。ディスカッション、グループワーク、技術の実践畔柳 竜也
齋藤 拓
幅田 智也
渡邉 誠
10/5①②

 作業療法の治療戦略に基づいた物理的環境の調整と装具療法を正しく理解し、生活環境調整学を学ぶ。

到達目標

 OTに必要な基礎的な義肢・装具の知識を学習し、臨床場面での適合方法がわかる。福祉用具の取り扱いや入手方法が説明できる。
 障がいごとに何が生活環境のバリアになる可能性があるのかを分析し問題点や課題を示すことができる。種々の身体障がいに対し住環境整備の提案ができる。製図にて住環境整備の計画を表現でき、他の人に説明できる。住環境コーディネーター2級合格可能な知識を獲得し受験した場合は合格できる(毎年数人が在学中受験し合格実績あり)。Ⅰ)家屋の設計図を作成できる。筆記試験、授業への参加態度、グループ討議、発表
Ⅱ)OTに必要な基礎的な義肢、装具、車椅子の知識を基に、臨床場面でスプリントの作成及び義手のソケット、アライメントの修正、車椅子の福祉用具の適合判定ができる。

評価基準

Ⅰ) 家屋設計図提出(10%)。家屋環境調整案を提案し設計図面を提出(10%)。定期試験(60%)、授業への参加態度(10%)、グループ討議(10%)、発表(10%)合計110%で評価します。何か困難なことがあったとしても最後まであきらめず参加する(+ α %)、不安なことがあればどんなことでも自ら質問する(+ α %)授業中それ以外でも幅田のところへ来てください(+ α %)。
Ⅱ)OTに必要な基礎的な義肢、装具、車椅子の知識を基に、臨床場面でスプリントの作成及び義手のソケット、アライメントの修正、車椅子の福祉用具の適合判定ができる。作製装具提出(20%)。作製装具の評価提出し修正、改善点の修正案を提案し装具評価チェックアウトを提出(20%)。定期試験(60%)、授業への参加態度(10%)、グループ討議(5%)、発表(5%)合計120%で評価します。何か困難なことがあったとしても最後まであきらめず参加する(+ α %)、不安なことがあればどんなことでも自ら質問する(+ α %)授業中それ以外でも幅田のところへ来てください(+ α %)。
提出物は、試験前に返却します。提出物の幅田からの添削にある指導内容の良し悪しは、学生個人の評価にはしていません。安心して学生各自のセンスと知識をフルに活用して表現することを覚えてください。添削内容は試験に出そうなところであったり、完全に誤解して理解しているところ、とても良く考察されているところにコメントするようにしています。今後の期末試験や国家試験に向けてさらなる研鑽を添削内容から察して行っていってください。大学は自分で学ぶところです。

準備学習等(予習・復習)

Ⅰ,Ⅱ) 事前に教科書、配布プリントに目を通して実習内容の概要程度を把握しておくこと。提出物の完成度を問う授業ではありません。なぜうまく行かなかったか?なぜ美しく作製できなかったか?を分析し理解していくことがメインです。時間内に上手に完璧に仕上げる技術を獲得する実習でないことを理解しておいてください。上手く美しい形で対象者が環境調整されるために、作業療法士はどのような配慮と準備と知識が必要かを身をもって体験するのがこの実習です。小手先の技術や提出された作製物の出来不出来を問う実習ではありません。住環境整備や福祉用具や装具などの本来の意味を深め、対象者にとって適切な作業療法の方法論を楽しく実技を通して学ぶことであることを確認してから臨んでください。
Ⅱ) 実習時は、作業用の服装にて参加すること(粉じん、油汚れ、転倒防止、工具や材料などが足の上に落としても怪我をしないような靴を使用すること。刃物使用や作業時による衣服の損傷と機械に巻き込まれないような安全を考慮した服装にて参加すること)。爪は切っておくこと、各自自分用の軍手、マスク、目に対する安全のため飛散する材料破片などから目を守る防御用のゴーグルを準備して参加すること。

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書福祉住環境コーディネーター検定 2級テキスト 改訂版東京商工会議所東京商工会議所
教科書義肢装具のチェックポイント 第7版日本整形外科学会 日本リハビリテーション医学会 監修医学書院
教科書義肢装具学 作業療法学全書 第9巻日本作業療法士協会監修 協同医書出版
参考書福祉用具の使い方・住環境整備 作業療法学全書 第10巻 日本作業療法士協会監修協同医書出版
参考書テクニカルエイド-福祉用具の選び方・使い方-OTジャーナル三輪書店
参考書手のスプリントのすべて矢崎繁三輪書店