生活活動学実習Practice of Activities of Daily Living
科目責任者渡邉 誠 (※)
担当者渡邉 誠 (※), 髙橋 香代子 (※)
科目概要3年 (1単位・必修) [リハビリテーション学科 作業療法学専攻]

授業の目的

 日常生活活動における各動作の支援方法を理解できる。
 活動能力をいかに習得していくかを理解できる。
 障害の特性を理解した各動作の支援方法を理解できる。
 事例検討より、対象者に必要な生活動作の介入方法を検討できる。
 生活動作能力の向上が対象者のQOLにどのようにつながるかを理解できる。

教育内容・教育方法

 ①日常生活活動の各動作の構成を理解する。
 ②日常生活活動の各動作の評価方法・介入方法について学習する。
 ③障害の特性を理解した生活支援方法を学習できる。
 ④事例検討より、対象者に必要な生活動作の介入方法を理解できる。
 ⑤生活動作能力の向上が対象者のQOLにつながるための方法を学習する。

授業内容

項目授業内容担当者日時
1・2回基本動作・移乗動作基本動作、移乗動作の介助方法を学ぶ(演習)渡邉 誠
6/11①②
3・4回食事動作食事動作の支援方法を学ぶ(演習)渡邉 誠
6/21③④
5・6回トイレ動作トイレ動作の支援方法を学ぶ(演習)渡邉 誠
6/28③④
7・8回入浴動作入浴動作の支援方法を学ぶ(演習)渡邉 誠
7/2③④
9・10回整容動作整容動作の支援方法を学ぶ(演習)渡邉 誠
7/5②
11・12回更衣動作更衣動作の支援方法を学ぶ(演習)渡邉 誠
7/5③④
13・14回communicationcommunicationの支援方法を学ぶ(演習)渡邉 誠
髙橋 香代子
7/12②③④
15・16回移動
移動支援の方法を学ぶ(演習)渡邉 誠
9/2①②
17・18回疾患別アプローチ①脳血管障害に対するADL支援を検討する(グループワーク)渡邉 誠
9/6①②
19・20回疾患別アプローチ②脊髄損傷に対するADL支援を検討する(グループワーク)渡邉 誠
9/9①②
21・22回疾患別アプローチ③関節リウマチに対するADL支援を検討する(グループワーク)渡邉 誠
9/13①②
23・24回疾患別アプローチ④精神保健領域に対する生活動作支援を検討する(グループワーク)渡邉 誠
9/20③④
25・26回事例検討症例報告よりADL支援のあり方を検討する(グループワーク)渡邉 誠
9/30①②
27・28事例検討症例報告よりADL支援のあり方を検討する(グループワーク)渡邉 誠
10/2①②
29・30事例検討症例報告よりADL支援のあり方を検討する(グループワーク)渡邉 誠
10/4③④

到達目標

 ①日常生活活動の各動作の構成を説明できる。
 ②日常生活活動の各動作の評価方法・介入方法について実施できる。
 ③障害の特性を理解した生活支援方法を説明できる。
 ④事例検討より、対象者に必要な生活動作の介入方法を立案できる。
 ⑤生活動作能力の向上が対象者のQOLにつながるための方法を説明できる。 

評価基準

 定期試験(60%),課題提出・グループワーク等の演習(40%)により総合的に評価する.

準備学習等(予習・復習)

 実習時の服装は,動きやすく実習にふさわしい服装で参加すること。
 実技も含むので,授業時間以外にも練習を重ねて習得すること。

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書作業療法学全書第11巻 作業療法技術学3 日常生活活動酒井ひとみ 編協同医書出版
参考書標準作業療法学 日常生活活動・社会生活行為学濱口豊太 編医学書院
参考書ADLとその周辺 -評価・指導・介護の実際-伊藤利之 鎌倉矩子医学書院
参考書新版 日常生活活動(ADL)-評価と支援の実際-伊藤利之 江藤文夫 編医歯薬出版
参考書ADL -作業療法の戦略・戦術・技術-生田宗博三輪書店
参考書COPM カナダ作業遂行測定 第4版吉川ひろみ 訳大学教育出版
参考書脳卒中の機能評価 -SIASとFIM 基礎編-千野直一 他 金原出版