生活活動学Activities of Daily Living
科目責任者渡邉 誠 (※)
担当者渡邉 誠 (※)
科目概要3年 (1単位・必修) [リハビリテーション学科 作業療法学専攻]

授業の目的

 普段の生活を思い起こすことから基本的な日常生活活動に含まれるものを理解できる。
 活動を行う能力と活動を行うことの違いを理解できる。
 リハビリテーションが示す日常生活活動の構造・概念を理解できる。
 作業療法において、日常生活活動を評価することの意義と価値を理解できる。
 日常生活動作の評価方法を理解し、評価技術を習得する。
 日常生活と生活の質の関係について理解できる。

教育内容・教育方法

 ①生活と日常生活活動の関連を学習する。
 ②日常生活活動の構造および基本概念を学習する。
 ③日常生活活動の評価法および評価技術について学習する.
 ④心身機能や環境因子などが日常生活に及ぼす影響について理解する。
 ⑤日常生活の障害と生活の質の関係について学習する。

授業内容

項目授業内容担当者日時
1回コースオリエンテーション・本講義の概要説明を行う
・生活とADLの関係を考え、学ぶ
渡邉 誠
4/9③
2回活動能力と遂行能力・ICF(生活機能分類)における活動と参加の視点を学ぶ
・環境因子が日常生活に及ぼす影響について学ぶ
渡邉 誠
4/16③
3回Basic ADLとInstrumental ADL・ADLの構造を学ぶ渡邉 誠
4/23③
4回生活を評価することの難しさ・作業療法評価として生活を評価することの目的とその方法を学ぶ渡邉 誠
5/7④
5回Barthel IndexとFIM・作業療法評価として実際に行われるBarthel IndexとFIMの特性を学ぶ渡邉 誠
5/14④
6回ADL評価の記録評価結果の記載の仕方を学ぶ渡邉 誠
5/21④
7回生活支援を考えるADL、IADLの援助方法を学ぶ渡邉 誠
5/28④
8回ADLとQOLADLとQOLの関連を学ぶ渡邉 誠
6/4④

到達目標

 基本的な日常生活活動に含まれるものを説明できる。
 活動を行う能力と活動を行うことの違いを理解できる。
 ICFをもとに活動と背景因子の関係を説明できる。
 日常生活活動の構造・概念を説明できる。
 作業療法において、日常生活活動を評価することの意義と価値を説明できる。
 日常生活動作の評価方法を理解し、観察・評価を実施できる。
 日常生活と生活の質の関係について理解し、説明できる。

評価基準

 定期試験(70%)、課題レポート(30%)により総合的に評価する.

準備学習等(予習・復習)

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書作業療法学全書第11巻 作業療法技術学3 日常生活活動酒井ひとみ 編協同医書出版社
参考書標準作業療法学 日常生活活動・社会生活行為学濱口豊太 編医学書院
参考書ADLとその周辺 -評価・指導・介護の実際-伊藤利之 鎌倉矩子
医学書院
参考書ADL -作業療法の戦略・戦術・技術-生田宗博
三輪書店
参考書新版 日常生活活動(ADL)-評価と支援の実際-伊藤利之 江藤文夫 編医歯薬出版