発達障害作業療法学Occupational Therapy for Development Disability
科目責任者髙橋 香代子 (※)
担当者髙橋 香代子 (※)
科目概要3年 (2単位・必修) [リハビリテーション学科 作業療法学専攻]

授業の目的

1.子どもを発達途上の個性ある存在としてとらえ、正常発達と環境との相互関係を理解する。
2.子どもの姿勢-運動、知覚、認知、遊びやADLなどの発達過程を理解する。
3.正常発達の知識をもとに子どもを分析できる。
4.各疾患・障害における作業療法のポイントと、障害が子どもの発達に及ぼす影響を理解する。

教育内容・教育方法

1.子どもの姿勢・運動、上肢機能の発達過程を学ぶ。
2.知覚・認知、思考・言語、ADL、遊びの発達過程を学ぶ。
3.実際に子どもと触れ合う中で、観察・考察し発達評価を実施する思考過程を経験する。
4.各疾患や障害に応じた作業療法の実践過程について、症例を通して学ぶ。

授業内容

項目授業内容担当者日時
1回発達障害の作業療法オリエンテーション
作業療法の理念と目的、役割を学ぶ
髙橋 香代子
4/8③
2回姿勢-運動の発達と評価0-14か月における腹臥位、背臥位、座位、立位、歩行の発達を学ぶ髙橋 香代子
4/8④
3回上肢機能の発達と評価上肢機能の発達と粗大運動との関連を学ぶ髙橋 香代子
4/15③
4回知覚・認知および心理・社会性の発達と評価知覚・認知、言語、心理・社会性の発達と環境について学ぶ髙橋 香代子
4/15④
5回感覚の発達5感2覚の発達と統合の重要性を学ぶ髙橋 香代子
4/22③
6回療育体験療育体験セミナーに参加する髙橋 香代子
4/22④
7・8回摂食嚥下機能摂食・嚥下の発達と評価・援助方法について学ぶ髙橋 香代子
5/13③④
9・10回発達評価の実際子どもとの遊びを通して正常発達について学ぶ髙橋 香代子
5/20③④
11・12回疾患別作業療法広汎性発達障害・注意欠陥多動・学習障害の評価と介入について学ぶ髙橋 香代子
5/27③④
13・14回作業療法の実際感覚統合療法の理論と実践について学ぶ.症例に対する感覚統合プログラムを立案し発表する髙橋 香代子
6/3③④
15・16回疾患別作業療法脳性麻痺の評価と介入について学ぶ.症例に対するプログラムを立案し発表する髙橋 香代子
6/17③④

到達目標

1.発達障害領域における作業療法の特徴を説明できる。
2.姿勢-運動の発達が上肢、知覚・認知、思考等の発達に及ぼす影響を説明できる。
3.動画や観察を通して子どもの様子を専門用語で説明できる。
4.観察したことを発達段階や疾患を踏まえて考察し、子どもの全体像が理解できる。
5.各疾患・障害における作業療法のポイントと、障害が子どもの発達に及ぼす影響を説明できる。

評価基準

授業内実施課題の遂行状況、グループワークの参加状況、定期試験により総合的に評価する。

準備学習等(予習・復習)

1.2年次に履修した運動学の内容を理解したうえで臨むこと。
2.あらかじめ教科書をよく読んでおくこと。

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書作業療法学全書 第6巻 改訂第3版 発達障害日本作業療法士協会編 監修協同医書出版社
参考書やさしく学ぶからだの発達林 万リ 監修全障研出版部
参考書上手に食べるために金子 芳洋・菊谷 武 監修医歯薬出版株式会社
参考書発達障害の子の感覚遊び・運動遊び木村 順 監修講談社