リハビリテーション医学Rehabilitation Medicine
科目責任者東條 美奈子 (※)
担当者東條 美奈子 (※), 片桐 真人 (※), 堀口 利之 (※), 高平 尚伸 (※), 福田 倫也 (※), 佐野 肇 (※), 半田 知也 (※), 榊原 七重 (※), 中澤 祐則 (※), 頼住 孝二 (※), 宮城 正行 (※)
科目概要3年 (2単位・必修) [リハビリテーション学科 理学療法学専攻]
3年 (2単位・必修) [リハビリテーション学科 作業療法学専攻]
3年 (2単位・必修) [リハビリテーション学科 言語聴覚療法学専攻]
3年 (2単位・必修) [リハビリテーション学科 視覚機能療法学専攻]

授業の目的

 障害のある人間を可能な限り回復させるためには損傷を最小限にくいとめ、障害機能を回復させ、残存機能を十分に用い、再発・増悪を予防しなければならない。そのための、医学的な考え方、診断、評価、治療について理解する。

教育内容・教育方法

 脳・脊髄、関節、神経筋、切断、呼吸器・循環器、視覚器、嚥下・発語、聴覚、がんなどに関わる障害とそのリハビリについて講義する。リハビリテーションにおける栄養管理と多職種連携による地域包括ケアについてふれる。

授業内容

項目授業内容担当者日時
第1回心血管疾患のリハビリテーション心大血管リハビリテーションに関して、病態生理と障害の評価、リハプログラムについて学ぶ。東條 美奈子
4/8①
第2回聴覚障害のリハビリテーション聴覚障害の病態生理と障害評価、治療プログラムについて学ぶ。佐野 肇
4/16⑤
第3回発声・発語障害のリハビリテーション発声・発語障害の病態生理、障害評価、治療プログラムについて学ぶ。堀口 利之
4/22①
第4回整形外科疾患のリハビリテーション(1)整形外科疾患(上肢)の病態生理と障害評価、治療プログラムについて学ぶ。宮城 正行
5/13①
第5回神経疾患のリハビリテーション(1)脳血管障害を中心に、障害評価と治療プログラムについて学ぶ。福田 倫也
5/16⑤
第6回整形外科疾患のリハビリテーション(2)整形外科疾患(下肢)の病態生理と障害評価、治療プログラムについて学ぶ。高平 尚伸
5/20①
第7回摂食・嚥下障害のリハビリテーション摂食・嚥下障害の病態生理、障害評価、治療プログラムについて学ぶ。堀口 利之
5/20⑤
第8・9回視覚障害のリハビリテーション視覚障害の病態生理、障害評価、リハ治療プログラムについて学ぶ。半田 知也
榊原 七重
5/27①
5/30⑤
第10回整形外科疾患のリハビリテーション(3)整形外科疾患(脊椎)の病態生理と障害評価、治療プログラムについて学ぶ。宮城 正行
6/3①
第11回神経疾患のリハビリテーション(2)パーキンソン病を中心に、障害評価と治療プログラムについて学ぶ。福田 倫也
6/10①
第12回眼科疾患のリハビリテーション眼科疾患の病態生理、障害の評価、リハプログラムについて学ぶ。中澤 祐則
6/17①
第13回神経疾患のリハビリテーション(2)合併症(廃用症候群、転倒、内科的疾患)、補装具(装具、車椅子、歩行補助具、自助具)などについて学ぶ。頼住 孝二
6/24①
第14回呼吸器疾患のリハビリテーション慢性呼吸器疾患(慢性閉塞性肺疾患他など)の病態生理、障害の評価、リハプログラムについて学ぶ。片桐 真人
7/1①
第15回神経疾患のリハビリテーション(3)筋萎縮性側索硬化症を中心に、障害評価と治療プログラムについて学ぶ。福田 倫也
7/8①

到達目標

 リハビリテーションに関わる専門医療従事者(理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、視能訓練士)として、リハビリテーション医学に必要な知識について説明ができる。

評価基準

 定期試験、授業への参加態度、予習・復習の自主的学習態度から、総合的に評価する。

準備学習等(予習・復習)

 あらかじめ臨床医療学で学んだ知識を整理して授業に臨むこと。自主的に質問するなど、積極的な授業参加を望む。

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書標準リハビリテーション医学上田 敏医学書院
参考書循環器理学療法の理論と技術増田 卓、松永篤彦メジカルビュー社
参考書TEXT整形外科学第4版糸満盛憲 他南山堂
参考書視能学第2版丸尾敏夫、久保田伸枝、深井小久子文光堂

備考・その他

予備日:4/15①