地域作業療法学実習Practice of Community Based Occupational Therapy
科目責任者前場 洋佑 (※)
担当者前場 洋佑 (※), 渡邉 誠 (※), 山崎 高多
科目概要2年 (1単位・必修) [リハビリテーション学科 作業療法学専攻]

授業の目的

・作業療法士が地域にて活動するために必要な知識や課題を理解する。
・地域社会との関係性において障害がある方を捉える視点を身につける。

教育内容・教育方法

・学外見学を通し、障害を持つ方及び障害を持つ恐れのある方に対して、作業療法が果たすべき役割について考えていく
・事例検討、グループワークを通して、対象者や地域での実践を深く理解する。

授業内容

項目授業内容担当者日時
1・2回地域における作業療法地域における作業療法の役割、領域について考える。前場 洋佑
渡邉 誠
9/6③④
3・4回障害者と地域社会事例を通して、地域における障害について考える。前場 洋佑
渡邉 誠
9/13③④
5・6回個人モデルと社会モデルについて個人モデルと社会モデルの違いについて学ぶ。前場 洋佑
渡邉 誠
9/20③④
7・8回事例検討ビデオを用いて、地域で暮らす肢体不自由者の生活について考える。前場 洋佑
渡邉 誠
9/27③④
9・10回事例検討ビデオを用いて、地域で暮らす統合失調症者の生活について考える。前場 洋佑
渡邉 誠
10/4③④
11・12回赤十字および国際人道法赤十字の歴史と活動から世界の紛争実態と国際人道法を学ぶ。前場 洋佑
渡邉 誠
山崎 高多
10/11③④
13〜15回施設見学①
(かながわ赤十字情報プラザ)
災害時の支援の実際について施設での見学・講義にて学ぶ。前場 洋佑
渡邉 誠
山崎 高多
10/18②③④
16〜18回施設見学②
(ハンセン資料館)
ハンセン病についての理解を深める。施設収容の歴史を施設見学を通して学ぶ。前場 洋佑
渡邉 誠
10/25②③④
19・20回自分の暮らす地域について自分の暮らす地域の社会資源について調べて報告する。前場 洋佑
渡邉 誠
11/8③④
21・22回グループワーク①
(地域リハビリテーションと制度、小児在宅ケア)
地域リハビリテーションと制度、小児在宅ケアについて考える。前場 洋佑
渡邉 誠
11/22③④
23〜25回グループワーク②
(精神保健領域、高齢者領域の地域実践、特別支援教育)
精神保健領域、高齢者領域の地域実践、特別支援教育について考える。前場 洋佑
渡邉 誠
11/29②③④
26・27回まちづくりについてまちづくりについての活動を紹介し理解を深める。前場 洋佑
渡邉 誠
12/6③④
28〜30回終末期のケア、そして死を考える地域における終末期のケアについて考える。前場 洋佑
渡邉 誠
12/13②③④

到達目標

・作業療法士が地域で活動をする際の対象者、領域や必要な支援のあり方について説明できる。
・個人モデルと社会モデルの違いを理解し、説明することができる。
・地域の社会資源を知り、障害がある方の地域生活やまちづくりについて説明することができる。

評価基準

 定期試験(60%)、レポート(30%)、グループワーク(10%)にて総合的に評価する。

準備学習等(予習・復習)

・教科書、配布資料をよく読んで予習復習を行うこと。
・授業で取り上げるテーマと自分の暮らしている地域社会とを照らし合わせながら取り組んむこと。

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書地域リハビリテーション論大田仁史編三輪書店
教科書地域作業療法学 第3版大熊明 加藤朋子編医学書院
参考書