運動学Kinesiology
科目責任者幅田 智也 (※)
担当者幅田 智也 (※), 渡邉 誠 (※)
科目概要2年 (2単位・必修) [リハビリテーション学科 作業療法学専攻]

授業の目的

解剖学、生理学、心理学等の知識を踏まえ、生体における身体運動、運動学習に基づく行動のメカニズムを理解する。
人間の運動、動作を観察、計測、分析するために必要となる知識を理解する。
リハビリテーションにおける運動学の学問的位置付けを理解する。

教育内容・教育方法

人体の動きを理解するのに必要となる運動学の基礎を学ぶ。
生体の構造および生理的機能を理解し、人間が有する身体動作を学ぶ。

授業内容

項目授業内容担当者日時
1回運動学の基礎運動学のその領域、身体運動と力学、身体運動の面と軸、関節運動の名称、筋力と重力について学習する。ディスカッション、グループワーク、発表幅田 智也
4/9③
2回姿勢重心、バランス、姿勢の類型、立位姿勢について学習する。ディスカッション、グループワーク、発表幅田 智也
4/16③
3回歩行と走行歩行周期、重心移動と体節回旋、歩行の運動力学的分析、小児・高齢者の歩行、異常歩行について学習する。ディスカッション、グループワーク、発表幅田 智也
4/23③
4回生体の構造と機能①生体の組織学、骨、関節、腱、靱帯、筋の構造・機能について学習する。ディスカッション、グループワーク、発表幅田 智也
5/7③
5回生体の構造と機能②生体の神経系、運動の中枢神経機構、姿勢保持について学習する。ディスカッション、グループワーク、発表幅田 智也
5/14③
6回随意運動と運動学習随意運動のメカニズム、学習と記憶、運動技能、運動学習、練習と訓練について学習する。ディスカッション、グループワーク、発表幅田 智也
5/21③
7回関節運動学①骨格系の理解
脊柱・体幹の構造・機能を理解する。ディスカッション、グループワーク、発表
幅田 智也
渡邉 誠
5/28③
8回関節運動学②体幹と下肢(骨盤・股関節)の構造・機能を理解する。ディスカッション、グループワーク、発表
幅田 智也
渡邉 誠
6/4③
9回関節運動学③体幹と下肢(膝・足関節)の構造・機能を理解する。ディスカッション、グループワーク、発表幅田 智也
9/3③
10回関節運動学④体幹と上肢(肩甲帯・肩関節)の構造・機能を理解する。ディスカッション、グループワーク、発表幅田 智也
9/10③
11回関節運動学⑤手指と上肢(肘・手関節)の構造・機能を理解する。ディスカッション、グループワーク、発表幅田 智也
9/17③
12回上肢機能上肢機能と生活動作との関係を理解する。ディスカッション、グループワーク、発表幅田 智也
9/24③
13回体力と運動処方栄養とエネルギー代謝を学ぶ
体力と運動処方を学ぶ。ディスカッション、グループワーク、発表
幅田 智也
10/1③
14回運動と動作の分析1運動学的分析の定義と方法を学ぶ。ディスカッション、グループワーク、発表
幅田 智也
10/8③
15回運動と動作の分析2作業・動作分析の定義と方法を学ぶ。ディスカッション、グループワーク、発表幅田 智也
10/15③

到達目標

身体構造や動作を生体力学および人間工学的視点から解釈できそれを他人に説明できる。
人間の動作を分析するための方法を理解しそれを列挙し説明することができる。
高校で学んだ代数幾何、基礎理科のニュートン力学や古典物理学を人間の動作理解に利用する方法を理解し関係づける。

評価基準

プレゼン、グループワーク参加(20%)、定期試験(50%)、課題レポート(30%)より総合的に成績評価を行う。講義後の課題提出内容も評価基準とする。

準備学習等(予習・復習)

解剖学・生理学等の教科書を読んで、復習をするように心がけて下さい。
授業中に示す教科書のページに記述されている内容を読み、疑問点を明確にし、次回の講義開始時に確認すること。

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書基礎運動学中村隆一、斎藤宏、長崎浩医歯薬出版株式会社
参考書モーターコントロール Anne Shumway-Cookら 田中繁ら訳医歯薬出版株式会社