作業療法評価学実習Practice of Assessment of Occupational Performance
科目責任者渡辺 愛記 (※)
担当者渡辺 愛記 (※), 河村 晃依 (※), 川口 敬之 (※)
科目概要2年 (1単位・必修) [リハビリテーション学科 作業療法学専攻]

授業の目的

 作業療法で用いられる検査測定手技を学び,その結果を評価として解釈することができる.

教育内容・教育方法

 検査測定の手技を学生間で行うとともに,対象者に実施する際のリスク管理や注意点を学び,臨床での作業療法評価の一部を体験,習得する.

授業内容

項目授業内容担当者日時
第1,2回検査測定・評価技法反射検査について学習する.渡辺 愛記
9/9④
9/12②
第3-6回検査測定・評価技法感覚検査について学習する.渡辺 愛記
9/13②
9/19②
9/20①②
第7-12回検査測定・評価技法筋力検査法について学習する.河村 晃依
渡辺 愛記
10/4②
10/7②③
10/11①②
10/17②
第13回基礎技法観察、面接、コミュニケーションスキルについて学習する.川口 敬之
10/21②
第14,15回基礎技法観察および面接による評価の視点を学び,演習する.川口 敬之
10/28②③
第16回基礎技法スクリーニングについて演習する.渡辺 愛記
10/29②
第17-20回検査測定・評価技法高次脳機能検査について学習する.渡辺 愛記
11/11②③
11/25②③
第21-23回実技試験学習内容の実技試験を受験する.渡辺 愛記
11/18①②③
第24回実技試験振り返り実技試験の振り返りをする.渡辺 愛記
11/19②
第25-30回評価の流れと評価計画立案・全体像の把握事例検討を通して評価の流れと全体像の把握を学習する.渡辺 愛記
12/2②③
12/9②③
12/16②③

到達目標

 作業療法で用いられる検査手技を実施し,作業療法評価から対象者の全体像を把握できる.

評価基準

 小テスト(10%),提出物(10%),定期試験(50%),実技試験(30%)の総合評価とする.

準備学習等(予習・復習)

1. 解剖学,生理学,臨床医療学の基本的知識を必要とするので,講義内容等を十分に復習しておくこと.
2. 実技は授業時間以外にも練習を重ねて習得すること.
3. 実習にふさわしい服装と態度で授業に臨むこと.

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書ベッドサイドの神経の診かた南山堂
教科書分冊解剖学アトラスⅠ文光堂
教科書新・徒手筋力検査法 津山直一訳協同医書出版
教科書高次脳機能障害学第2版石合純夫医歯薬出版
参考書作業療法評価学 標準作業療法学医学書院
参考書作業療法学全書 第3巻 作業療法評価学協同医書出版