基礎作業学Occupational Science and Occupational Therapy
科目責任者川口 敬之 (※)
担当者髙橋 香代子 (※), 川口 敬之 (※)
科目概要2年 (1単位・必修) [リハビリテーション学科 作業療法学専攻]

授業の目的

①作業の意味を考え、作業療法の概念を理論に基づいて学ぶ。
②作業療法に用いる作業分析および作業フォームの形成について理解し、実施するための基本的な知識を学ぶ。

教育内容・教育方法

作業の概念と定義、作業療法的理論、作業分析および工程分析、作業フォームの形成、治療計画立案に
ついての講義を行う。

授業内容

項目授業内容担当者日時
第1回オリエンテーション
作業とは
授業の進め方やポートフォリオ作成に必要な準備について理解する
作業療法における作業の意味と位置づけを学ぶ
髙橋 香代子
川口 敬之
4/12③
第2回作業の治療的応用①動機づけの分類や段階づけの方法について学ぶ髙橋 香代子
川口 敬之
4/19③
第3回作業の治療的応用②集団の機能や構造、場の力、作業および環境がもたらす影響を学ぶ髙橋 香代子
川口 敬之
4/26③
第4回治療的自己の応用自分自身の特性を治療に生かす方法や効果的な「つたえ方」について学ぶ髙橋 香代子
川口 敬之
5/10③
第5・6回作業活動の体験
作業分析①
模擬ケースに対する作業活動がもたらす作用を考察し、治療的かつ協働的に作業を用いる視点を学ぶ髙橋 香代子
川口 敬之
5/17③④
第7回作業分析②作業分析シートに基づき、作業フォームの形成、作業の治療的応用に必要な視点について学ぶ髙橋 香代子
川口 敬之
6/21②
第8回作業の治療的応用③実際の作業の用い方について知り、作業は目的であり手段であるという考え方を学ぶ髙橋 香代子
川口 敬之
7/5②

到達目標

・個々人における作業の意味や作業的役割を考慮することの重要性を理解できる。
・作業療法を客観的かつ信頼性および妥当性のある手法で行うことの重要性を理解し、職業人としての認識を身につける。

評価基準

評価は課題(40%)および定期試験(60%)、授業への参加状況、問題解決能力を総合的に評価する。
なお、課題の提出遅れは減点とする。

準備学習等(予習・復習)

作業療法における基礎的学問であるため、授業中に紹介する書籍をなるべく多く読み、復習を兼ねるとともに幅広い知識を身につける。

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書ひとと作業・作業活動山根寛他著三輪書店
教科書ひとと集団・場山根寛他著三輪書店
参考書作業療法学全書 第2巻 基礎作業学日本作業療法士協会編協同医書出版社
参考書作業療法の世界鎌倉矩子著三輪書店
参考書作業療法実践の仕組み協同医書出版
参考書作業療法の理論 第2版キールホフナー著、山田孝他訳三輪書店
参考書作業療法の視点カナダ作業療法士協会著、吉川ひろみ監訳大学教育出版
参考書作業療法実践のための6つの理論Miller他著、岩崎テルコ監訳協同医書出版
参考書作業療法の源流秋元波留夫編著三輪書店
参考書人間作業モデル 第2版キールホフナー編著、山田孝監訳協同医書出版
参考書作業療法ガイドライン 第3版