心理学測定法Methods in Psychological Measurement and Research
科目責任者鈴木 恵子 (※)
担当者鈴木 牧彦
科目概要2年 (2単位・選択) [リハビリテーション学科 理学療法学専攻]
2年 (2単位・選択) [リハビリテーション学科 作業療法学専攻]
2年 (2単位・必修) [リハビリテーション学科 言語聴覚療法学専攻]

授業の目的

 多様な心理現象の測定や研究に不可欠な方法論とそれに関わる基礎知識を身につける。

教育内容・教育方法

 精神物理学的測定法、調査法、検査法、実験法など多様な研究手法の基礎的な考え方と実践法について教授する。講義内容の理解を深めるために簡単な実験や調査を実施する。また、授業内容の理解度を確かめるため随時授業の開始前に小テストを行なう。

授業内容

項目授業内容担当者日時
第1回心理測定の予備知識(1)心理学の研究方法、信頼性と妥当性について学ぶ。鈴木 牧彦
9/4④
第2回心理測定の予備知識(2)測定の水準、要約統計量について学ぶ。鈴木 牧彦
9/11④
第3回精神物理学的測定(1)感覚の測定(刺激閾と刺激頂、弁別閾、主観的等価点)について学ぶ。鈴木 牧彦
9/18④
第4回精神物理学的測定(2)精神物理学的測定法(調整法、極限法、恒常法)について学ぶ。鈴木 牧彦
9/25④
第5回精神物理学的測定(3)感覚尺度の構成(ウェーバーの法則、フェヒナーの法則、ベキ法則)、信号検出理論について学ぶ。鈴木 牧彦
10/2④
第6回尺度構成法(1)直接法(ME法、MP法、等現間隔法)について学ぶ。鈴木 牧彦
10/9④
第7回尺度構成法(2)間接法(順位法、一対比較法、系列範疇法)について学ぶ。鈴木 牧彦
10/16④
第8回尺度構成法(3)多次元の尺度構成法(SD法、多次元尺度法)について学ぶ。鈴木 牧彦
10/23④
第9回検査法(1)測定目的にもとづく検査法の分類、知能検査と知能(表示法と知能の理論)について学ぶ。鈴木 牧彦
10/30④
第10回検査法(2)測定方法にもとづく検査法の分類、検査の標準化について学ぶ。鈴木 牧彦
11/6④
第11回検査法(3)信頼性と妥当性、その検証法について学ぶ。鈴木 牧彦
11/13④
第12回調査法調査の種類、質問紙の作成法、対象者の選定(母集団、標本、サンプリング)について学ぶ。鈴木 牧彦
11/20④
第13回実験法とデータ解析(1)実験とは何か(仮説と仮説検証)、独立変数と従属変数、剰余変数の統制について学ぶ。鈴木 牧彦
11/27④
第14回実験法とデータ解析(2)実験計画法と統計的検定について学ぶ。鈴木 牧彦
12/4④
第15回実験法とデータ解析(3)実験的研究と相関的研究、多変量解析、一事例研究法について学ぶ。鈴木 牧彦
12/11④

到達目標

 心理測定に関わる多種多様な測定法、検査と調査に共通する基礎的方法論と実験法とデータ解析を中心とする研究法を習得するとともに、それらを適切に適用する能力を養う。

評価基準

 随時実施する小テストの結果、および定期試験〔筆記〕(言語聴覚療法学専攻)、レポート試験(理学療法学専攻、作業療法学専攻)により評価する。

準備学習等(予習・復習)

 履修にあたっては、一年次の統計学の学習内容を十分に復習しておくこと。また、毎回の授業にあたっては、前回の内容をよく復習しておくこと。

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書使用しない,適宜プリントを配布する                             
参考書心理学マニュアル 質問紙法後藤宗理他北大路書房
参考書心理学マニュアル 要因計画法鎌原雅彦他北大路書房
参考書音の評価のための心理学的測定法難波精一郎他コロナ社