整形外科学Orthopedic Surgery
科目責任者高平 尚伸 (※)
担当者高平 尚伸 (※), 酒井 利奈, 松浦 晃正 (※), 齋藤 亘 (※), 助川 浩士 (※)
科目概要2年 (1単位・必修) [リハビリテーション学科 理学療法学専攻]
2年 (1単位・必修) [リハビリテーション学科 作業療法学専攻]

授業の目的

 リハビリテーションに従事するコメディカルスタッフが対象とする整形外科疾患の病態と治療法(観血的・非観血的)について修得する。

教育内容・教育方法

 総論および各論から整形外科疾患の病態、治療法について概説することができる。また、保存あるいは術式の選択による機能予後、進行性疾患の場合には病態の変化や時期に応じた治療法の選択や転帰(機能予後)等についても補足説明することができる。

授業内容

項目授業内容担当者日時
第1回整形外科学総論整形外科学総論を概説する。治療では手術療法、保存療法に分けて解説する。高平 尚伸
9/3②
第2回骨関節の機能解剖とバイオメカニクス骨関節(筋、靭帯、腱を含む)の機能解剖と整形外科に用いられるバイオメカニクスを概説する。酒井 利奈
9/10②
第3回外傷学骨折では分類、癒合過程を概説する。また、脱臼、捻挫等についても述べる。松浦 晃正
9/17②
第4回疾患各論(部位別)
 ①下肢疾患Ⅰ
股関節疾患について概説する。高平 尚伸
9/24②
第5回疾患各論(部位別)
 ②脊椎疾患
頚椎、胸椎、腰椎などにおける脊椎疾患について概説する。齋藤 亘
10/1②
第6回疾患各論(部位別)
 ③下肢疾患Ⅱ
膝関節、足関節などにおける下肢疾患について概説
する。
高平 尚伸
10/8②
第7回疾患各論(部位別)
 ④上肢疾患
肩関節、肘関節、手関節、手指などにおける上肢疾患について概説する。助川 浩士
10/10①
第8回整形外科学領域の画像診断代表的な疾患のX線、MRI、CTなどについて概説する。高平 尚伸
10/15②

到達目標

 メディカルスタッフが対象とする整形外科疾患の病態、治療法について説明できる。チーム医療として整形外科スタッフと討議することができる。

評価基準

 試験、受講態度など総合的に判断する。試験では、60%以上を合格とする。実際の臨床の多忙な現場から第一線の外科医などに講義を依頼しているため、受講態度では、講義の妨害に繫がる行為をした場合、講義担当者から度重なる注意を受けた場合、注意に従わない場合を不合格とする。

準備学習等(予習・復習)

 事前に教科書の「重要事項」に目を通して実習内容の概要を把握しておくこと。次回の授業範囲を予習し、専門用語の意味等を理解しておくこと。国内外の整形外科学、Orthopaedic Surgeryの雑誌論文(日本整形外科学会雑誌、Journal of Orthopaedic Science、Journal of Bone Joint Surgeryなど)に目を通し、最新の知見を得ること。

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書TEXT整形外科学 改訂4版糸満盛憲/佐藤啓二/高橋和久/吉矢晋一編 南山堂
教科書体操療法オールブック高平尚伸メジカルビュー社
参考書標準整形外科学 改訂第13版中村利孝/松野丈夫 監修医学書院
参考書整形外科学用語集 第8版日本整形外科学会 編南江堂