解剖学実習IILaboratory in Anatomy II
科目責任者田口 明子 (※)
担当者田口 明子 (※), 門谷 裕一, 小畑 秀一, 林 徹, 木村 武俊
科目概要2年 (1単位・必修) [リハビリテーション学科 理学療法学専攻]
2年 (1単位・必修) [リハビリテーション学科 作業療法学専攻]

授業の目的

解剖された人体の見学を通して講義による知識を更に深めるとともに解剖学的、さらには医学的な見方及び考え方を習得する。
ご献体に接することにより、医療職になることを認識する。人としての尊厳と生命について考えることが出来るようになる。 

教育内容・教育方法

 人間の体がどのように構成されているか、講義で得た知識と目と手を使って学び、標本では理解しにくい構造を理解させる。

授業内容

項目授業内容担当者日時
第1回人体解剖Ⅰ
見学実習オリエンテーション
人体解剖見学を行うにあたって知っておくべき事を説明する。
・人体解剖とは
・解剖体とご献体
・実習の心構え
・実習の前に準備しておくこと
田口 明子
4/3③
第2回生体観察体表に投影した身体内部の構造 胸腹部内臓の位置と相互の関係をスケッチする。田口 明子
4/3④
第3回人体解剖Ⅱ
  実習講義
頚部浅層
胸腹部の皮神経と血管
大胸筋と外腹斜筋
木村 武俊
担当者全員
4/15①
第4回人体解剖Ⅱ
  見学実習Ⅰ
頚部浅層
胸腹部の皮神経と血管
大胸筋と外腹斜筋
担当者全員
4/15②
第5回人体解剖Ⅲ
  実習講義
腕神経叢
上腕屈側の筋と神経
肩甲骨前面の筋
前腕の屈側
手掌
門谷 裕一
担当者全員
4/22①
第6回人体解剖Ⅲ
  見学実習Ⅱ
腕神経叢
上腕屈側の筋と神経
肩甲骨前面の筋
前腕の屈側
手掌
担当者全員
4/22②
第7回人体解剖Ⅳ
  実習講義
上腕伸側と肩甲骨背面の筋
前腕の筋
上肢の血管と神経
上肢の関節
門谷 裕一
担当者全員
5/13①
第8回人体解剖Ⅳ
  見学実習Ⅲ
上腕伸側と肩甲骨背面の筋
前腕の筋
上肢の血管と神経
上肢の関節
担当者全員
5/13②
第9回人体解剖Ⅴ
  実習講義
胸腰筋膜と固有背筋
胸壁・腹壁の筋
腹部内臓の原位置
田口 明子
担当者全員
5/20①
第10回人体解剖Ⅴ
  見学実習Ⅳ
口頭試問Ⅰ(上肢)
胸腰筋膜と固有背筋
胸壁・腹壁の筋
腹部内臓の原位置
担当者全員
5/20②
第11回人体解剖Ⅵ
  実習講義
胸膜と心膜
肺と心臓の位置
肺の構造
縦隔
腹膜と腹膜腔
腹部内臓の位置と構造

腹部内臓に分布する血管
小畑 秀一
担当者全員
5/27①
第12回人体解剖Ⅵ
  見学実習Ⅴ
胸膜と心膜
肺と心臓の位置
肺の構造
縦隔
腹膜と腹膜腔
腹部内臓の位置と構造
腹部内臓に分布する血管
担当者全員
5/27②
第13回人体解剖Ⅶ
  実習講義
心臓の外景と内景
肝臓、十二指腸・膵臓、脾臓
縦隔の深部
腎臓・副腎と後腹壁
横隔膜
腰神経叢
林 徹
担当者全員
6/3①
第14回人体解剖Ⅶ
  見学実習Ⅵ
心臓の外景と内景
肝臓、十二指腸・膵臓、脾臓
縦隔の深部
腎臓・副腎と後腹壁
横隔膜
腰神経叢
担当者全員
6/3②
第15回人体解剖Ⅷ
  実習講義
下肢
大腿筋膜と大腿前面の筋
大殿筋と殿部深層
頚部の深層
小畑 秀一
担当者全員
6/10①
第16回人体解剖Ⅷ
  見学実習Ⅶ
下肢
大腿筋膜と大腿前面の筋
大殿筋と殿部深層
頚部の深層
担当者全員
6/10②
第17回人体解剖Ⅸ
  実習講義
大腿後面の筋と神経
膝窩と下腿の筋
林 徹
担当者全員
6/17①
第18回人体解剖Ⅸ
  見学実習Ⅷ
大腿後面の筋と神経
膝窩と下腿の筋
担当者全員
6/17②
第19回人体解剖Ⅹ
  実習講義
足背と足底
膝関節と足関節
下肢の神経と血管
木村 武俊
担当者全員
6/24①
第20回人体解剖Ⅹ
  見学実習Ⅸ
足背と足底
膝関節と足関節
下肢の神経と血管
担当者全員
6/24②
第21回人体解剖Ⅺ
  実習講義
骨盤内臓
股関節
田口 明子
担当者全員
7/1①
第22回人体解剖Ⅺ
  見学実習Ⅹ
口頭試問Ⅱ(下肢)
骨盤内臓
股関節
担当者全員
7/1②
第23・24・25回組織学実習Ⅰ顕微鏡の使い方
組織切片の観察Ⅰ 
  骨・軟骨・骨格筋
担当者全員
9/2①②③
第26・27・28回組織学実習Ⅱ組織切片の観察Ⅱ
  脊髄・小脳
担当者全員
9/9①②③
第29・30回実習試験筆記試験担当者全員
9/30①②

医学生の解剖学実習の進捗状況によって実習内容が変わる可能性がある。
やむなく欠席する場合は教員に連絡する(班員を通してでよい)。
見学実習以外の欠席については代替実習の日時を教員に相談する。

到達目標

・人体の基本的な構造を図を用いて説明できる。
・各臓器の位置関係、外形及び内部構造を自分の体を使って説明できる。
・身体の構造と機能を関係づけることが出来る。
・実習班の構成員同士が協調して実習内容を深めることができる。

評価基準

実習中の口頭試問(20%)、実習試験(60%)、実習ノート(20%)によって総合的に評価する。
当日見学した内容について課題を課すので、次の実習前に提出すること。この課題および予習復習の内容が実習ノートの評価となる。

準備学習等(予習・復習)

次回実習の予定部分について予習しておく。
実習講義ではその日に見学べき内容についての詳細な説明を行うので、理由なく実習講義を欠席した学生は2限の見学には参加出来ず、欠席扱いになるので注意すること。

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書2019年度版 解剖学実習Ⅱ北里大学医療衛生学部解剖組織学教室編
参考書日本人体解剖学金子丑之助南山堂
参考書ネッター解剖学アトラス相磯貞和訳南江堂
参考書リハビリテーション解剖アトラス佐藤達夫 他医歯薬出版

備考・その他

7月1日(月)の実習は医学部の進捗状態により7月8日(月) 1,2限 に変更の可能性あり。
解剖学実習Ⅰとは異なり、追再試験は年度末の追再試験期間に行うので注意すること。