解剖学実習ILaboratory in Anatomy I
科目責任者田口 明子 (※)
担当者田口 明子 (※), 門谷 裕一, 小畑 秀一, 林 徹, 木村 武俊
科目概要2年 (1単位・必修) [リハビリテーション学科 理学療法学専攻]
2年 (1単位・必修) [リハビリテーション学科 作業療法学専攻]

授業の目的

体の動きに関係する運動器に重点を置き、運動学で使われる骨と骨格、関節、筋の正確な名称と配置を習得する。
骨と骨格、関節、筋の肉眼的な構造および相互関係について具体的に理解する。

教育内容・教育方法

骨格の模型を使用し、全身の骨の正確な名称と配置を理解させる。
関節の構造を理解させるとともに筋の起始、停止を正確に覚えさせる。
骨と骨格、筋の相互作用の結果としておこる関節運動を理解させる。

授業内容

項目授業内容担当者日時
第1~3回骨学Ⅰ
全身の骨と骨格
体幹の骨と骨格
実習説明
体幹の骨 全身の骨格を机上に正しく配置する(4人一組のグループワーク)。椎骨をスケッチし、正確な名称を確認する。体幹の骨格に関する課題を検討する。
門谷 裕一
担当者全員
5/24③④⑤
第4~6回骨学Ⅱ
上肢の骨と骨格
骨または骨格模型を使用し、上肢の骨と骨格について、骨および部位の名称を確認する。上肢の骨をスケッチし、名称を記入する。上肢の骨格についての課題を検討する。小畑 秀一
担当者全員
5/31③④⑤
第7~9回骨学Ⅲ
下肢の骨と骨格
骨または骨格模型を使用し、下肢の骨と骨格について、骨および部位の名称を確認する。下肢の骨をスケッチし、名称を記入する。下肢の骨格についての課題を検討する。田口 明子
担当者全員
6/7③④⑤
第10~12回骨学Ⅳ
頭部の骨
骨と骨格のまとめ
骨模型を使用し、頭部の骨について、骨および部位の名称を確認する。眼窩、頭蓋底をスケッチし、名称を記入する。頭部の骨についての課題を検討する。
全身の骨と骨格のまとめ
木村 武俊
担当者全員
6/14③④⑤
第13~15回実習試験Ⅰ骨標本および骨格模型を使用した試験担当者全員
6/21③④⑤
第16~18回筋・靱帯・関節学Ⅰ:上肢帯~前腕上肢帯~前腕の筋、靱帯の位置と形態について確認し、図譜を作成する。上記の筋と靱帯の作用および関節の構造から肩関節と肘関節の運動を考える。小畑 秀一
担当者全員
6/28③④⑤
第19~21回筋・靱帯・関節学Ⅱ:手、下肢帯手首、手の筋と靱帯について位置と形態を確認し、図譜を作成する。手内関節を確認する。上記の筋と靱帯の作用および関節の構造から手の運動を考える。
下肢帯の靱帯について位置と形態を確認し、図譜を作成する。
林 徹
担当者全員
7/5③④⑤
第22~24回筋・靱帯・関節学Ⅲ:自由下肢下肢帯~足の筋と靱帯について位置と形態を確認し、図譜を作成する。上記の筋と靱帯の作用および関節の構造から股関節、膝関節、足関節の運動を考える。田口 明子
担当者全員
7/12③④⑤
第25~27回筋・靱帯・関節学Ⅳ:頭頸部、体幹頭頸部、体幹の筋について位置と形態を確認し、図譜を作成する。上記の筋の作用および関節の構造から頭頸部の運動を考える。木村 武俊
担当者全員
7/17③④⑤
第28~30回実習試験Ⅱ筆記試験および解説担当者全員
7/19③④⑤


到達目標

全身の骨の正しい位置関係と名称を理解し、その名称を使用して骨および骨格の説明をすることが出来る。
全身の関節の構造を説明出来る。
全身の関節の動きに関係する筋の起始、停止、走行を説明できる。
筋の支配神経を説明出来る。

評価基準

実習ノート(20%)、模型を使用した試験(40%)、筆記試験(40%)
やむを得ず欠席する場合は必ず欠席理由を連絡する。

準備学習等(予習・復習)

 実習前に実習マニュアルを読み、必要な知識を参考書等で調べておく。
 実習で得た知識を自分の体で説明出来るように復習する。

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書解剖学実習(2019年度リハビリテーション学科用)北里大学医療衛生学部解剖組織学教室編
教科書分担 解剖学1 総説・骨学・靱帯学・筋学小川鼎三 他金原出版
参考書日本人体解剖学(上)金子丑之助南山堂
参考書ネッター解剖学アトラス相磯貞和訳南江堂
参考書リハビリテーション解剖アトラス佐藤達夫、坂本裕和医歯薬出版

備考・その他

スケッチブックもしくはA4サイズの白無地のノートおよび2穴のリングファイル(150sheetが綴じられる厚みのもの)、色鉛筆を用意する。
追再試験は前期期間中(日程未定)に行う。