臨床実習IClinical Practice I
科目責任者福田 倫也 (※)
担当者福田 倫也 (※), 髙橋 香代子 (※), 幅田 智也 (※), 河村 晃依 (※), 川口 敬之 (※), 前場 洋佑 (※)
科目概要1年 (1単位・必修) [リハビリテーション学科 作業療法学専攻]

授業の目的

1.作業療法の役割について知る。
2.作業療法を行ううえでどのような知識・技術・態度が必要かを知る。
3.医療職としての基本的態度について知る。
4.記録について演習する。

教育内容・教育方法

実際の臨床現場の見学を通し作業療法への理解を深める。

授業内容

項目授業内容担当者日時
1回オリエンテーション臨床実習Ⅰの概要、見学施設の概要、学習目標、スケジュール、課題、心構えについて説明する。
実習中の心構え、態度、服装、持ち物、セミナー、手続きについて説明する。
幅田 智也
河村 晃依
川口 敬之
福田 倫也
髙橋 香代子
前場 洋佑
5/10⑤
2・3回大学病院見学北里大学病院・東病院を見学し、チーム医療と作業療法の役割について学ぶ幅田 智也
河村 晃依
川口 敬之
前場 洋佑
5/17⑤
5/24⑤
4回セミナー見学内容、見学して学んだこと、今後に向けた自らの課題についてまとめ、討議する。幅田 智也
河村 晃依
川口 敬之
髙橋 香代子
前場 洋佑
5/31⑤
5回オリエンテーション特別養護老人ホームの見学実習に向け、施設の概要、学習目標、スケジュール、課題、心構えについて説明する。
実習中の心構え、態度、服装、持ち物、セミナー、手続きについて説明する。
幅田 智也
河村 晃依
前場 洋佑
7/12⑤
6・7回見学実習特別養護老人ホームを見学し、作業療法士の役割を学ぶ。幅田 智也
河村 晃依
前場 洋佑
7/18③④
8回セミナー見学内容、見学して学んだこと、今後に向けた自らの課題についてまとめ、討議する。幅田 智也
河村 晃依
前場 洋佑
7/19⑤
9〜12回オリエンテーション臨床実習Ⅰの概要、見学施設の概要、学習目標、スケジュール、課題、心構えについて説明する。
実習中の心構え、態度、服装、持ち物、セミナー、手続きについて説明する。
幅田 智也
川口 敬之
髙橋 香代子
前場 洋佑
9/5③④⑤
9/6⑤
13〜22回見学実習大学病院・東病院身障・東病院小児・東病院精神・東病院デイケアにて、作業療法場面を見学する。幅田 智也
川口 敬之
髙橋 香代子
前場 洋佑
9/12③④
9/19③④
9/26③④
10/3③④
10/10③④
23〜27回セミナー見学内容、見学して学んだこと、今後に向けた自らの課題についてまとめ、討議する。幅田 智也
川口 敬之
髙橋 香代子
前場 洋佑
9/13⑤
9/20⑤
9/27⑤
10/4⑤
10/11⑤
28〜30回総合セミナー臨床実習Iを通して学んだことを踏まえ、作業療法の役割についてまとめて発表する。幅田 智也
川口 敬之
河村 晃依
髙橋 香代子
福田 倫也
前場 洋佑
10/17③④
10/18⑤

到達目標

作業療法について理解を深め、専門職を学ぶ者としての基本的態度、知識を身につける。

評価基準

実習におけるセミナー時のグループワークとプレゼンテーション内容(50%)、事前課題・実習報告書(50%)の総合評価とする。

準備学習等(予習・復習)

臨床実習Ⅰの手引きを熟読し、内容を理解しておくこと。

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書臨床実習Ⅰの手引き医療衛生学部作業療法学専攻教員より配布
参考書作業療法学全集 第1巻 改訂第3版 作業療法概論日本作業療法士協会編監修協同医書出版社
参考書作業療法の世界鎌倉矩子三輪書店