リハビリテーション概論Introduction to Rehabilitation
科目責任者福田 倫也 (※)
担当者福田 倫也 (※), 堀口 利之 (※), 半田 知也 (※), 東條 美奈子 (※), 坂本 美喜 (※), 幅田 智也 (※), 原 由紀 (※), 榊原 七重 (※)
科目概要1年 (1単位・必修) [リハビリテーション学科 理学療法学専攻]
1年 (1単位・必修) [リハビリテーション学科 作業療法学専攻]
1年 (1単位・必修) [リハビリテーション学科 言語聴覚療法学専攻]
1年 (1単位・必修) [リハビリテーション学科 視覚機能療法学専攻]

授業の目的

将来、医療・保健福祉の分野においてチームスタッフの一員として貢献するために必要なリハビリテーションに関する基礎的知識を身につける。

教育内容・教育方法

リハビリテーションの定義、障害、リハビリテーション関連医学、リハビリテーション(PT、OT、ST、OV)の過程について基本的な概念を説明する。

授業内容

項目授業内容担当者日時
第1回総論1リハビリテーションの定義、障害に関して学ぶ。福田 倫也
9/2①
第2回総論2ことばの鎖と音声言語医学について学ぶ。堀口 利之
9/9①
第3回総論3リハビリテーションと予防医学および患者のQOLについて学ぶ。東條 美奈子
9/30①
第4回リハビリテーションの過程特にPTについて評価とプログラム、チームアプローチと専門職、わが国における各種専門職、リハビリテーションの手段について学ぶ。坂本 美喜
10/7①
第5回リハビリテーションの過程特にOTについて評価とプログラム、チームアプローチと専門職、わが国における各種専門職、リハビリテーションの手段について学ぶ。幅田 智也
10/21①
第6回リハビリテーションの過程特にSTについて評価とプログラム、チームアプローチと専門職、わが国における各種専門職、リハビリテーションの手段について学ぶ。原 由紀
10/28①
第7回リハビリテーションの過程特にOVについて(1)評価とプログラム、チームアプローチと専門職、わが国における各種専門職、リハビリテーションの手段について学ぶ。榊原 七重
11/11①
第8回リハビリテーションの過程特にOVについて(2)評価とプログラム、チームアプローチと専門職、わが国における各種専門職、リハビリテーションの手段について学ぶ。半田 知也
11/18①

到達目標

1)リハビリテーションの定義を説明できる。
2)リハビリテーション関連医学に関して説明できる。
3)リハビリテーションの過程を説明できる。

評価基準

定期試験

準備学習等(予習・復習)

授業での配布資料などで復習を行う。

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書特に定めない
参考書リハビリテーション概論 改訂第3版上好昭孝,田島文博編永井書店
参考書入門リハビリテーション概論第7版増補中村隆一,佐直信彦編医歯薬出版株式会社